4話


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

俺は・・・そうだ、俺は・・・夢を・・夢を見たんだ、とても激しく、荒々しく、そして雄雄しい夢を。
夢の俺は、強大な敵と戦っていた。誇れるであろう仲間達と。そして愛していたであろう人と共に。
でも、その顔を思い出せない。思い出そうとするとノイズが走る。まるで何かが邪魔をしているように。
そしてまた、途中で途切れる。「あの時」と同じように。・・・あの時?あの時とはいつの事だろうか。
『わたしのこえを・・・だれか・・・きいて』
頭の中で声が響く。またあの声だ。何度目だろうか。
『わたしはただ・・・を・・・のに』
重要な部分が掠れて聞こえない。お前は誰だ!どこにいる!答えろ!お前は一体、何者なんだ!
『わたしは・・・』
お前の名は何だ!答えろ!

「・・・い・・きろ・・い」
その時、俺は現実に引き戻された。
「さっさと起きないか大尉!もう到着したぞ!」
「ぅわぁ!?」
バッ・・・ガァン!
「あぐぁ!?」
俺は坂本少佐に叩き起こされ、その反動で天井に思い切り頭をぶつけた。
「大尉!?大丈夫?」
ミーナ隊長がすぐさま様子を見てくれた。この人は聖女様ですか?
「ぐあぁ・・・な、何とか大丈夫です、ハイ・・・。少佐も、すいませんでした」
俺は少佐に向き直り頭を下げた。こういうときは素直に己の非を認め謝罪するべきだと直感したからだ。
「全く・・・どうしてそこまでリラックスして熟睡できたのか知りたいくらいだ」
「うぇ、そんなにでしたか?」
「ああ、そうだ」
軽くへこむ。
「さぁ、行くぞ。このままだと時間に遅れるからな」
「そうね。では大尉、ついて来てください」
「了解!」
俺は姿勢を正し、二人の後をついて行った。

