※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。


クライマックス「水底の竜」

Scene Card - アラシ(離脱)
Scene Player - “リトルレディ”フシアナ=T=ハイリスク
登場:全員登場

 木更タタラ街、水質研究所。
空を覆うオーロラはより一層輝きを増していく。
もう起動までまもなくだろう‥‥

 木更津湖の水面からは、巨大な鉄の塊――EMP兵器“九頭竜”がその頭を覗かせている。
フシアナ: 「あの黒光りしてそそり立つデッカイ代物が‥‥っ?!」

 そして、九頭竜に磔にされた人影――
あれは紛れもなく、死んだはずの千早雅之、その人だった。
フシアナ: 「雅之っ?!」
神戸: 「さて、間に合うか・・・?」
RL/アズール:「ようこそ、N◎VAの終焉という歴史的瞬間の現場へ」
RL/アズール:「もっとも、生き証人になれるかは難しいところだけれど」

 “闇色の空”アズールの声が響く。

フシアナ: 「ヲイ‥‥ どこまでも洒落にならんコトをしやがって!!」
フシアナ: 「雅之の遺体をもてあそんで、何のつもりだ!」
RL/マクレガー:「オイオイ、勝手に殺してやるなよ」
RL/マクレガー:「生きてるぜ、今のところはな。なかなか絵になるオブジェだろう?」

 “エッグシェル”マクレガーがその姿を現す。

フシアナ: 「‥‥‥‥」 その言葉が示す意味はひとつ。だが‥‥っ!!
フシアナ: 「‥‥ばぁーっかじゃねぇの?!」
フシアナ: 「あの仕事バカなんか捕まえても、人質になんてなるわけないだろうっ!」
RL/マクレガー:「ハッ、どうだかな。声に動揺が出てるぜ“リトルレディ”」
フシアナ: 「もうアイツは用済みなんだ。‥‥パスコードは、こ、ここにあるんだからな!」
RL/マクレガー:「‥‥あそこの仕掛けは簡単さ」
RL/マクレガー:「もし貴様らが九頭竜を停止させたなら、奴は九頭竜もろとも水の底、ってわけだ」
RL/マクレガー:「なかなかいい趣向だろう?」
RL:ニヤリと下種な笑いを浮かべる。

小柳: 「何とも、世のトーキーが聞けば狂喜しそうな話というワケだ」
小柳: コイツの趣味なんだろなぁ、と納得してみる。
陣内: 「流石浄化派だ。下らん趣向を凝らす事においては追随を許さないな」

フシアナ: 「ヒロインにしちゃ、可愛げが足りてネェよな」
フシアナ: 「今からでも、オレが変わってやるからよ、アイツはおろしてやってくれ」
フシアナ: 「オレぐらい可愛い方が、世間的にはイメージアップだぜ?」
神戸: それは手で制して前へ踏みだす。
神戸: 「ふふ‥‥ふふふ‥‥ それでいいのか? アズ―ル、マクレガー?」
神戸: 「末後の言葉はそれでいいのか、と聞いている」
神戸: そういって獲物を見つけた肉食獣の眼でぞっとするような笑顔を浮かべています。
神戸: 「クグツにそんな脅しが効くと思っているのか。貴様等は諸共此処で死ね。」
神戸: 「モガミ一刀流伝承者、神戸天禅‥‥押し通る!」
神戸: 実は、カット開始までは、何もする事ありませんw
フシアナ: 「おいおい。雅之殺していいのはオレだけだからな!」
フシアナ: 「あの卵ヤロウと電球ハゲとケバイ女で我慢しとけよ?」

睦月: 「なあ、マクレガーさん。 あんたやっぱダメダメだわ」
睦月: 「それってつまり『今から止められる』ってェ事じゃないか」
睦月: 「――――あんた、二流だよ、やっぱり」

RL/マクレガー:「くくく...いい表情だ。蔑みと殺意の顔だ」
RL/マクレガー:「こりゃあいいドラマが撮れそうだな」

RL:マクレガーが合図をすると、周囲から浄化派のエージェントが現れる。
RL/ジム・カーズ:「やれやれ、わざわざ死に急ぐとはな」
RL/アズール:「この九頭竜はメガコーポの傲慢による産物。これはいわば、彼らの自業自得なのよ」
フシアナ: 「だから、N◎VAごと吹き飛ばしてしまえ‥‥ってか?」 スケールが小せぇんだよ!

 金色の肌のジム・カーズ‥‥

RL:気がつくとキミたちはすでに周囲を囲まれていた。

フシアナ: 「他人の作ったものを借りてさえ、この程度か。情けねえったらありゃしない‥‥」
フシアナ: 「決めたぜ」
フシアナ: 「雅之‥‥ おまえとの約束はここまでだ。あとは‥‥」
フシアナ: じゃきっと。左腕を頭上に掲げて‥‥右腕でその腕ごと“抜き放つ”っ
フシアナ: フシアナ=T=ハイリスクの左腕には、[ソフィアガン]と呼ばれる銃が備わっている。
フシアナ: ヒトの魂を込めて撃つと言われる、悪夢の産物だ。
フシアナ: 「オレの好きにさせてもらうぜ?」 じゃきっ マクレガーへと銃口を向ける。
フシアナ: 「あばよ、卵ヤロウ。おまえの生まれ故郷の地獄へと、今から叩き返してやるぜ!」
陣内: 「お前たちは、癇癪を起して当り散らす子供のようなものだ」
陣内: 「ソレは子供の玩具には過ぎた物でな。回収させてもらう」

(アズール、マクレガー)-*-(フシアナ、陣内、123、小柳、神戸)-(ジム・カーズ、トループA、トループB)

Scene End