・if文


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

条件式を評価した結果に応じて処理を分けたい場合に使われるのがif文です。書式は次のようになっています。
if (条件式){
  実行する文1;
  実行する文2;
  ...
}
if文では条件式を評価しtrueだった場合には「{」から「}」のブロック内に記述された文を実行します。条件式は関係演算子及び論理演算子などを使って記述します。(関係演算子及び論理演算子を参照して下さい)。
条件式がfalseだった場合にはブロック内の処理は何も行わずif文の次の文へ処理が移ります。
なお条件式がtrueだった時に実行する文が1つだった場合には「{」と「}」を省略して次のように記述することもできます。
if (条件式)
  実行する文;
実際には次のように記述します。
int num = 90;

if (num > 80){
  System.out.println("合格です");
}
上位の例では変数「num」の80より大きかった場合にはブロック内の処理を実行して「合格です」と画面に表示します。




わからないところがあったら以下に書き込んでください。
  • test -- (test) 2010-12-10 22:01:03
  • テスト
    -- (test) 2010-12-10 23:00:34
  • hosei -- (HOSEI) 2011-01-31 14:10:34
  • test -- (名無しさん) 2011-01-31 14:10:53
名前:
コメント:

すべてのコメントを見る