マウサー


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

俺がまだガキだったある日、すごく上手い絵師と出会ったんだ。

彼は的確な線と多彩な色使いでみるみるうちに絵を仕上げていった。

他にも描いている人はいたが、俺の目は彼の絵に釘づけだった。

俺もそんな絵が描きたい、そう思ったんだ。

でも自分はマウスしか持っていない
ペンタブさえあれば…そんな思いを胸に俺は彼に話しかけた。


すると彼は「いや、マウスだよ。」と答えた。

彼はマウスで絵を描く、いわゆるマウサーだったのである。
俺は衝撃を受けた。と、同時に自分がマウスだから下手だと言い訳してきた事が恥ずかしくなった。

俺は更に尋ねた。
「それだけ実力があるのになぜマウスなのですか?」

彼は答えた。「僕はPCを使っていて、ここにマウスがあるからだけど、他に理由がいるかい?」

これは俺の作り話だけど、俺はそういう漢に会いたい。
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。