ホリック(フィリア|フォビア)


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。


公開サイト



さくら側

フルネーム 性別 血液型 種族 年齢 職業 身長 体重 在住地 現在位置
義弥 不明 人間 10~20代 無職 - - - 「サナトリウムっぽい施設」(初期)

うにゅう側

フルネーム 性別 血液型 種族 年齢 職業 身長 体重 在住地 現在位置
アディ - - ぬいぐるみ - テディベア - - - 義弥と一緒

義弥設定


記憶喪失の青年。身元は不明。
とある山奥にあるサナトリウムのような施設に居候(本人談)中。
施設の入所者を見て、何とかできないかと思っている。

性格:エゴグラムではbabca。

両足の筋力が極度に衰えている。

+ネタバレ
父親に幼少期から性的虐待を受けていた。母親は彼を産んですぐに死去。
あるとき父親を絞殺し、家から逃げ出す。それまで自宅から出たことはなかった(足が衰えていたのはそのため)。
そのまま投身自殺を図るが、生き延びる。翼はその時の臨死体験で“魂に”生えた。故に、彼が記憶を失うと翼はほぼ消える。

そして記憶をテディベアに変え抱きしめたまま例の施設の前で行き倒れ、保護された。

実は、義弥の生家と施設は、それほど離れていない。
作中では誰も気がついてはいないが。

殺害された父親はハウスキーパーが発見、警察に通報されたはず。
だがハウスキーパーは義弥の存在を知らないので、警察の捜査はたぶん迷宮入り。

そもそも義弥には戸籍もなかった(ごく幼少期に死亡したことになっている)。
彼が失踪しても、探す人間はいなかったのである。

+重大なネタバレ
「義弥が遺書を残して失踪する」という内容のテキストファイルがゴースト辞書内に存在する。
だが、正史ではない。



アディ設定


義弥のただ一つの持ち物である、くまのぬいぐるみ。
人形療法に使っている、と義弥は言うが、彼は人形療法というものを勘違いしている。
喋るように見えるのは義弥の腹話術。

+ネタバレ
義弥が意識を失うとひとりでに喋りだす不思議アイテム。
正体は、義弥の失った記憶がかたちを持ったもの。


名前:
コメント:


添付ファイル