著作権無視の写真加工絵師


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

東京幻想問題とは

商業イラストレーターの東京幻想(本人によるブログ)が,一般人が撮影した写真を無断加工し,さらに撮影者による著作権表示を消去し,自作品「HIROSHIMA幻想」としてPixivなどに投稿した事件のこと。
パク ラレ



'


「HIROSHIMA幻想」の全体像


'


時系列整理

2008/08/07 東京幻想が,原爆ドームの写真の加工過程の記事をブログ(閉鎖中)に書き始める。
2008/08/15 東京幻想が,原爆ドームの写真を加工したイラストを「HIROSHIMA幻想」としてPixivに公開する。東京幻想は,加工にあたり撮影者の許可を取っておらず,さらに撮影者が焼き込んであった著作権者を示すエンボス加工表示を意図的に削除した。
2009/09/09 原爆ドームの写真は,撮影者に閲覧者からの問い合わせを受け,「HIROSHIMA幻想」の存在を認識する。
2009/09/10 撮影者がPixiv運営に問い合わせる。
2009/09/28 Pixiv運営から撮影者へ,弁護士と相談中のためさらに1週間ほど待つようにとの返信メールが届く。
2009/10/03 Pixiv運営から撮影者へ,個人情報の開示を求めるメールが届く。撮影者はなぜ個人情報が必要なのか,Pixiv運営に問いただす。
2009/10/15 Pixiv運営が,「問題を発見したときの対応について」のアナウンスを出す。
同日 東京幻想がブログのコメント欄を閉鎖する。
2009/10/16 東京幻想が「嫌がらせを受けている。自分の画像は全てトレス」とするブログ記事を書く。
同日 東京幻想が,問題のある画像をPixivより削除したというブログの記事を書く。
2009/10/18 撮影者がPixiv運営に対し,前回の問い合わせから2週間リアクションが無い事,最初の問い合わせから5週間が経過したことなどを問い合わせメールを送信する。
2009/10/19 Pixiv運営が撮影者に対し,個人情報を提示しなければ対応が取れないことなどを回答する。また,問題の画像は既に削除されており,今後この件について返信はしないことが伝えられる。撮影者は,Pixiv運営とのやり取りを全て公開する
2009/10/19 撮影者は,閲覧者からの問い合わせを受け,ブログ運営元のエキサイトに問い合わメールを送信する。
2009/10/23 エキサイトは撮影者に対し,「確認のうえ,必要に応じて利用規約に基づき対応いたします」との返信を送る。
同日 写真の加工過程を含めた関連ページが削除される。


東京幻想の問題点

  1. 商業活動を行っているプロである。
  2. 今回を含め複数もの他人の写真を無断で加工した。←※「トレス」ではありません。
  3. 原爆ドームの写真を加工する際,撮影者の刻印を消し自身の刻印を入れた
  4. 盗作にも関わらず,Pixivや自身のブログで「自分で撮った写真である」「取材した」と発言。
  5. 盗作が発覚し,撮影者から事後承諾でもよいという温情を無視した。
  6. 盗作を認め自身のブログで謝罪し問題は解決したとしているが,撮影者からは謝罪し問題が解決したとの発表はない。(おそらく謝罪はしていない)
  7. 写真加工しないとパースも取れない程度の技術力しかない。


Pixivの問題点

  1. 無断転載,無断加工,トレースやパクリなど悪質行為をする会員に対する取締りがゆるい。
  2. 悪質行為を通報する者の方に問題があるも取れる発言をする。
  3. 運営を批判するようなコメント,タグ,Pixivが運営するブログで行うと,アカウントを剥奪することが多い。
  4. 撮影者(非会員)に対し詳細な個人情報提出を要求した。
  5. 問題のイラストを削除(非公開状態に)すると,撮影者に対して「問題の画像がないので対応できない」と応対停止した。
  6. にもかかわらず,「問題を発見したときの対応について」において「作品・マナー等で問題を発見した場合は,トラブルを避けるためにもユーザーや作品にタグ・コメント・メッセージで直接注意するのではなく,お問い合わせフォームより,Pixiv事務局にご連絡ください」と明記している。
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。