俺はあの後、検査だの何だので色々手間を食って何時間も拘束された。
それから輸送機に乗り込み、俺は坂本少佐とミーナ隊長と共にアドリア海に位置する『501部隊基地』へと向かった。
のだが、どうやら俺は爆睡していたようで、しばらく起こしたが起きなかったらしい。ちゃんと起きようよ俺・・・
しかもこの基地、元はアマガツ博士の「所有地」らしく、基地というより城に近い外観をしている。
しかし、あの人は一体何者なんだろうか。より一層謎が深まってしまったな、と思っていたらある部屋の前で二人は止まった。
「さて眞田大尉、心の準備は済んだか?」
「・・・え、は?」
「ここに他のメンバーがいるの。ここでちょっと待っててくれるかしら?」
「え、あ、はい・・分かりました」
いきなりの展開の速さに俺は驚いた。用意周到にも程が・・・と思ったが、あの博士のことだ、手回しが早かったのだろう。
そして二人が部屋に入り、俺は待機となった。少しばかり緊張していた。
『では大尉、入って来てください』
「!」
ミーナ隊長に呼ばれた。もうか、早いな・・・。俺は目を閉じながら進み、そして目を開いた。そこに映ったのは・・・
「・・・・・・」
『・・・・・・』
目の前に映ったのは、俺より年下の少女ばかりだった。
「え・・・・・え、え・・・ええええええええええええええぇぇぇ!?」
「眞田悠斗大尉。見てのとおり、男だ。彼はエルザム少佐の部隊からコウヅキ博士が直々に引き抜いたらしい」
「分からない事も多いらしいから、皆さん手伝ってあげてね」
あっけにとられている俺を差し置いて、話がどんどん進んでいく・・・
「・・・大尉、そろそろ自己紹介をしてもらいたいのだが」
やや呆れているような口調で坂本少佐は俺に促す。
「は、はい!えっと、眞田悠斗、階級は大尉です!えと、その、と、とにかくよろしくおねが」
ズガァン!という破壊音とともに、俺は思い切り机に頭をぶつけてしまった。
「あぐぅ!?」
頭を抑え蹲る俺に対して少佐は、
「・・・まぁこんな奴でも腕は一級品だ、みんな仲良くするように」
それは酷いよ少佐・・・
「では・・・宮藤!リーネ!」
「「は、はい!」」
坂本少佐に呼ばれた二人がこちらに近づいてくる。
「後で大尉を案内してくれ。頼めるな?」
「分かりました!」
「任せてください!」
この子達は新人なのだろうか、どこか初々しい感じがする。
「リネット・ビショップ軍曹です。よろしくお願いします、大尉」
「あぁ、よろしく!」
優しい雰囲気を持った子だな。こういう子がお嫁さんにしたいランキングの一位に輝いたりすんのかな。・・・何考えてんだよ、俺よ。
「み、宮藤芳佳です!階級は軍曹ですっ!」
「宮藤・・・。なら君が坂本少佐がスカウトした新人さんだね?」
「え、えぇ!?」
この子については既に少佐から聞いていた。元々は民間人で、父親がDC所属であったことなど、子細詳しく聞いていた。
「階級は上だけど、この隊じゃ後輩だから、よろしくたの・・・」
その時、背後に鋭い気配を感じた。俺は何を思ったのか、瞬間的にバック宙してしまった。
「ぎにゃーーーーーーー!!」
着地した時には、小柄な少女が二人に倒れ掛かっていた。
「?」
俺は首をかしげ、何が起こったのかを確認しようとしていが、いまいちよく分からなかった。
「おいおい、大丈夫かお前たち!?」
近くにいた少女が心配そうに駆け寄る。
「すまないな、大尉。私はシャーロット・E・イェーガー、中尉だ。こいつはフランチェスカ・ルッキーニ、少尉だ」
「うじゅー・・・」
「いや、別に構わないよ・・・しかし、何でまた・・・?」
俺は腕を組み、またも首を傾げた。
「だってさ、ホントに男の人じゃないのかなって・・・」
俯きながら彼女、ルッキーニは答えた。
「あぁ~、なるほど・・・。残念ながら、男だ。悪かったな、大丈夫か?」
苦笑交じりだが、俺は笑い飛ばしルッキーニ少尉に手を差し伸べた。
「あんたいい奴だなー!あんたとはなんか仲良くなれそうだな!私のことはシャーリーって呼んでくれよ!」
ばしばしと肩を叩かれた。地味に痛い・・・。そして、隅にいた三人と目が合った。
「私はエイラ・イルマタル・ユーティライネン」
「サーニャ・V・リトヴャクです」
「ああ、よろしく!」
「私はエーリカ・ハルトマン、中尉だよ!」
「こちらこそ、よろしくな!」
「・・・身なりからして、相当な実力者なのかしら?」
「・・・君は?」
「ペリーヌ・クロステルマン、中尉ですわ。よろしくお願いいたしますわ、大尉」
お嬢様育ちなのか?言葉ひとつになんか感じるものが・・・ひょっとして。
「ああ・・・もしかして、貴族だったりするのか?」
「あら、よくお分かりになりましたわね?」
「なんていうかこう・・・気品あふれる、みたいな?そんな感じが」
「あ、あら・・・褒めても何も出ませんわよ?」
俺は直感した。この人いわゆるアレだ、ツンデレキャラってやつだ。
和気藹々とする中、ただ一人、俺を観察していた。
「どったの、トゥルーデ?」
「・・・・・お前は一体何者だ?」
空気が静まり返った。無理もないだろう、いきなりこんな質問なのだから。
「おいバルクホルン、いきなり新人イジメか?」
おどけた調子で、バルクホルンと呼ばれた少女をからかった。
「米国人は黙っていろ。私の知る限り、エルザム少佐の部隊にお前のような人間はいなかった。お前は何者だ?」
「!」
ミーナ隊長と坂本少佐に一瞬焦りの表情が見えたが、俺は目配せしてから、真実を話すことにした。
「・・・はは、鋭い。・・・俺、実は記憶が無いんだ」
『!?』
みんなが驚愕した。まぁ、記憶喪失なのだから仕方が無いか・・・。
「初めて目が覚めた日から前の記憶が・・・ぶっつりとな・・・。まぁ、不便がないから、別にいいんだが」
自嘲的な笑いを浮かべる俺に対し、
「そんな・・・大尉はそれでいいんですか・・・?」
宮藤軍曹は不安そうな目で俺を見る。
「・・・いい訳じゃないけど、今の俺にはどうすることもできないし、それに戦争があるなら、俺はそれを止めたい」
建前でも言い訳でもない。これは俺の本心だ。記憶よりも、今は目の前の命に集中しなければならないんだ。
「俺には・・・何もない・・・だけど、何かを守る力はある。この力を、命を救うために使いたいんだ・・・」
「真田大尉・・・」」
「・・・もういいか?バルクホルン大尉」
見かねた坂本少佐はバルクホルンに問いかけた。
「・・・ええ。すまなかったな、大尉。私はゲルトルート・バルクホルン大尉だ。よろしく頼む」
「いや・・・こちらこそよろしく」
俺とバルクホルン大尉は軽く握手を交わした。そして俺は「本来の本音」をぶちまけることにした。
「んー・・・それと、みんなにお願いしたいんだけど・・・俺のことは、名前で呼んでくれないかな?」
『・・・え?』
「いやぁ、階級呼びとか慣れてなくて、なんかこう、あんまりしっくりこないんだよなー・・・ははは」
ぽかーんとしているみんなをほっとき、俺は続けた。
「だからさ?俺のことは『悠斗さん』とか普通に名前で呼んでくれちゃって構わないからさ」
『・・・』
しん、と静まりかえってしまった。・・・やっぱ駄目だったか?
「・・・ふ、ふふふ・・・はっはっは!!」
いきなり坂本少佐が笑い出した。俺含めた全員がビクッとした。
「やはり面白い人物だな、大尉は・・・なかなかそんなことを言う奴はいないぞ?」
「あー・・・やっぱそうでしょうね・・・」
俺は頭を掻きながら照れくさそうに返事した。
「しっかし、あんたみたいな人でよかったよ。博士のお墨付きとか言うから、頭でっかちのインテリ野朗かと思ったよー」
再びシャーリー中尉にばしばしと叩かれる。・・・やっぱり痛い。
「優しい人でよかったです・・・。よろしくお願いしますね、悠斗さん!」
宮藤軍曹も笑顔で答えてくれた。
「みんな・・今後とも、よろしく頼む!」
「・・・さて、自己紹介も済んだことだから・・・早速、訓練に行くぞ!」
「・・・へ?」
なんという空気ブレイカー・・・。一瞬で張り詰めた雰囲気になったぞ・・・。
『りょ、了解!』
「少佐、俺も参加でいいですよね?」
とりあえず確認を取る。
「おぉ、着任早々からやる気だな!いいだろう、大尉も参加してくれ!」
「了解!」
俺は形だけの敬礼をして、訓練へと移った。やる事はまだたくさんあるが、まず目の前のことから片付けていこう。

