今日 - 昨日 - 総合 -

wiki編集用


編集練習用ページ
連絡用ページ


ロワロワ本編

本編SS目次・時系列順
本編SS目次・投下順
キャラ別SS表


各種資料

参加者情報
ネタバレ 参加者情報
死亡者情報
死亡者名鑑
最終登場時刻
支給品情報
参戦時期
把握資料

マップ
現在地

その他

ルール
SSタイトル元ネタ
用語集
その他

書き手紹介


2ch関係

テンプレート
過去ログ集


リンク

現行スレ
避難所
お絵かき掲示板
2chパロロワ辞典@wiki

ロワロワチャット



更新履歴

※ネタバレの危険あり



ここを編集
メニューページで#nomenu2()プラグインはご利用できません。3カラムでなく、2カラムのデザインテンプレートをご利用ください。

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

今日より明日は  ◆9n1Os0Si9I



まずはこのバトルロワイアル内の二人の人物の出会いとその経緯を書かなくてはいけないだろう。
どのようにして二人が出会ったのか。
そして、どのような決意をしたのか。
それは、まだ分からない。

【天野雪輝side】
「ど……どうしてこんな事に……」
彼、天野雪輝はなぜこんなことになったのかは全く見当がつかなかった。
「またデウス……じゃなさそうだけど」
そう思いながら彼はリュックの中を探り出す。
まず見つけたのは「携帯電話!?やった!これがあれば……」
小さな希望を見つけた。
しかし違和感に気づいて希望が絶望に変わるまで時間はかからなかった。
「電話ができない……最悪じゃないかよ」
しかし、そこからまたほんの小さな希望が生まれた。
「あれ……これ、僕の日記だ」
そこに書かれていた文は

【観覧車やジェットコースターのレールがある。ここは遊園地のようだ。】

無差別日記、雪輝が日々書いていた日記だ。
客観的に書かれていて自分に関する情報は少ないが情報量が多いことが良点である。
そして添付していた説明書に目を通すと能力が弱くなっているけれど壊れても死ぬことはないらしい。
「これは壊れても死なないのか……良かったのかな?」
「でも……ということはデウスじゃないのか?」
支給品を確認しているときに名簿に気付いた。
「そうだ、名簿も確認しないと」
そう言い確認し始める。
目を通し始めてすぐ
「え……戦場マルコ?」
信じられない出来事が起こった。
「あいつは……あの時死んだはずなのに」
死人が生き返る、そんなことはあり得ない。
出来るとしたらやっぱり。
「デウスも……何か加担しているのか……?」
他にも来栖圭悟、美神愛
そして、雨流みねね。
自分を助けるために死んでいったはずだ。
それを自分は確認している。
「まずは由乃を探さなきゃ……いろいろと怖いし」
そうして彼はその場の探索を始めた。

【ガッシュ・ベルside】
「ウヌゥ……なぜこんな事になったのだ」
金色の頭髪にくりくりとした丸い瞳。
戦いが終わりやさしい王様となったガッシュ・ベルだ。
その彼の手には自分の魔本があった。
「ウヌゥ……ウヌゥ……」
考える、どうしたらいいか、どうしたらみんなを助けられるか。
「ティオやキャンチョメ、他のみんなだってここにいる……」
「だったらやることは決まっている!やさしい王様としてこのゲームを終わらせてやるのだ!」
そう高らかに宣言する彼の瞳はまっすぐだ。
きれいなほどにまっすぐだった。



