学習院大学


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。


大学紹介

大学設置 1949年(新制大学)、創立 1877年(前身は1842年創設)
本部所在地 東京都豊島区目白1-5-1

キャンパス

本部(東京都豊島区)

学部

法学部、経済学部、文学部、理学部

校風や学生層

一般的なイメージは、「皇族の方が通われる大学」「お坊ちゃま学校」「上品」「おとなしい」といったところだが、実態は変態と真面目系クズとチャラ男の巣窟であり、彼らが学習院内での三大勢力である。
推薦枠が大きいため、首都圏の中高一貫から指定校推薦で入ってきたパターンが多い。
皇族が通うことで知られる大学であり、左翼的思想の人は少ない。
にもかかわらず自治会は左翼である。。
女学生が多くリア充が多いが、真面目な人も多く、キャンパスが広いのでぼっちでも快適な飯が食える。
キャンパス内には自然林や池があり、また明治末~昭和初期に建てられた校舎が多く存在しており、山手線の内側とは思えないほど緑豊かで
独特の空間が広がっている。
早稲田落ちがかなりいる
また、平成28年を目標として国際社会学部の開設準備が進行している。
学部増設は1964年の政経学部の法学部、経済学部への改組以来、50年以上振りのこととなる。

進路

都内の大企業志向が強く、公務員や教師を目指す人は少ない。
就職実績はイメージとは逆にかなりの割合で大企業に就職している。
金融系に強いが、女子学生が多く一般職が多い。

受験対策

英語は問題数は多いが、設問そのものの難易度は低い。短時間で多くの問題を解けるようにしたい。
併願大学は旧制七年制高等学校を前身とする武蔵大学成蹊大学成城大学の他、近距離にある早稲田大学が多い。
文学部の歴史では毎年テーマや人物についての7行で述べる論述問題が出題されるので、早めの対策が功を奏する


コメント

名前:
コメント:
|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|