加工硬化


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

概要

塑性変形が起こるとき、材料内部では当然転位の移動が起こっている。
しかし、転位の項(充実させときます)に見るように、あるすべり面上で端が固定された転位は、変形するにしたがって大量の転位ループを形成する。
そのために塑性変形するにつれ、転位密度は増大し、十分に焼きなましされた金属を加工すると、加工前と比べて3桁から4桁も増加する。
転位はそれ自身が応力場を持っているから、転位が増えるにつれて互いに相互作用し始める。
当然転位の動きは阻害されることになり、変形しにくくなる。
大略これが加工硬化の説明と言える。
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。