◇ ◇ ◇



【Both aspects-両視点-】
「遊園地だけど……特にこれといって何もなさそうだな」
天野雪輝はランタンを揺らしながら歩いていた。
「近くに由乃がいるといいけど……」
「だれかいるのか!?」
「!!」
そこに現れたのは金髪の少年だった。
「え?……なんだよお前……」
「ガッシュ・べルなのだ!ガッシュと呼んでくれ」
「ぼ、僕は天野雪輝だ」
「そうか、ならば雪輝でいいな」
僕は戸惑う、こんな子供もまきこまれているなんて……。
「なぁ雪輝、お主は」
「なんだよ?」
「こんな事をした奴が許せないか?」
「あたりまえじゃないか!こんな事……」
死んだ人間も生き返らせてまた殺し合いをしろって。
趣味が悪いとかいうものじゃない。
「じゃあ、手伝ってくれぬか?」
「え?」
「絶対にこんなことは許せない、だから絶対に潰さなくてはいけないのだ」
「……」
唖然としていた。
こんな子供でもこんな強い意志を持っているのに。
それに比べると自分の意志はこんなにも脆く、弱い。
「僕なんかでもいいのか?」
逃げるなら今しかなかった、逃げたかった。
怖かった、でも賭けてみたくなった。
この金髪の少年、ガッシュ・ベルに。
「ウヌ!助かるのだ!それじゃあ行こうではないか!」
「え?どこに行くの?」

「決まっているだろう!こんな事を考えた奴を倒しに行くのだ!」

これが二人の出会いだ
この後彼等がどうなるのかはまだ分からない

to be continued

【A-7遊園地/一日目/深夜】

【ガッシュ・ベル@金色のガッシュ!!】
[状態]:健康
[装備]:魔法のマント@金色のガッシュ!!
[道具]:基本支給品、ガッシュの魔本@金色のガッシュ!!、不明支給品×0~1
[思考・状況]
基本行動方針:やさしい王様としてこのバトルロワイアルを止める。 
1:雪輝と行動する。
2:ティオやキャンチョメ達仲間との合流。
※参戦時期は本編終了後です。

【天野雪輝@未来日記】
[状態]:健康
[装備]:無差別日記@未来日記
[道具]:基本支給品、不明支給品×1~2(確認済み、武器はない)
[思考・状況]
基本行動方針:殺し合いはしない、でも死にたくない。
1:ガッシュを信頼して行動する。
2:まずは由乃と合流する(いろんな意味で怖いから)
3:その他の知り合いは……?
※参戦時期はDiary46.5終了以降からの参戦です。

【ガッシュの魔本@金色のガッシュ!!】
ガッシュ・ベルの魔本、赤色である。
この本が燃えてもガッシュは消えることはない。
術を使うために必要なものだったが今ロワでは、パートナーなしでも使える高嶺清麿しか読めないが参加者に清麿はいない事から普通の人でも読める可能性はある。
金色の魔本になるのかは不明だがほぼ不可能であると思われる。

【魔法のマント@金色のガッシュ!!】
ガッシュとゼオンが普段着ているマント。
外見は色違いで、機能は同じ。
高価な魔法の布で作られており、魔物が持つ道具では後者に該当する。
魔力を使うことで着た者の意のままに動かしたり伸び縮みさせることが可能で訓練次第で攻撃・防御などにも使える。
胸元に付いているブローチが付いていれば破れても時間と共に修復される。
ブローチは付いているが、回復速度はとても遅い。

【無差別日記@未来日記】
1stと呼ばれる天野雪輝の所有する日記。
これが壊れても天野雪輝は死亡しない。
自分を中心とした周囲の未来を無差別に予知する能力がある。
元々は趣味として雪輝の見た物を日記に書いていた物がデウスの力により変化したもの。
全日記中最多の情報量を持つが普段から雪輝が傍観者でいようとしたため自分自身のことが一切書かれていないという欠陥がある。
また、あくまで雪輝主観の情報に依存するため雪輝が間違った情報を把握した場合は間違った情報のままの未来が表示されてしまう。

月の光、うつつの夢 投下順 女の世界
月の光、うつつの夢 時系列順 女の世界

GAME START ガッシュ・ベル 王様の託児所!
GAME START 天野雪輝








| 新しいページ | 編集 | 差分 | 編集履歴 | ページ名変更 | アップロード | 検索 | ページ一覧 | タグ | RSS | ご利用ガイド | 管理者に問合せ |
@wiki - 無料レンタルウィキサービス | プライバシーポリシー