輪番停電(計画停電)について


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

3/14より関東地方では、「輪番停電」が実施されています。


1.輪番停電(計画停電)とは?

東京電力は、今回の東北関東大震災で運転を停止している原子力発電所や火力発電所があるため、必要な電力を確保するのが難しくなったとして14日午前6時すぎから午後10時にかけて、東京電力の管内を5つのグループに分けて、およそ3時間程度計画的に止める、いわゆる「計画停電」を実施すると発表しました。
 〜中略〜
東京電力では、14日午前6時20分から、午後10時まで、東京電力の管内を5つのグループに分けて、およそ3時間程度ずつ電気の供給を止めることにしています。東京電力は、15日以降についても翌日の電力需要の見込みや発電所の復旧状況をみながら、当面の間、「計画停電」を続けていくことにしています。東京電力によりますと、「計画停電」が実施されるのは、昭和26年に会社が設立されて以来、初めてのことです。東京電力では、工場など大口の利用者に対して電気の使用を抑えるよう求めるとともに、家庭でもできるだけ電気の使用を控えるよう節電を呼びかけています。
NHKニュース

関東1都8県において、各地域の市町村単位でグループを設定し、各日3時間程度ずつ順にグループ内の一部の地域 で電力の供給が断たれる。電力供給不足による予想外の大規模停電を避けるため。3月14日の午前6時20分から開始し、終了日時は未定。

予定時刻や予定地域などの詳細に変更があるかもしれないが、計画自体は発電所設備の整備が整う見込みである4月末日まで最低限続き、その後いったん終了されるものの、クーラー需要の増える夏期に再び実施される可能性が高いとされる。

なお、電気の需給状況によっては予定時間の範囲内で開始時間や終了時間を変更することがあるため、開始時刻に実施しなくても予定時間内では停電に備えること。


要するに
  • 関東地方が第1から第5までの5つのグループに分けられている。
  • 自分の家は5つのうちどれか1つのグループに入っている。
  • 各グループに順番に3時間程度の停電が回ってくる。
  • 4月一杯まで続くかもしれない。

2.自分の家はどのグループ?

  • 東京電力のサイトを見てください。
  • 東京電力のHPがアクセスしづらいときは、このページにも都道府県別の住所とグループの対応表がうpされています。※ただし最新版でない可能性がある

3.停電の時間帯は?

停電が起こりうる時間は、
  • 6:20~10:00
  • 9:20~13:00
  • 12:20~16:00
  • 13:50-17:30
  • 15:20~19:00
  • 16:50-20:30
  • 18:20~22:00
の7パターンがあります。
この7回の停電を、先ほどの5グループでローテーションさせることになります。

イメージとして以下の表を見てください。

どのグループがどの時間帯に停電になるかは、日によって異なります。

東京電力HP
東京電力 TEPCOニュース
で毎日確認する必要があります。


名前:
コメント:
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。
添付ファイル