京介「あやせ!」あやせ「お兄さんあんあん」 |壁| 桐乃「……」:676


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

676 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/12/30(木) 01:34:17.77 ID:dBThs9ws0 [1/9]
京介「あやせ」

あやせ「お兄さん、あんあん見ましたか?」

京介「あんあん?」

あやせ「雑誌のアンアンです。アンアンに田村真奈実さんが載ってるんです。」

京介「真奈実?またなんで」

あやせ「街中アンケートのここ、この写真の端のショーウィンドウに反射して映ってるのって真奈実さんですよね。」

京介「うわっ、本当だ、よく気づいたな」

あやせ「この雑誌は隅から隅までじっくり読んでるんです!」

京介「そうか、でも、アンアンってあやせが見るような雑誌じゃないだろ?」

あやせ「べ、別に人がなに見たっていいじゃないですか。ほっといて下さい。」

京介「なに紅くなってんだ」

あやせ「そ、その、私だって恋愛とかしたいですし、え、えっ。もーうっ。何だっていいじゃないですか」

722 名前:676[] 投稿日:2010/12/30(木) 10:43:38.81 ID:dBThs9ws0 [2/9]
京介「そうか、あやせはカワイイし、彼氏くらいすぐできるだろ」

あやせ「ははは、そうですね。……ばか。」

京介「えっ」

あやせ「何でもありません。さ よ う な ら」

京介「おう、またな」

その夜
京介「きりの、ちょっといいか?」

きりの「何?私になんか用?」

京介「おう、あやせの事なんだが…」

・・・

きりの「は、じゃああんた、あやせがあんたの事好きだと思ってんの?キモっ」

京介「だれだってそう思うだろ。あんな事言われたら。」

きりの「あんたって勘がいいんだか、わるいんだか。はぁ、あんたあやせの事好きなんでしょ?」

京介「うっせいな。ああ好きだよ。大好きだよ。おまえと代わって欲しい位だよ。」

きりの「キモっ。…ばか。出てってよ。」

750 名前:676[] 投稿日:2010/12/30(木) 17:08:43.22 ID:dBThs9ws0 [3/9]
きりの「あやせ、ちょっと話があるんだけど。」

あやせ「きりの、どうしたの?」

きりの「あ、あやせさぁ、好きな人とかいるの?」

あやせ「え、急にいきなりなに?。ま、まあ、いるよ。」

きりの「だれー。ねぇ、教えてよぉ、あやせ」

あやせ「ちょっと教えられないかな、ね、この話終わりにしよ」

かなこ「ねえねえ、2人とも何の話してんの? 男?」

きりの「まあね。」

かなこ「きりのって、面食いって感じじゃん。あやせは…きりののお兄ちゃんみたいな、地味ってか、将来知りにしけそうな人好きになりそう」

きりの「かなこ、言い過ぎd…」

あやせ「2人ともごめん、先帰るわ」

きりの「ず、図星かも。」

かなこ「あー、お金持ちのおじさまと結婚したい」

754 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/12/30(木) 17:34:48.75 ID:dBThs9ws0 [4/9]
あやせ宅
あやせ「はぁ」(そうだよね、きりののお兄さんを好きって言ったら、きりのとの関係も悪くなるよね)

あやせ「だいたい、きりののお兄さんって、きりのとは違って、成績も、ルックスも、運動能力も普通みたいだし、シスコンだし、全然いい所無いじゃん。
あんな奴どこにでもいるじゃない、全然かっこよく無い、全然…あー何この気持ち」

