sakawork @ ウィキ

メニュー

▼プログラミング言語関連
▼プロトコル関連
▼Web関連



ページ編集支援





リンク





UNIX > ファイル閲覧


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。


ファイル閲覧

head/tail/more/less/cat/wc/odなどについて

head

ファイルを上から10行表示

実行オプション

オプション 動作
-n ファイルを上からn行表示

tail

ファイルを下から10行指定表示

実行オプション

オプション 動作
-n ファイルを下からn行表示
-f 終了せずに待機し、ファイルの更新時に画面表示
ログファイルの監視によく使用する

実行例

$ tail -f xxxx.log | sed 's/^/xxxx.log:/' & tail -f yyyy.log |sed 's/^/yyyy.log/'
xxxx.log: YYYY/MM/DD:lvl:"XXXX" ←xxxx.logの内容
yyyy.log: YYYY/MM/DD:lvl:"YYYY" ←yyyy.logの内容
xxxx.log: YYYY/MM/DD:lvl:"XXXX" ←xxxx.logの追記された内容

more

ファイルを画面に表示するコマンド
1画面分づつ表示できるが、前画面には戻れない

実行オプション

オプション 動作
-n 一度にn行づつ表示する
+/xxxx xxxxが最初に現れる場所から表示

コマンド

コマンド 動作
SPACE 次のページを表示
Enter 1行進む
q, Q 終了
/xxxx xxxxを検索

less

moreと似たビューワ、前画面に戻ることができる
viと操作方法が似ている

cat

ファイルの内容を表示

実行オプション

オプション 動作
-n 行番号表示
-v 制御文字の表示
-t タブの表示(^I)

wc

ワードカウンタ

実行オプション

オプション 動作
-c サイズ表示
-l 行数表示
-w 単語数表示

実行例

 xxxxを含むファイル数を表示
 (ls -1でファイルを1行に表示→xxxxを含むものを抽出→その行数を数える)
$ ls -1 | grep xxxx | wc -l

od

8進数表示(ダンプ)バイナリファイルのダンプに使用する

実行オプション

オプション 動作
-b 内容をビット表示
-c 内容を文字で表示
-d 内容を10進数で表示
-f 内容を浮動小数点数で表示
-o 内容を8進数で表示(デフォルト)
-x 内容を16進数で表示
-j [n] nバイト目からダンプ開始
b(512),k(1024),m(k^2)などをつけることができる
  例: -j 1k = -j 1024
-t 出力形式の指定、複数指定可
-t オプション 動作
a 文字表示(制御文字はCR,LFなどと表示、スペースはSP)
c 文字表示(制御文字は\r \nなどと表示、スペースは' '空白)
d 符号あり8進数表示
f 浮動小数点
o 8進数表示
u 符号なし10進数
x 16進数表示

実行例

 ファイルの内容を16進と文字で表示(制御文字は\r,\nなどの形式)
$ od -tx1c FILE




更新履歴

取得中です。


タグクラウド


アクセス

本日のアクセス
-
昨日のアクセス
-