※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。


OP1「最後の10分間」

シーンカード:「レッガー」
マスターシーンです。

 ※ 状況をまとめて説明するシーンです。キャスト全員が自動登場しますが行動不可なので省略。

 N◎VAのホワイトエリア中枢を少し外れた、篠原司法最高裁判所。
外部との通信を完全遮蔽された“白壁”の中では、いつも様々なドラマが
繰り広げられている。この法廷こそが、法の名の下に邪悪に裁きを下す、
「正義の最後の砦」なのだ。

 今日も、この建物では、とある“殺人事件”の裁判が行われている。
検察側が証拠を並べ、被告への容疑を確定し、事件を細部まで再現していく。
弁護側は反論し、証言者たちを揺さぶり、捜査ミスがないか検証していく。
‥‥まもなく最終弁論が始まるだろう。これが最後の休憩時間というワケだ。

 ** ** **

 今回の事件「【総帥】殺し」は、かなり世間の注目を集めた。
  • 被害者が「軌道系の超巨大企業グループのVIP」であること。
  • 唯一の容疑者が、有名な「天才美少女発明家」(未成年)であること。
  • つい先日、容疑者から求婚された若者が、彼女の弁護を引き受けたこと。
 これらの事実は民衆の興味をかきたて、勝手な憶測やスキャンダルが次々と
ウェブを蹂躙しては消えていった。かなり悪意に満ちた記事もあれば、事件の
全貌が明らかになるまで捜査を続けるべきだ、という冷静な記事もあった。
結局、あまりにも多くの傍聴希望者が殺到したため、篠原司法は大混乱した。

  舞台裏

すなお:【総帥】いきなり死んでおられる‥‥
睦月:さすがに天才美少女発明家(自称)じゃないのなw
RL:ああ、ちなみに。N◎VA司法制度において「最終弁論」の詳細は不明です。
RL:テケトーなので深く考えるな!w
悠己:「それっぽい」は大事!www
睦月:ああ
RL:検察側と弁護側が、双方とも弁舌で陪審員たちにアピールする、最後のチャンスね?w
悠己:司法的クライマックスフェイズですねわかりま(ry
アイザック:逆転裁判法廷パート3日目って事ですね解ります
すなお:おいつめられてるなー
悠己:まだあわてるような時間じゃない

 だが、今回の裁判の過程が報じられていくにつれ‥‥ 誰もが悟っていた。
被告人【エレナ=D=シルバーストン】の有罪判決は、ほぼ確定だろうと。

 すべての証拠が彼女の仕業であると示していた。
彼女には動機もあった。犯行の機会は彼女にしかなかった。

 ‥‥そして、エレナの有罪判決を皆に確信させた【決め手の証言】が。
検察側の証人に立った、エレナの最も信頼する人物【先生】から発せられた‥‥
その時、エレナの浮かべた表情が。アイザックの闘志に火を灯す。
(神業《制裁》発動。エレナに[guilty-有罪]による抹殺ダメージが適用されました)

  舞台裏

悠己:‥‥まままだあわわてるような時間じゃ(ry
RL:ああ。火を灯しましたが。別に立ち消えてもRLは困りませんw
アイザック:消えませんよ
すなお:おお、かっこいいな!

 今、弁護士アイザック・クリスティに残された猶予は、僅か10分間。
この休憩時間中に「逆転のきっかけ」を見つけ、エレナの無罪を証明せねば!

 まだ手がかりはある。無論、検察側の証人である【先生】には接触できないが。
ならば。今、アイザックがアプローチすべき相手は‥‥
  • エレナの有罪が確定した場合、最も利益を得る人物:【悠己・シルバーストン】か?
  • 事件当日のエレナの行動を知るはずの世話役:【睦月一二三】&【浜荻素直】か?
  • 数日前まで【総帥】をガードしていた人物:【唐征十郎】か?
  • 第一発見者であり、通報者でもあるジャーナリスト:【綿貫依子】か?

  舞台裏

RL:つーわけで。キミら全員、事件の関係者なw
悠己:めっちゃ犯人くさいんですがワタシ。
すなお:捜査員じゃないのか…イヌなのに…w
アイザック:わーいわーいタノシイナー
悠己:「アイザック…君はまだ大切なことを見落としている。…君の手並、見せて貰おうか」
悠己:的なカットが挟まったんだろう。予告編に。
すなお:予告カット!かっこいいなゆーきさんw

 ‥‥今までアイザックを導いてくれた師匠【所長さん】は、もう何処にも居ない。
だが、一番大事なことは、アイザックの胸に刻まれている。受け継がれている。
“絶体絶命の大ピンチに追い込まれた、その時こそ‥‥ 実は逆転のチャンス!なんだぜぃ?”

 残り10分ある。全てが終わったわけではない。
まだ、彼女はアイザックの「返事」を聞いていないのだ‥‥っ!!

シーンEND

RL:さて。今のOP1が「現在」の状況です。
RL:これから実施するOP2~OP7は、すべてOP1より「過去の出来事」です。
RL:つまり、時系列はOP2⇒OP3⇒OP4⇒OP5⇒OP6⇒OP7⇒OP1、ですね。

RL:ああ、各自のスタンスはだいたい分かってもらえたと思うが。
RL:事件に対して、自分がどのような立ち位置でOPを終えるのか、イメージして動くことを推奨w
悠己:了解ですー
すなお:はーい、わかりましたー
RL:なお、OPとOPの間の出来事については、リサーチ中にも「回想シーン」でやるかもしれませんw
アイザック:了解でっす
RL:対人関係の変化とかドラマしたいヒトは、そこで狙ってくださいw
悠己:キラーンw
RL:(OPではあっさり流そうね)
アイザック:ハーイ