sakawork @ ウィキ

メニュー

▼プログラミング言語関連
▼プロトコル関連
▼Web関連



ページ編集支援





リンク





UNIX > sh > 変数


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

Top > UNIX > sh > 変数

sh 変数

■変数の宣言

ABC=1
ABC=2.0
ABC=aaa.txt
のように型宣言せずにいきなり代入できる

■参照と代入

使うときには $ をつける
grep $ABC xxx.txt
  • 変数をくっつける場合には ${ABC} のように記述する
FILE_NAME=test_${ABC}.txt
→変数FILENAMEに "test_(変数ABCの中身).txt"が代入される

■変数関連コマンド

コマンド 内容
readonly 読み取り専用の変数宣言
例:
readonly ABC=123
unset 変数を削除する
export シェル変数を環境変数に設定
例:
ABC=123
export ABC
env 環境変数の表示

■環境変数

  • envコマンドで表示される環境変数を使うことが出来る
主な環境変数 内容
$HOME ホームディレクトリ
$PWD カレントディレクトリ
$PATH パス
$IFS 区切り文字 デフォルトは" " (SPACE)

■特殊な変数

変数 内容
$# 引数の数
$0 実行したシェルそのもののファイル名
$1~$9 引数 10番目以上の引数を使用する場合は
${10}のように書く
あるいはshiftコマンドで引数の順番を前にずらす
$* すべての引数
※"$*"はひとつの変数扱いになる
$@ すべての引数
※"$@"はそれぞれがそれぞれバラバラに扱われる
$$ シェル自身のプロセスID
$? 直前に実行したコマンドの戻り値
正常なら0
$LINENO シェル内での現在実行中の行番号



更新履歴

取得中です。


タグクラウド


アクセス

本日のアクセス
-
昨日のアクセス
-