無題:4スレ目649


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

649 名前:以下、三日目金曜東Rブロック59Aがお送りします[sage] 投稿日:2010/12/14(火) 23:56:41.12 ID:Y9MkZHIo [2/2]
「お兄さん……その、お兄さんの部屋、久しぶりに見せてもらえませんか?」
「いいけど、別になんにもねーぞ?」
「いいんです」
ガチャ。
「うおおおおおおおおおおおおおっ!」
「ど、どうしたんですか? いきなり叫んで飛び込んだりして」
「なんでもない、気にするな。(緊急回避!)」
「……………………」
「な、なんで俺のコレクションが!」
「……………………お兄さん、そこに正座してください」
「はい……」
「なんで、こんなに堂々とえ、え、エッチな本がならんでるんですかっ!」
「ちがうんだ、これは」
「しかも、な、なんで、わたしの切り抜きが一緒になってるんですか! まさか、わ、わたしで…………」
「えーと…………」
(やばい、事実だから反論できない……)
「お兄さん!」
「は、はいっ!」
「この本、全部捨ててください!」
「えぇ!? そ、そこまで言う?」
「言います」
「捨てろって…………さすがにひどくね?」
「…………………………………………わたしが、代わりじゃいけませんか?」

652 名前:以下、三日目金曜東Rブロック59Aがお送りします[sage] 投稿日:2010/12/15(水) 00:27:48.90 ID:FttfasAo [1/4]
「あやせ…………お前、自分が何言ってるか、わかってるのか?」
「お兄さんこそ…………わたしが何年一緒だったかわかってるんですか?
 何年も一緒だったのに……わかってないんですか?」
「…………俺、正直言って、わからん。お前のことは大切だし、すごく可愛いし、大好きだって思うけど……
 でも、それが恋愛感情かって言われると、わからないんだ。お前のことは、近すぎて」
「…………お兄さん」
「?」
「ん」
「…………あや、せ」
「んー」
「…………………………………………ちゅ」
「ちゅっ、ちゅっ、んちゅっ、ちゅぱ、ちゅる、ちゅっ、――――ぷはっ。
 …………大丈夫です。それだけ考えてくれるっていうのは、わたしを愛してくれているんだってわかりますから」
「いい、のか?」
「お兄さんなら――――――――捧げさせてください」
「……………………」
トサっ。
「ああっ…………お兄さん」
「いつも思ってたけど……髪、ホント綺麗だよな」
なでりなでり。
「はい……ありがとうございます」
「そんな、礼言われるようなことじゃ」
「いいえ……。お兄さんに髪撫でられると、すごく安心しました」
「じゃあ、次は……」
「ひゃんっ。耳、なめるなんて…………んっ、変な、感じです……んあっ、ふぁっ」
「あやせの声、可愛い……こっちも、触るぞ」
「やぁ…………胸、揉まれてます…………わたしの、胸、小さくて、いやじゃないですか?」
「あやせの歳なら、このくらい普通だろ? それに……これから大きくなってくれるかもしれないしな」
「んあっ…………ふぁっ、んっ、お兄さん、育ててくれますか?」
「当たり前だって……セーラー、たくし上げるぞ」
「は、恥ずかしいですけど…………。ところで、全部脱がなくていいんですか?」
「いいに決まってるだろ、もったいない。ブラも、ずらすだけで…………」
「はい…………み、見られてます…………お兄さんに、わたしの、胸――――んむ」
「ちゅっ、ちゅっ、ちゅる、ちゅぅ…………ちゅっ」
「んちゅっ、ちゅぱ、ちゅる、ちゅっ、ちゅっ、ふあっ…………キスしながら、胸いじられたらっ」
「先、硬くなってきた…………」
「や、やあ……っ! 変なこと言わないでくださいっ!」
「本当のことだろ?」
「そ、そんなの、こんな、わたし、えっちじゃないです、えっちじゃないのに……!」