翌日、学校
きりの「おはようあやせ。今日は渡すもんがあるんだった。」

あやせ「何?」

きりの「ふふーん、写真。この間の撮影の時、うちのお父さんが来て撮ってたでしょ。お父さんがあやせにも渡せって」

あやせ「あ、あの時の。うわー嬉しい。」

きりの「なんだこりゃ」

あやせ「どうしたのきりの?」

きりの「あー、兄貴の写真がある。お父さん、兄貴の事撮った写真も一緒にプリント頼んでたから、間違えて混じってたみたい。」

あやせ「///」

きりの「まあ、いらないや。捨てとk」

757 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/12/30(木) 17:45:17.21 ID:dBThs9ws0 [5/9]
あやせ「まって。じゃあせっかくだから、記念にもらっておくよ。」

きりの「や、やめた方がいいって。こんなバカ兄貴の。まあ、いらないし、じゃああげるよ」

あやせ「やっ(落ち着け)、ありがとう。お兄さんによろしく」

きりの「はいはい。(こりゃ間違いないな)」


あやせ宅

あやせ「やはっ、お兄さんの写真」

あやせ携帯画面「今度、カップル限定割引の映画がありまして。
私は出ている俳優が好きなので、見に行きたいのですが、きりのたちはあまり興味が無いようで(割引にもなりませんし。)
別に付きあってるカップルじゃなくても割引になるみたいなんで、一緒に行きませんか。」

あやせ「送信しちゃおうかなぁ///」

773 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/12/30(木) 21:16:04.50 ID:dBThs9ws0 [6/9]
あやせ「もう送信しちゃえ」

高坂家・きりのの部屋

きりの「あ、あやせからメールだ」

きりの「ちょ、これあいつへのメールだろw」

きりの(あいつに転送すっか)

高坂家・京介の部屋

京介「あ、きりのからのメール」

京介「俺と映画行きたいのか、なんだこれ、きりのたちは興味無いって。あぁ、新種のツンデレか」

京介(わかったよ、今週の日曜はどうだ?っと)

高坂家・きりのの部屋

きりの(なんであたしに返信するんだよw)

774 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/12/30(木) 21:28:38.32 ID:dBThs9ws0 [7/9]
高坂家夕食時

きりの「あんた、日曜の11:00に駅前で待ってて。私、用済ましてから行くから」

京介「わかったよ、行けばいいんだろ行けば」

大介「あまり遅くならないうちに帰って来いよ」

京介入浴中

きりの(京介の携帯get。ごめんなさい。その日は学校の補講が…っと、送信)

翌日・学校

きりの「あやせ、今週の日曜空いてる?」

あやせ「なに、きりの?」

775 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/12/30(木) 21:39:12.59 ID:dBThs9ws0 [8/9]
きりの「久しぶりに渋谷行かない?私冬服ほしいんだよね~」

あやせ「あー、じゃあ私も行く。」

きりの「じゃあ、日曜11時に駅前集合で」

あやせ「わかった。あ、次選択授業じゃん、私音楽室行くね」

かなこ「あやせ~。音楽室行こうよ。あ、きりのだけ何で美術とったの。こないだの絵ヘタクソだった」

きりの「うっさいなぁ」

日曜・駅前

京介「きりのおっせーな。何分待たせる気だよ。あれ、あやせじゃん。また、シスコンとか言われるんだろうな」

あやせ「きりの遅いな。事故とかに巻き込まれたりしてないかな。」

京介「[いつまで待たせるんだ…]と、送信」

あやせ・京介「あ、きりのからメールだ」

きりのメール「ちょっと遅れる。ごめんなさい。3丁目交差点を右に行って、次の交番の前を右……に行って待ってて」

あやせ「ん、渋谷じゃないのかな。まあ、きりのの事だし、きっといい事があるんだわ」

京介「しっかたねぇなぁ。行くか」

781 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/12/30(木) 23:57:07.19 ID:dBThs9ws0 [9/9]
あやせ「えっ、ここでいいのかな。ただの公園だけど」

