紅茶色の空から

らむだーじゃん


遥か遠く見上げて 歌う枯れた声で
混じる色華やかに 響け空を染めて

淡い想いはまるで 苦い紅茶だった
せめて喉潤して 響け空を染めるまで

そよぐ風に忘れ今は何を運ぶ
こぼれた笑顔に力なく 空に昇る願い溶ける

注ぐ想い忘れ今は何を願う
覗く太陽に目を細め 空に昇る君を追えず
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。