―――そして、それが・・・

―――???
「・・・『X-11』との遭遇が報告された?」
『・・・はい』
アマガツはカスミと通信」していた。
「そうか・・・再び報告されたか。・・・全く、手間のかかる子だ」
『どうしますか?』
淡々とした口調でカスミは質問する。
「放っておいた方がいいかな。アレは今の私たちでは手に負えない・・・時期を待つしかないな」
(しかし、そのせいで『アレ』の搬入が遅れるな・・・後でミーナ中佐に連絡を入れないとな・・・)
『わかりました・・・他の姉妹達は?』
少し心配そうな口調でカスミは質問した。
「大丈夫、みんな元気だよ」
それを聞いて、カスミはほっとしたような表情を浮かべた。
「一度、こっちに戻ってきてもらいたいな。贈り物があるんだ」
『・・・わかりました』
「では、詳細は後ほど送るよ。それじゃ、おやすみ」
『おやすみなさい・・・お父さん』
そういうと恥ずかしげな表情の後に、通信を切った。
「・・・くぅぅぅ~!!やっぱりあの顔、何度見てもかぁわいいなぁぁぁ!!」
アマガツは椅子を高速回転させながら歓喜した。傍からみたら即通報されるレベルかもしれない。
そしてゆっくりと回転を止め、机に置いてある写真に触れ、
「・・・私は頑張っているよ・・・『霞』」
一人寂しげな声で呟いた。
(約束は・・・今も果たせているかな?・・・いや、果たし続けなくてはならない。そのための『XG計画』だ・・・)
「・・・彼がくるといいね・・・『スミカ』君」

【次回予告】Open you,r i's tha Next episc...

訓練続きの悠斗達に長期休暇が訪れた。しかしこれは嵐の前兆に過ぎなかった。悠斗が奏でる歌の意味とは?
そして伊豆基地に出現した謎の戦艦、正体不明の特機と混乱は進む。その時、彼らは・・・
次回、「旋律と箱舟」その力が、全てを変える!
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。