大男


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

フリーシナリオ【A】【B】【C】で登場
  • 設定
元々は捨て子であったが町民や前町長・町長によって大切に育てられてきた。
乱暴ではあるが義理人情に厚い性格である。
モデルは武蔵坊弁慶=ギルガメッシュである。


設定にオリジナリティーが少なすぎるので設定を変える必要あり?

(一部を除き大男目線)

【A】
夜中の事件現場の裏路地で白いフードをかぶって登場

主人公に襲撃 強制戦闘
戦闘途中に逃亡

【B】
主人公一行の買い物後乱入

行商を蹴り飛ばし、大剣で斬りつける。
その後主人公と戦闘
戦闘途中で逃亡

【C】
主人公が町から少し外れた小屋に行くと、机の上に白いフードがおいてあった。
発見した直後、大男が帰ってきてしまい「貴様、ここで何やっていた?出てけ!」と言い主人公を追い出す

宿屋で一時休憩した主人公一行は夜になると町外れの小屋に向かい、ドアを開けると白いフードをかぶった大男とぶつかる。
主人公は戦闘態勢に入るが、大男は「話がしたい」と言って小屋に案内される。

以下主人公との会話の要点をまとめたもの。
  • 今回の2つの事件は俺が犯人である。
  • この村では20年前に金鉱脈を発見したが、前町長が金による争いが起きると考え、町民同士
の争いを防ぐことを願い金鉱脈を塞いでしまった。このことを今現在知っているのは現町長
と高齢者のごく一部。
  • しかし、1年前に町にやってきて住み始めた奴らが金鉱脈を使って金儲けをしていることが
許すことができない。
  • 俺は捨て子で前町長・町長にお世話になっていた。前町長の思いを晴らすために金儲けを
している奴らを殺すしかないと考えた。だから、2つの犯行を犯した
  • しかし、肝心の金鉱脈の場所がわからない・・・・・←ここで主人公一行が裏路地の穴の事を教える。
「2回ほどお前たちと手合わせをしたが中々のものであった。ここはどうか俺と協力してくれな いか?」と言われる。
「はい」→① 「いいえ」→②

【①ルート】
主人公と一緒に穴に向かい、最深部へと進む。
最深部には町民2人が金を発掘しており片一方は大男と戦闘、もう片方は主人公一行と戦闘となる。

戦闘終了後になんと町長が現れる。
すべての黒幕は町長で、
「一年前にこの町に移り住んできた奴らは自分が呼んできた採掘のエキスパートたちで、
金の利益を独り占めするためにこの町に呼び寄せた」と町長自ら発言。

大男は町長に斬りかかろうとするが「捨て子であるお前がこの私に斬りかかるのか?
この恩知らずめ!」的な発言を町長が言い、
大男は町長を斬りかかることができずその場を逃げ出す。

主人公一行は大男を追いかけると町の出入口で姿を発見。
「人間というものが分からなくなってしまった・・・・」と言い、町から去ってしまう。

【②ルート】
大男はひとりで裏路地の穴に向かってしまう。。

朝になり大男は町から去ってしまったことを主人公一行は知ることになる
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。