664 名前:以下、三日目金曜東Rブロック59Aがお送りします[sage] 投稿日:2010/12/15(水) 01:23:04.27 ID:FttfasAo [3/4]
「じゃあ、ちょっと確かめてみるか」
「えっ……?」
くちゅり…………。
「ここ、柔らかい…………」
「んんっ……ぁあっ……! お兄さんの、指、わたしの、大事なところ、触って、る、……んぁぁあっ……♪」
くちゅっ、ぴちゅっ、にゅるちゅっ……
「ほら、やっぱりえっちだ……」
「や、やぁ……っ。ち、違います、こんなの、」
「れろ、ちゅっ……れろ……んちゅっ……」
「んあぁぁああぁっ!? ど、どこ、舐めて、ひゃっ、るん、ですかっ! そんなの汚……ふあぁぁぁっ! 」
「そんなの、気にしないって、ちゅる…………れろ、ちゅっ……」
「んぁ、ひぁ、んっ、うんぁ、ぁ、あ、なに、これ、知らない、ふあぁっ、」
「ちゅっ、んちゅっ、ごく……」
「そ、そんなの、飲んじゃ、だめですっ、や、なに、なにか来ます、あ、んっ、あっ――――――――ふあああああああああっ!」
「あやせ…………いっちゃった?」
「いっちゃった……? なんですか…………それ……」
「ものすごく気持ちよくなっちゃったってことだよ」
「はい……真っ白で、ボーッとしちゃいます……」
「あやせ…………俺も、気持ちよくなりたい」
「…………………」
こくり。

665 名前:以下、三日目金曜東Rブロック59Aがお送りします[sage] 投稿日:2010/12/15(水) 01:23:54.65 ID:FttfasAo [4/4]
「じゃあ…………入れるぞ?」
「はい…………お兄さんの顔を見てれば、頑張れますから。
 だから…………絶対に、やめないでください」
「ああ……」
ググッ……。
「んっ、ぐっ、あっ…………んんんっ、くうっ!」
「あやせ……大丈夫、か?」
「やめちゃ、いやです! そのまま、奥まで、来て、お兄さん!」
「でも、」
「お願いです、わたしに、刻んで、ください!」
「………………わかった」
――――プツッ
「んあぁぁああぁあああああああっ! んっ、はぁ、くはぁっ、……」
「あやせ…………痛いよな?」
「…………スー、ハー、んっ…………大丈夫です。お兄さんが、来てくれて……本当に、嬉しいですから」
「………………………」
「お兄さん、動いて、よくなってください」
「でも、まだ辛いんじゃないのか?」
「平気です。大丈夫、ですから」
「……わかった。じゃあ、いくぞ?」
「んっ……! ふ、ぁ、んっ……ふぁ、わたしの、なか、いっぱいに、お兄さんが……」
「あやせ――――――――ちゅ」
「ちゅっ、ちゅっ、んちゅっ、ちゅぱ、ちゅる、お兄さん、ちゅっ、ちゅる、くちゅ、お兄さん、お兄さんっ」
「あやせ、あやせ!」
「っ、あっ、くっ、痛いのに、気持よくて、えっちに、なっちゃいます、お兄さん、あ、ぅん、んあっ、は、あうっ、ふあぁっ♪」
「俺も、気持ち、いい……! あやせ、あやせ、あやせ、」
「わたし、さっきの、また、来ます、お兄さん、お兄さん、」
「俺も、限界、だ、あやせ、あやせ、あやせ!」
「お兄さん、お兄さん、京介さん!」
「くっ――――出るっ!」
「ふ――――――――ぅぅぅううううううああああああああああああああああああんっ!」
ビュルっ……ビュビュッ!
「京介さんの…………熱い、です……」
「はぁ、はぁ、はぁ、…………悪い、なかでやっちまった」
「ふふっ…………いいんですよ、そのくらい。大丈夫、大丈夫ですから」
「そっか、大丈夫な日か……よかった」
「はい♪ 婚姻届、用意してありますから♪」


エンド
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。