マップの作り方


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

マップエディタのダウンロード

下のサイトから Tiled Map Editor をダウンロードします
http://www.mapeditor.org/

マップエディタのインストール

インストーラに従ってインストールを行います

マップエディタの初期設定

「編集」→「設定」をクリック

レイヤーデータの保持方法を「CSV」に変更して Close をクリック

設定はこれだけです
後は自由にマップをツクツクして下さい

Tiled Map Editor画面サンプル






以降の項目はプログラマーさんがやってくれます。

マップチップ置き場

マップチップはゲーム本体の以下の場所に置かれています
RS3FF5/image/mapchip

Tiled Map Editor のセーブデータ置き場

マップデータはゲーム本体の以下の場所に置かれているので、
マップ作成後、以下の場所に保存してください
RS3FF5/map

マップ作成後ゲーム本体に組み込む

作成したマップを全体マップに出現させる方法です

めんどくさい方はマップデータファイル(.tmx)をアップしてもらえれば
プログラマがゲーム本体に組み込みます
datas/マップ情報.txt を開いて以下をコピペして※の部分を書き換えて下さい
mapchip_start
	id	シナの森	# ※1
	name	シナの森	# ※1
	bgm	sound\\BGM\\town2b_578.ogg 578

	tile_info	map\\シナの森\\シナの森.tmx	# ※2

	battle_back_image	image\\battle\\戦闘背景草原2.png

	area_map_pos	200, 200	# ※3
	init_pos	0, 0, 0, down	# ※4
	symbol_no	2
end
※1は任意の文字列を記述します
※2は作成したマップデータを指定します
※3は全体マップの座標なので他のシンボルとかぶらないようにして下さい
  因みに(0, 0)は左上です
※4はキャラの初期位置です。3番目の値をキャラを置きたいレイヤーの番号-1を指定して下さい
  例えばレイヤー2に置きたかったら1を指定して下さい

保存後ゲームを起動しデバッグルームに行って「全体マップに全ての・・・」という人に
話しかけると作成したマップのシンボルが出現します

ゲーム本体に組み込まれたマップを修正する

修正したいマップデータファイル(.tmx)をダブルクリックして
Tiled Map Editor を起動して修正して下さい
修正した後、上書き保存するだけでゲーム本体に変更が反映されます

※ゲームではマップ切り替わり時にマップデータを読み込んでいるので
ゲームを起動中にマップ編集して保存→マップを切り替えて確認
ということも出来ます

マップに当たり判定を付ける

これはプログラマに言ってもらえれば対応します
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。