ヒトリシズカ

 
部屋の片隅(かたすみ)で容易(ようい)な刃(やいば)に触(ふ)れて
滴(したた)る血を眺(なが)めていた
ヒトリシズカ 緋色(ひいろ)の記憶にすがり
泣いていた
 
 
孤独(こどく)を嫌うこととは違う
歪(いびつ)な隙間(すきま)怖いだけ
慣れぬ暗闇 肌に雫(しずく)ひとつ
血か涙かさえ わからない
 
グシャグシャの汚れゆく私に
鮮(あざ)やかな思い出が胸を刺していく
 
部屋は冷たくて少し広くなり
やがて この空間にも馴染(なじ)んで
ヒトリシズカ
緋色の記憶も不意に
美しい思い出になる
濡れた床(ゆか)も朱(あか)く乾いてく日々に
時の流れは非常だ・・・と
泣き顔さえ醜(みにく)さを忘れ
いつか感謝へと
 
 
眩(まぶ)しい朝に愛(いと)しい記憶
この静寂(せいじゃく)に舞い降りた
部屋を抜(ぬ)ければ新しい風たち
慰(なぐさ)めてくれたイタズラに
 
強さとは少しだけ寂(さび)しい感情だね
噛み締め今日を歩いてく
 
咲き誇(ほこ)る花が土に還(かえ)るように
人は喜怒哀楽(きどあいらく)を繰り返し
哀(かな)しみさえ通過点にして明日(あす)も
無意識に求める笑顔
ヒトリシズカ
くすぐる未来に君は
おそらく出てこないでしょう
それでもまた見せつけるように今日を生きていこう
 
 
 
濡れた床(ゆか)も朱(あか)く乾いてく日々に
時の流れは非常だ・・・と
泣き顔さえ醜(みにく)さを忘れ
いつか感謝へと
 
咲き誇(ほこ)る花が土に還(かえ)るように
人は喜怒哀楽(きどあいらく)を繰り返し
哀(かな)しみさえ通過点にして明日(あす)も
無意識に求める笑顔
ヒトリシズカ
くすぐる未来に君は
おそらく出てこないでしょう
それでもまた見せつけるように今日を生きていこう
 涙さえも誇りに思える風がそよいでる・・・
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。