京介「はぁ、結構歩かせるな。え、ここダダの公園じゃないか?」

あやせ「え、お兄さん?」

京介「おい、あやせ。お前何でこんな所にいるんだ?」

あやせ「お兄さん。きりのにここに来いと」

京介「え、俺もだ。きりの…」

あやせ「あー、だまされた んですよ。きりのに」

京介「なんなんだ」

あやせ「お兄さんは、やっぱり私よりきりのの事優先するんですね。」

京介「なんの事だ?」

782 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/12/31(金) 00:03:02.01 ID:wnQzbyE00 [1/5]
あやせ「もう忘れちゃったんですか? 今日映画見ようって…ひどい」

物陰のきりの「よっし、作戦成功」

京介「は、映画って何の事だよ。本当にしらねーよ」

あやせ「お兄さんって、薄情ですね。あぁ、なんか私勘違いしてました。」

京介「おいあやせ。なんだか知らないけど、今からどっか行くか?」

あやせ「きりのとの予定が無くなったから、私で暇つぶしでもする気ですか。結構です」

京介「おい、俺はそんなつもりないし、あやせと一緒に出かけられるなら何よりも優先するよ。」

あやせ「じゃあ、あのメールは何なんですか」

京介「だからメールって何だよ」


786 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/12/31(金) 00:51:06.93 ID:wnQzbyE00 [2/5]
あやせ「別に割引とかどうでもよかったんです。ただ、お兄さんと休日過ごせたらと思っただけで。
い、今はそんな事思ってませんけどね」

京介「は、言ってる事がわからないよ。それに、さっきからメールメールって。メールなんか来てないぞ」

あやせ「お兄さんはどんだけ逃げるんですか。そこまで言うなら、メールをもう一回見せますので、思 い 出 し て 下さい。」

京介「どれ。・・・・・・ん、これきりの宛だよな」

物陰のきりの「うわぁ、この展開ヤバくない…」

あやせ「はぁ?………あっ……。でも返信くれましたよね?」

京介「返信なんかして無いぞ、ほら」

京介・あやせ「きりの」

788 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/12/31(金) 01:13:30.58 ID:wnQzbyE00 [3/5]
あやせ「お兄さん、ほんっとうにごめんなさい」

京介「いや、こっちこそ、桐乃が変な事を」

京介「あやせ!」

あやせ「はいっ、お兄さん?」

京介「あやせ、結構カワイイ所あるな。」

あやせ「?」

789 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/12/31(金) 01:17:36.01 ID:wnQzbyE00 [4/5]
京介「宛先間違えるとか」

あやせ「お兄さん…もうその話はやめてください」

京介「悪かった。でも、まあカワイイなぁって。なあ、せっかくだし、デート行こうぜ」

あやせ「で、デート」

京介「あ、わるい、つい」

あやせ「お兄さん」
あやせが京介に抱きつく

京介「あ、あやせ」
京介があやせを抱きしめる

京介(ああ、マジカワイイ。けっこう胸でかいな)

あやせ「好きです。」

京介「俺もだ。なあ、(と言って、何度もキス)」

あやせ「お、お兄さん、う、うぅ、ちゅばちゅ」

京介「あやせ、あっ、ちゅば」

物陰のきりの「ちっ、あー京介キモっ」

791 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/12/31(金) 01:35:25.06 ID:wnQzbyE00 [5/5]
京介「あやせ、そろそろ行こう」

あやせ「はい」

物陰のきりの「あームカつく」
(木から、デカイ蜘蛛がきりのの近くに降りてくる)
きりの「うわぁ!!」

京介「あっ、今のおt……きりの!」

あやせ「き、きりの」

きりの「…」

京介「こ、これは違うんd」

あやせ「きりの、私嘘が大っ嫌いって言ったよね?」

きりの「ごめん」

あやせ「まあいいよ。私、きりののお兄さんとお付き合いする事になったの。きりのが私のためを思って、気を遣ってくれたんだよね。ありがとうきりの。」

きりの「 よ、よかったねあやせ。私は帰るね」

京介「きりの、サンキューな」
あやせと京介がいなくなる。

きりの「バカじゃん…」
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。