Ufionを選ぶ理由


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。


Ufionを選ぶ理由

「UfionってTwitterのパクリじゃないの?Twitterでよくね?」 といった意見をよく耳にします。
もちろんそう思う人もいるだろうし、そう思わない人だっているでしょう。
そこで、Ufionならではの特徴を紹介します。
Twitterとはどこが違うのか、どのように優れているかを説明しました。
参考にしてください。

何をすればよいのかわからなくない(構造が複雑でない)

Twitterを始めて間もない人、またはTwitterをまだ始めていない人。
「何が面白いんだろう?」「どうやって楽しめばいいんだろう?」と思っていた(いる)人も少なくないことでしょう。
一人でつぶやいていて何が楽しいのだろうか?ブログではいけないのか?
実際は淡々とつぶやき続けるのではなく、フォローやフォロワーを増やしていかないと面白さが見えてこないのです。
Twitterの本質はそういうツールですが、そこに気づきにくいのが難点です。
また、(詳しい説明は下述します)他者から会話の流れが見えにくく、コミュニケーションが取りにくいという点も気になります。
一方Ufionは、 他ユーザとのコミュニケーションにおいて本領を発揮 します。
これは、もともとコミュニケーション関連の仕組みが改良されているためです。
Twitterのように、自身のライフログ保存用としても使える上、Ufionの本来の目的、つまり「他人とダベるツール」という役割もはたしているのです。
この点がTwitterやその他のサイトとは違うと言えるでしょう。

会話の流れが追える

管理人masa氏が言うように、 Twitterの非公式RTは使いづらい。 きっと利用者なら一度は感じたことでしょう。
会話の流れを追うどころか、そもそも元発言にたどることすら難しいです。
かといって公式RTでは、相手の発言に自分の意見を乗せることができません。
リプライなら過去にさかのぼって元発言を探すことは可能です。
しかし、そのリプライに対する返信、あるいは会話から枝分かれしていったツイートにはやはり辿り着けません。
コミュニケーションツールとしての若干使いづらさは否めないでしょう。
Ufionでは、その部分が大幅に改善 されています。
ある発言がどの発言に対してのものか、その発言に対しては他に誰ががどんな発言をしているか、といった事がツリー形式で一覧表示されます。(トップページの画像参照。)
よって、その発言の前後を含む一連の会話がまとめて読む事が出来、非常に可読性が高いと言えます。
発言元に返答することも、枝分かれした会話に参加することも容易です。
また、自分自身のメッセージに対し返信することで一連のつぶやきを一つのスレッドとしてまとめられます。
このように、単純ながらも使い方次第で様々なことが出来る、高い利便性を持っています。



終わりに

以上の点をもって、 Ufionは他のものとは一味違ったサイト といえます。
少しでも興味を持ったならば、頭で理解しようとするよりも、まずは試してみてください。
導入はとても簡単です。 あなたは今すぐにUfionerになれるのです。