魔法


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

魔法


この世界の魔法には2種類ある。
クリスタルの影響によりごく最近人々が使えるものと、
神や精霊などの超常存在から力を授かったり、先天的な得意体質で
力に目覚めたりと、クリスタルと無関係で使えるものである。

プレイヤーが操作するキャラクターが使える魔法は、
ごく最近使えるようになったもの。
具体的に言うと2年前、4つの光が観測されてからである。
実のところ難しい手順はいらない。ただ、内なる言葉で『元素』に語りかけ、
その力を引き出し、顕現するようにお願いするだけである。
これら一連の行為を、『アクセス』と呼んでいる。
プレイヤーが装備する魔法書にはこの『アクセス』の初歩的な心得だけが
描かれている。
『アクセス』自体は簡単だが、その力の威力は人それぞれだし、なにより
何度も辛抱強く、元素と語り合った実績(つまり熟練度)が物を言う。

この技術に関しては<トリニティ>がいち早く目をつけ、
対新生物の切り札として、普及を目指している。
その活動もあって驚異的な速度で普及しており、彼らの支部がある都市では
一般市民にまで浸透している。

この程度の差はあるが誰でも使える魔法は、新人類が設置したクリスタルから
散布されたナノマシンが、人間の体内に蓄積し、化学変化を起した結果、使えるようになったもの。



もう1つの魔法は、クリスタルが起動する前から使われていたもの。
なんらかの神や精霊に類するものに力を授けられた場合だったり、
あるいは先天的に元素に『アクセス』する能力を持っていたり。
そういった存在は希少であるが、実際に観測されていた。
(ゲーム中ではリカードやリカードの両親など)
ただ今後、そういった設定のキャラクターがでても、
大人の事情で基本的に魔法書を使うシステムになると思う。

ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。