※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

生物学

  • 異球において性別を決める遺伝子(染色体)の原理は、地球のそれとは少しあり方が異なっている

地球版

  • 地球の人間の性別を決める遺伝子(染色体)は、XとYの二種類であり男がXY、女がXXである。
  • このXYとXXを
  • X    Y(男)
  •   \/
  •   /\
  • X    X(女)
  • のように組み合わせることでXY、XXの性別が決められている。

異球版

  • 異球においての染色体は、地球とは異なり,X,Y,Zの三種類が存在する。
  • 異球においての染色体のモデル(形)は下記画像に示す

染色体(異球)

染色体はパズルのピースの様なイメージで
左から順に染色体x、染色体y、染色体zである。
染色体は、単体では結合力を持ち、近くの染色体と結合しあう性質を持っている。
染色体が3つ結合した時点で染色体は結合力を失い、その結合した物のことを
”性別判別遺伝子”という。
例(組み合わせとしてx:x:xは存在するが,z:z:zはピースとして組み合わないので存在しない)
ごく稀に染色体が4つ以上結合することがあるが、その場合は性別判別遺伝子の効果は持たず
仮にその染色体をもった精子が受精したとしても無性卵扱いとなる。

性別判別遺伝子

3つの染色体が結合したもので、これをもった精子が受精することで有性卵となる。
性別の識別方法は、染色体の組合わせによらず、性別判別遺伝子の形状により、3通りに分かれる。
  • 男の場合
 性別判別遺伝子の一端だけが突起したもの。
組み合わせ(x:x:x 、x:y:z 、x:z:y 、y:x:z 、y:z:x 、z:x:y 、z:y:x)の7つ
  • 女の場合
 性別判別遺伝子の両端だけが突起したもの。
組み合わせ(x:x:y 、x:y:x 、y:x:x 、 、y:y:z 、y:z:y 、z:y:y)の6つ
  • 第三性物
 性別判別遺伝子の両端がへこんでいるもの。
組み合わせ(x:x:z 、x:z:x 、y:z:z 、z:x:x 、z:y:z ,z:z:y)の6つ
染色体の組合せ3^3=27通りのうち(男7つ、女6つ、第三6つ、不可能7つ)であり、
性別の発言割合が男:女:第三性物=7:6:6であり、異球世界では男の人口分布が若干多い。
添付ファイル