ニュース


対馬関係のニュースを張り付けていこうと思います。更新頻度は適当なのはご容赦ください。

対馬のミツバチは復活!蜂蜜は平成24年以来の豊作

対馬新聞 2016年10月14日号


 ここ数年、対馬の養蜂に壊滅的被害をもたらしていたツマアカスズメバチの駆除が進み、二ホンミツバチの数が復活、蜂蜜の量が回復してきたようです。
 しかし、ミツバチに感染する病気が広がり、決して楽観はできません。このまま回復が進むか、注目したいところです。

イメージ 1

以下、対馬新聞2016年10月14日より転載。
実りの秋!家族連れで採蜜体験  今年は平成24年以来の豊作
蜂洞蜜採り体験
 10月8日、対馬地区認定農業者連絡協議会(花屋辰徳会長)主催、『蜂洞の蜜採り体験』が豊玉町田地区で行われた。
 (中略)
 対馬のミツバチ
 二ホンミツバチには、病気がないという神話が崩れ、本土とも南九州から北上している児だし病(サックブルード病)=幼虫が病気で死に、巣から出すため、その部分が徐々に劣化して絶える)=が、対馬も平成26年から下地区で見られ、豊玉は27年、今年は上地区で見られている。
 サックブルード病は、養蜂家にとって目に見えぬ脅威。いろいろ研究されているが、今のところ手立てがない。時のすぎるのを待つだけ。
 これに追い打ちをかけたのが、外来種のツマアカスズメバチ。
 異常な繁殖力を持ち、昨年春先に女王蜂1600匹を獲ったが、今年は、トラップ大作戦で1万2000匹。ミツバチは激減した。
 しかし、ツマアカの場合は、自分たちの努力次第で何とかなると思っている。
 児だし病により、厳原、美津島町のほうから壊滅状態になったが、絶滅ではない。他所から入ったものが繁殖して、最南端の豆酘では来年あたりに完全復帰の模様。
(以下略)





~対馬とんちゃん部隊が準優勝(シルバーグランプリ)~ 地方を救う「B-1グランプリ」(前編)


 10月3日(土)と4日(日)、「第10回ご当地グルメでまちおこしの祭典!B-1グランプリin十和田」が開催された。
 全国から62のまちおこし団体が出展し、2日間で33万4000人の来場者が自慢のご当地グルメを味わうとともに、各団体の古里にかける熱い思いを感じた。そんなB-1グランプリの10年の取り組みと今後について、主催団体・愛Bリーグの俵慎一事務局長に執筆してもらった。(中略)

  シルバーグランプリは長崎県対馬市「対馬とんちゃん部隊」。上対馬を中心としたメンバーで離島から唯一の出展。第7回北九州大会のシルバーグランプリ、昨年の第9回郡山大会の7位入賞に続き3度目の入賞。離島からでも全国へのまちおこし活動による情報発信ができるという可能性を大きく開いた。(後略)



自衛隊施設周辺の不動産調べる法案提出へ



自民党の特命委員会は、外国資本が自衛隊施設周辺の土地や建物を取得することに対し、党内から安全保障上の懸念を指摘する声が出ていることから、政府が施設周辺の不動産の所有者や利用状況などを詳しく把握できるようにするための法案の骨子をまとめました。

外国人や外国資本が自衛隊施設周辺の土地や建物を取得することに対し、自民党内からは安全保障上の懸念があると指摘する声が出ています。

こうしたなか、自民党の特命委員会は7日会合を開き、政府が施設周辺の不動産の所有者や利用状況などを詳しく把握できるようにするための法案の骨子をまとめました。

それによりますと、政府は自衛隊やアメリカ軍の施設周辺の土地や建物の調査に関する基本方針を定め、防衛大臣がおおむね3年ごとに土地や建物の権利や利用実態を調査し「防衛施設周辺区域台帳」を作成するとしています。

また、調査にあたって防衛大臣はやむをえない場合は立入調査ができるとしているほか、調査の拒否や虚偽の回答などに対する罰則を設けるとしています。
自民党は、骨子を基に議論を進め、ほかの党にも呼びかけ、今の国会に議員立法で提出を目指すことにしています。

