※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。


テキスト改変の基本




使うファイル(一例)

SoC
gamedata\config\text\eng\
フォルダの中の適当なファイル
※どのファイルがどれに当たるか、みたいな話はまた別の項目で。
大部分が上記フォルダにありますが、それ以外のフォルダ、ファイルのものを扱う場合もあります。

CS/CoP
保留。だいたい同じだと思う。

テキストってどのテキスト?

と、聞かれることはないと思うけど…言うなれば"全部"。
人の名前からマップの名前、表示される文字という文字…テクスチャに直書きされてるものはまた別として、テキストベースのものは全部書き換えることが可能なわけです。

例えば、まーくんの名前を変更して…
※不適切な表現があったため自主規制しました

冗談は置いといて、要するに"書かれている場所"さえ分かればどうにでも変更できる、ということ。
一番身近で分かりやすい例として、日本語化MODなんかがあります。
要するに、テキスト改変で、表示される"英語"を"日本語"に変えてやってるわけです。
※日本語化に関しては、もうちょっと深いところで色々やるけれど、そこは今回取り上げないということで。

では、別の例で…
まーくんが唯一初期から持っているアイテム、Leather jacket関係をいじくってみましょう。
用意するのは、string_table_outfit.xml。
ここのnovice_outfit…と見せかけてoutfit_soldier_name。
アイテム自体のIDがnovice_outfitなのに、outfit.ltxでの指定はoutfit_soldier_nameになってます。
では早速、該当部分の抜粋。ちなみに日本語MODから。

  <string id="outfit_soldier_description">
     <text>普通の厚い上着で、大量生産品の一つ。弾丸と手榴弾片への耐性をわずかに増加させる。それ以外、アノーマリーや他の何に対しても効果はない。</text>
  </string>
  <string id="outfit_soldier_name">
     <text>Leather jacket</text>
  </string>


この2つが該当部分。outfit_soldier_nameがアイテム名、outfit_soldier_descriptionが表示される説明文。
見れば分かると思いますが、ここで変更するのは<text>~</text>の中身。
実際にいじくった結果、
  <string id="outfit_soldier_description">
     <text>ホンモノのLonerのためのホンモノのスーツ。薄く、軽く、耐性最悪である。その値段の安さと普及率から、ゾーンではものすごく一般的である。…そもそも毎日撃ち合いをする訳ではないのだ。</text>
  </string>
  <string id="outfit_soldier_name">
     <text>かわのふく</text>
  </string>
こんなことになりました。説明文はBig Benのパクリ。

あとは、これをちゃんとフォルダ階層まで作ったgamedataフォルダを用意して、string_table_outfit.xmlを突っ込んでやるだけ…ではあるけど、
日本語化MODを入れている前提なので、該当ファイルを弄ってやるだけでOK。

出来上がったものが

こちらになります。クリックで拡大。
Thumbnail

おそらく適当なセーブデータロードすれば適用されているはずだけど、駄目だった場合はニューゲーム必須かもしれない。