現代文と格闘する(河合出版)


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。




レビュー

変な受験テクニックは微塵もなし。正攻法一本で現代文の内容理解に迫ろうとする参考書。
問題数は多くはないが、解説が非常に濃く、量が充実している。
要約を多く取り入れているのも特徴。

コメント

  • 現代文は読み方に尽き、まるで数学だ これをやった後、現文の偏差値が10以上上がった -- (数ある現代文参考書の中で最強の本) 2011-03-10 19:50:50
名前:
コメント:

すべてのコメントを見る



|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|