「仏像奪還運動」の編集履歴(バックアップ)一覧はこちら

仏像奪還運動」の最新版変更点

追加された行は青色になります。

削除された行は赤色になります。

 &new3(time=260,show=新着!,color=red)
  対馬市観音寺の仏像が盗まれ、韓国が返還しない動きを見せていることは皆さんご存知だと思います。&bold(){腹が立つのでいちいち書きたくない!!}
+
+*絶句 ・・ 韓国裁判所の決定
+絶句・・・もういちいち怒るのも疲れます
+----
+
+http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170126-00000037-jij-kr
+対馬で盗難の仏像、韓国の寺に所有権=裁判所が引き渡し命令
+時事通信 1/26(木) 10:39配信
+
+ 【大田(韓国中部)時事】長崎県対馬市の観音寺から2012年に盗まれ、韓国に運び込まれた県指定文化財の仏像「観世音菩薩坐像」について、「かつて所蔵していたが略奪された」と主張する韓国の寺が韓国政府を相手取り、仏像を引き渡すよう求めた訴訟で、大田地方裁判所は26日、韓国の寺の所有権を認め、仏像を引き渡すよう命じる判決を下した。
+
+ 日本政府は日本への返還を求めてきたが、一層遠のく見通しだ。
+
+ 提訴していたのは、中部・瑞山にある浮石寺。14世紀に朝鮮半島などに出没していた海賊、倭寇によって略奪された可能性が高いと主張。窃盗団から没収され、大田の国立文化財研究所に保管されている仏像の引き渡しを求めていた。
+
+ 大田地裁は判決で「仏像は贈与や売買など正常な方法ではなく、盗難や略奪で(対馬市の観音寺に)運ばれたとみるのが妥当だ」とし、「仏像は浮石寺の所有と十分に推定できる」と判断。「(政府は)浮石寺に引き渡す義務がある」と指摘した。
+
+ 大田地裁は13年、観音寺が仏像を正当に取得したことが証明されるまで、日本側への返還を差し止める仮処分を出していたが、効力は切れていた。
+
+
 
 *◆対馬市長自らが発起人となり「市民の会」を結成、署名活動を開始しました。
 
  いよいよ、対馬市が運動を起こしてくれます。今後も対馬市を援護しましょう。
 [[2013.4.26長崎新聞>http://www.nagasaki-np.co.jp/news/kennaitopix/2013/04/26090752010205.shtml]] の記事より。
 
 &bold(){仏像返還求め署名活動}
 
  対馬市の寺社から盗まれ韓国で回収された仏像2体の返還の見通しが立たない問題で、財部能成市長が発起人代表となり盗難被害に遭った地区などと「盗難にあった文化財の早期返還を求める市民の会」を結成し、市内全世帯を対象に署名活動を始めることが25日、分かった。
  市教委文化財課によると、「市民の会」発足には、昨年10月に仏像や教典を盗まれた豊玉町小綱、峰町木坂、厳原町豆酘の3地区のほか、市議会、市商工会などが賛同。仏像2体のほか、行方が分からない教典も含め、韓国側に早期返還を求める署名活動を展開する。市が各区長に署名用紙の配布と回収への協力を呼びかけており、5月31日まで署名を集め、外務省などへの提出を検討している。
  仏像返還をめぐっては、小綱地区の観音寺から盗まれた「観世音菩薩坐像」をもともと所有していたと主張する韓国・浮石寺(プソクサ)などが「日本に略奪された」として反対運動を起こした。同寺の提訴を受け、韓国の地裁は観音寺が正当に取得したことが訴訟で確定するまで返還を差し止める仮処分を決定している。
 
 
 *◆対馬市の西山寺の前住職さんが発起人となって「観音様を守る会」が立ち上げられました。
 
  &color(blue){&bold(){皆様も、署名を兼ねたはがきを以下の住所に送って下さると助かります。}}韓国の横暴を許さず、無事に観音様が元のお寺に帰ってきますことを心より願っています。
 
  &color(blue){&bold(){〒817-0022 長崎県対馬市厳原町国分1453 西山寺 対馬観音寺の観音様を守る会}}
 
  ちなみに↓は、私が西山寺前住職様より頂いたお返事です。
 #image(観音寺ハガキ.jpg,width=282,height=380,left)
 
  &color(blue){&bold(){お願い:実際に観音様を守る会にはがきを送られた方は、[[自由掲示板>自由掲示板]]へ報告していただけると助かります!!}}
 &link_ref() ←このページへのアクセス履歴を公開します。通算アクセス数とリンク元です。
 合計:&counter()
 今日:&counter(today)
 昨日:&counter(yesterday)
 
  &color(blue){&bold(){このページにご賛同くださった方は、↓twitter、Facebook等で拡散いただけるとありがたいです!}}
  
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。