演技について。(ダメだしより)


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

演技について


  • 語尾で若いかそうじゃないかの違いが出る。
わかりました↑= 子供
わかりました↓= 大人

  • 中・強・弱 の3パターンつけられるようにする
  • 一発目で自分を魅せられるようにする
  • 人からどう見えているのかを認識する
  • "自分"のみで勝負すると息が短い。
  • 喋る時"首"は固定しておく
  • "笑い"と"泣き"の意味を考える
  • 視聴者にはどう聞こえるかを意識する。
  • 楽しいと思うには"台本"を読み込む事が必要。
  • 大胆に声を抑える事も必要
大胆に大きく&大胆に小さく
  • がんばりすぎないように加減を覚える。
  • 相手との位置関係や身体の力の入れ方を意識する
相手を向いちゃ×
例:お姫様抱っこ⇒顔が近い ⇒力を入れるときにこぶしをにぎってみたり。
  • 間に書かれているヒントを利用する
  • 台詞ではなく台本を読み込む
  • 3つSに注意する
スピード(速さ)
サイズ(大きさ)
スケール(間)

  • 心のロックを外そう
安心出来るキーワードを浮かべる。
条件付けをしよう!

  • ルールを見つけて破れ
お客さんを驚かせる

  • 練習
テレビを見て真似をする!そこに自分なりの工夫を加える。