Artificial Children


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

不思議のフシギ生命のない 記号とキゴウ重なり合わせて
色と形与えられたのは 青と紅(くれない)歪んだこころ
無限のムゲンわたしは何処 刹那のセツナ目蓋を閉じても
行方不明信じた言葉は 空のうしろに捨てられ消えた
ああ わたしに わたしの 魂

人形(ひとがた)よ 廻る世界を見てる 瞳の奥に
憂いを映す ふたつの歪な 
いま 生まれ いま 眠る
儚いこの世はままごとのように無常ないれもの

運命は定め抗えない 出逢いと別れいつも繰り返し
時の果てに辿り着いたのは 闇に真実沈んだところ
痛みを悼み涙流し 身体とからだ触れてもやがては
震え怯え感じた記憶は 永久の泉へ流れて消えた
ああ ぼやけて 見えない 哀しみ

「私は人形...完璧な人形...私の心は私のもの...
 だから私はミトメナイ...あの人がなんと言おうとも
 絶対に、ミトメナイ...絶対に、 ミトメタク...ナイ...」

操られ この糸 切れたとしても
往かないで 往かないで繋いでて

人形よ 変わる 世界も変わる 理解はされず
ただきっと 夢と現の狭間で
いま 生まれ いま 果てる
溢れるすべての幼い怒りに満ちてるゆりかご

最後は終わり容赦のない 言葉と気持ち乱れたままでも
意味と定義すべて覆し 過去を未来へ繋げる軌跡
想いと熱意唯それだけ 進化と破壊いつまでも続く
讃え祀れ僅かな日々でも 愛した笑顔明日はもういない
ああ 深くて 癒えない 哀しみ
ああ 隠れて 見えない 喜び
ああ わたしに わたしの 魂
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。