防衛施設周辺地、外国資本の買収把握 自民特命委が法案骨子


2014/3/7 10:14 日本経済新聞

 自民党の安全保障と土地法制に関する特命委員会は7日、自衛隊と米軍施設周辺の土地調査についての法案骨子をまとめた。外国資本による土地買収を確実に把握できるようにする。登記簿の電子データの提供などで防衛相が各機関に協力を求められると規定。必要な場合の立ち入り調査なども盛り込んだ。今通常国会に議員立法で提出する方針。


対馬の「せん」、イタリアの「食の箱舟」に認定


寒気にさらされる「せんだんご」(2月、対馬市で)
 対馬産サツマイモで作る食材「せん」が、イタリアに本部があるスローフード協会から、守るべき伝統的食材「味の箱舟」に認定された。長崎県内の認定は6件目。

 同協会は1989年に設立されたNPO。消えてしまうかもしれない希少な食材を守ろうという取り組みを行っている。

 せんは、対馬の農家で12月~翌年2月、サツマイモを小さく砕いて自然発酵させ、水にさらすなど複雑な技法を何度も繰り返してデンプンを取り出す。それを小さく丸めて団子状の「せんだんご」として乾燥させる。せんだんごを使ってできる黒いめんの「ろくべえ」は、地鶏の出し汁などで食べるとおいしく、ほかに「せんちまき」や「せんもち」などの郷土料理がある。

 県対馬振興局が、同協会に認定を申請していた。同振興局農業振興普及課は「対馬の先人たちの知恵、技術で受け継がれてきた食材が世界に誇れるという認識が高まればいい。今後も生産量の確保を図り、若い人たちに伝承していきたい」と話している。




絶滅危惧の猫 15年間飼育 2013年10月24日 19時57分 NHK


 国の天然記念物で絶滅が危ぶまれているツシマヤマネコを、長崎県対馬市の男性がおよそ15年にわたって自宅で飼育していたことが分かり、環境省は、男性に厳重注意する一方で、これほど長期間飼育された例は非常に珍しいとして、男性からこれまでの飼育状況について話を聞くことにしています。
 環境省によりますと今月18日、長崎県対馬市に住む男性から対馬野生生物保護センターに「飼育しているツシマヤマネコの具合が悪くなったので治療してほしい」という連絡がありました。
センターの職員が男性の自宅を訪ねると衰弱しているツシマヤマネコがいて、センターに搬送して治療しましたが、およそ9時間後に死にました。
 死んだのは15歳から16歳とみられるメスのツシマヤマネコで、死因は老衰の可能性が高いということです。
 環境省の聞き取りに対して男性は「15年ほど前に対馬市の路上でけがをした子どものツシマヤマネコを見つけ、動物病院で治療したあと自宅で飼育していた」と話しているということです。
 環境省によりますと、男性の行為は希少な野生動物の捕獲を禁止した法律に抵触しますが、このケースは悪質性が低いとして厳重注意にとどめたということです。
 一方で、15年以上という長期間にわたり、ツシマヤマネコが飼育された例はこれまでに2例しかないことから、環境省は、むしろ飼育の参考になるとして、今後、男性からこれまでの飼育状況について話を聞くことにしています。


防衛施設周辺の土地取得、外国人規制検討…首相

読売新聞2013.10.22
 安倍首相は22日の衆院予算委員会で、防衛施設周辺における外国人や外国資本の土地取得について、安全保障上の観点から一定の規制を検討する考えを明らかにした。
 首相は「防衛施設周辺での外国人や外国資本による土地取得は、日本の安全保障にかかわる重要な問題だ。制限の必要性や個人の財産権の保護なども総合的に考慮した上で検討したい」と語った。日本維新の会の中田宏氏の質問に答えた。
 これに関連し、小野寺防衛相は同委員会で、離島や司令部機能を有する国内の74施設周辺の土地についての調査結果を公表した。それによると、外国在住の所有者は9人。このうち外国人とみられるのは2人で、2人とも防衛省近くのマンション所有者だったという。小野寺氏は「定期的に登記簿を取り、警戒監視することが大切だ」と語った。
(2013年10月22日21時12分 読売新聞)


対馬市へのふるさと納税に87件・445万円応募  ヤマネコ山林売却問題で

 対馬新聞2013.09.13号より


合計: -
今日: -
昨日: -

このページにご賛同くださった方は、↓twitter、Facebook等で拡散いただけるとありがたいです!
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。