周りの人達


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

<孤児院の子供たち>

セリィヌ
(女/9歳/髪の色はライトグリーン)
黒目を黒馬の王子様と勘違い爆走中。おとなしそうな外見だがお転婆。
身売りに出されたが逃げようとしたところ黒目に買い取られた。
成金家族だったが不景気で売られることに。


サイト・タイム
(女/7~13/髪の色は紫)
黒目に依頼したところを親の知り合いに見られ、それを聞いた親が逆上。
左目を傷つけられ、左腕をノコで斬られたところでなんとか黒目が助けた。
控えめな性格だがしっかりしている部分もある。


レオン
(男/8~11/髪の色は水色)
いつも一人でサッカーの練習をしている。本は一日に三~九冊ほど読む。
最近では未読の本も減ってきており、黒目に時々買ってきてもらう。
最近自分で本を書き始めた。
頭のハゲは一時ストレスであったが、逃げる際に親から受けた打撲によるもの。


メアー・ポプリ
(男/11歳/髪の色は金色)
小動物の生態観察が好き。
一度雪穴に入ってみたいと思っている。耳当ては祖母のもの。


エン・フィ
(男/9~12/髪の色は赤)
蟻を一匹ずつ指で潰すのが日課。屋根で星を見るのが好き。
最近入ったばかりでまだ皆と打ち解けていない。炎を見ると異様に興奮する。


マチアナ・インペア
(女/23~24/髪の色は桃色)
孤児院の先生。この人も昔は虐待を受けていた。次女。
弱視。右目はカラーコンタクトをした時におかしくなった。


ソラ・マリエイティ
(男/21~22/髪の色は青)
孤児院の先生。外見は女にしかみえないのでよく勘違いされる男。



<その他>
アイス・チェリーブロッサム
(男/23~26)
子供には優しいが、何事においても堅いところがあり、(義)賊のような黒目も許せず、追う。
他の警官は困ってはいるものの、捕まえるのは気が進まないものが多数。
負けず嫌いで頑固、早く昇進して権限を手に入れ黒目を追い詰めたいが、
上記の性格のため度々周囲と衝突するので現状では難しい。