※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。


ED1「竜の末路」

Scene Card - タタラ(智恵)
登場:キャストの登場は不可

 事件の直後、
千早雅之と篁綾の間に極秘回線が開かれた。
お互いの視界に表示されるのは、表情の読めない、相手の映像のみ。

RL/千早雅之:「今回の事件で、我々は共通のリスクを再認識したと考えています」
RL/千早雅之:「リスク排除のため、九頭竜の封印から廃棄処分への移行を提案します」
RL/篁綾:「存在が明かされた九頭竜は、ブラックハウンドや日本軍の介入材料になりかねない」
RL/篁綾:「もう九頭竜には、抱え続けるだけの価値はない。その提案を受け入れます」
RL/千早雅之:「ではそのように。以降の情報管理は、お互いの利益を尊重した形で」
RL/篁綾:「全面的に同意します」

 そして通信が切れる。
数日後、九頭竜は完全にその存在を抹消される事だろう。

Scene End


舞台裏


RL:どうするか決まった?
陣内: オービタルからの九頭竜奪取の証拠を《不可知》で誰にも気づかれないうちに抹消。
フシアナ: これで千早も開発責任を追及されることはないだろう。両者痛み分けだ!w
RL:了解。では“九頭竜”に関してイワサキは知らぬ存ぜぬを通せるようになった。
陣内: よし、一仕事終えた
フシアナ: おつかれーw
フシアナ: 陣内さんはプロフェッショナルだったねぇ。御見事!w
神戸: お見事です。終始クールなマニューバーでした

RL:まずはジゴロさんのEDからだ。希望はあるかい?
睦月: とりあえずアズールさんはブラックハウンド預かりにしてもらえたから……
睦月: まあ、希望は冴子さんとの会話なんだがw
RL:じゃあいちゃつけよ、もう!w
神戸: なんで投げやりなんですかw
フシアナ: いや、RLさんの気持ちはよくわかる。すげーわかるw
フシアナ: わかってても、舞台裏でgdgdやってるあたり、あたしらも酷いけどな!w

小柳: [昏睡]を放置したから[精神崩壊]してる気がー >アズール
小柳: 報酬点あつめて治療しました、が通るならそれでも可
睦月: いや、ラストにシルバーレスキュー呼ぶとは言ったぞw
フシアナ: 今後の治療の経過次第で‥‥くらいが平和な落としどころじゃないかな?w
神戸: ですね
睦月: まあ、その辺りだね