麻雀メモ・その6


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

<得点アップを目指そう!>

 ・ドラ=ボーナスみたいな存在。
  あがる時に持ってると役が増えて得点がアップ。
(並んでる牌の中の、一枚だけ見えてる牌の次の牌がドラになる。)
  例)数字の1が表になってる→数字の2がドラになる
    数字の2が表になってる→数字の3がドラになる

 ※風牌は東→西→南→北の順で、
 三元牌は白→溌→中→白の順。


 ・ドラのポンやカンを持ってると、終了時の役が
     ↓   ↓
     3つ  4つ upする。 
 ※ただし、ドラの役数は終了してから数えるので、アガリの条件には含まれない。


 ・赤牌(赤い字。偉そう)はその時のドラと関係なく、終了時にドラとして認められる。

 ・カンするとドラが増える(最大3枚まで。4回やると流局になる)

 ・リーチしてからあがると、場に出てた分のドラが増える。
(ドラが2枚あったら、2枚ドラが増える=裏ドラ)。


 結論:ドラはすごい。
|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|