港町アマルダ


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

交易路の途中にある小~中規模の街。
街の住民の大半が漁業か貿易にたずさわり、生計を立てている。
アマルダという名前は、この街を作り上げた初代市長の亡き奥さんからとられた。

その初代市長は、元々は山に住むきこりだった。
海が好きだった亡き奥さんへのはなむけとして、仲間とともに山を切り開いて今の街を作った。
山の神から愛された男で、一本の槍を授けられたという逸話がある。
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。