無題:6スレ目208


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

208 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[sage] 投稿日:2011/01/05(水) 23:25:38.44 ID:8XPEUFw0 [2/4]
わたしの名前は新垣あやせ。15歳――

わたしはついに大好きなお兄さんにキスをして貰ったの。わたしにとって……ファーストキス――
嬉しい筈なのに、ずっと夢見ていたのに……わたしは泣いてしまった。

『わたしのファーストキスです……。お兄さん……ちゃんと受取って下さいね』

決してわたしからせまったんじゃないわ……わたしはお兄さんの頬に軽く、そうよ軽く触れるだけの……
でも、お兄さんはあの時のわたしの気持ちを察してくれて……わたしに口付けしてくれたの。

 ――『だ・い・す・き・で・し・た』――

わたしは勇気が無くて、……声に出せなかった。でも、お兄さんはわたしの唇をじっと見つめ……頷いたわ。

桐乃の家の隣に越して来たわたしは、これからはいつでも大好きなお兄さんに会える。――いつでも

――でも、お兄さんは桐乃のお兄さん、そして桐乃はわたしの掛け替えのない親友、大親友と言ってもいい。

わたしは……桐乃がお兄さんのことを………………好きだって知っている。

「おはよーあやせ、さっ、ガッコ行こ。もうさーあやせが隣に引越してくるなんて、あたし想像もしてなかった
 よ。いつもあやせには遠回りして迎えに来てもらって……いままでほんとにありがとね」

「もうー桐乃ったら、そんなこと無いって。ぜんぜん遠回りなんて事ないよー」

「でもでも、これからはあやせとお隣さんになったから……いままでほんと申し訳ないと思ってたんだ~」

わたしが以前住んでいた地区は、古くからある住宅街で、今回の道路拡張工事計画が持ち挙がったとき、わたし
の家も立退きの対象になってしまったの。桐乃の家の隣に越してきたのは、わたしが来年春には中学校を卒業す
ることも理由のひとつだったの。

「でも、あやせ良かったよね~、もし遠くに引越して転校なんて事になったら大変だったよね~」

「うん、それはあるね。たまたま桐乃の家の隣が空いてたから、わたしとしてもほんとよかったよ」

「あ、そうそうあやせ、お母さんがね、今日ねガッコ終わったら、あたしとあやせとお母さんだけで、女だけの
 一寸したティーパーティーをしましょうって!、どうする?」

「えー本当?桐乃のおかあさんが~?じゃあじゃあ、ぜひお願いしますって帰ったら伝えておいてよ」

「うん、わかった伝えておく」

桐乃のお母さんが、わたしのためにティーパーティーを開いてくれるなんて……桐乃のおかあさんて、なんてや
さしいのだろう、でも、お兄さんは参加してくれないのかしら?――女だけのティーパーティーか……


209 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[sage] 投稿日:2011/01/05(水) 23:26:20.61 ID:8XPEUFw0 [3/4]
――登校するとき桐乃の言った通り、学校が終わって家に帰ると、桐乃のおかあさんがティーパーティーを  開いてくれたの。お茶とケーキを揃えてくれて……あとは女同士だから、お喋りさえあればね。

「ほんと、あやせちゃんがお隣に越して来てくれて……桐乃も大喜びなのよ~」

「もう、あかあさんたら~あやせの前で恥ずかしいじゃん」

「いえいえ、おば様、わたしこそ桐乃の近くに越してこれて、嬉しくってしょうがないんですから~」

「ありがとっ。それにしても、あやせちゃんてほんときれいな髪してるわよね~。それにくらべて、うちの桐乃
 ったら……」

「おかあさん!、あやせに黒髪ロングが似合うように、あたしにはこの色が似合ってんの!!」

なんかこういうのっていいな~って思った。今までは家に帰っても、お父さんは帰りが遅いし、お母さんも忙し
いから……こんなにお喋りする事なんてなかったもんな~。――楽しい時間はあっという間に過ぎてしまう。

「ねぇ、あやせちゃん、これからはお隣同士なんだから、ちょくちょくこういったパーティーしましょうよ」

「わ~、おば様いいんですか?」

「あやせちゃん、いいに決まっ……」

「お袋!、あと桐乃!、いつまで俺の部屋でくっちゃべってんだよ!……窓開けっ放しだと寒みぃーんだよ!」

「京介、なに急に怒り出して……せっかくティーパーティーしてるのに……変な子ね~」

「あやせもあやせだよ!!……なんでお前は自分の部屋に居んだよ!なんでみんな部屋に居んのに防寒服を
 着てなきゃなんねーんだよ!……おい!桐乃!しれっとして、俺の電気ストーブ持ってくなよ!」

「だって、寒いんだもん!」

「あ!、お袋!、あんたが今、頭から被ろうとしてんのは俺の布団じゃねーか!」

「そうは言うけど、京介の部屋には電気ストーブしか無いじゃない、電気ストーブは桐乃が抱え込んじゃって
 るし……おかあさんだって仕方なくよ」

「ふふ、お兄さん?、せっかくお隣同士になったんですから、そんなに怒らなくても良いじゃないですか~」

「あやせ!、お前の着てるのは毛皮か?毛皮なんだな?……だからそんな悠長な事を言ってられんだよ!」

わたしは新垣あやせ、大好きなお兄さんの家の隣に越してきたの……これからはいつでもお兄さんに会える。
でもでも、お兄さん?あんまり怒ると、お兄さんがわたしにキスした事……桐乃とおば様に話しちゃいますよ?

ここに越して来て本当に良かった。わたしとお兄さんの新しい生活が、いま始まろうとしているから。――

(完)
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。