※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

今回の私達の研究の目標は 非破壊的かつ経時的に営巣を観察する というものでした。

さて 非破壊的かつ経時的に営巣を観察する とはどういう方法で達成されるのでしょうか。

経時的に というのは、時間を追って観察するということで大丈夫そうです。

では、 非破壊的に というのはどうしたら達成できるでしょう。。。

ここで私達はCTスキャンという手法を選択しました。


撮影のスパンは1ヶ月に1回


現在もデータ収集中です!!




ちなみに、シロアリ採集者の間では

湿った部分を好んで、外皮の内側、年輪の間など、やわらかな部分を食べている

というようなことは経験的に分かっているようですね。


結果との一致を見るのが楽しみです。
|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|