無題:6スレ目266 > 小ネタ


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

266 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[sage] 投稿日:2011/01/06(木) 17:27:52.13 ID:AjY.wM.0 [4/8]
カタカタ……カタカタ……

夜通しキーボードを叩いていた桐乃が、ふと窓の外に視線をやると、空はもう白み始めていた。

「結局また徹夜しちゃったか…寝不足は美容の大敵なのに…」

「でも、おかげでようやく力作SSが書き上がったし~♪これってかなりの傑作よね!」

「眠いけど……製速に投下してから寝なくちゃ……皆に早く読んでもらいたいし。
 皆もきっと楽しみにしてるから」

桐乃は眠い目を擦りながら、途切れそうな意識を必死に繋ぎ止め、専ブラを起動し、
いつものSSスレを開く――

「『こんな時間ですが、ようやく完成したので投下します』っと…」

桐乃は、3日がかりで書き上げた自信作を、少しずつレス分けして投下していく。

「なんか…巣だっていく我が子を見送る親鳥の気分みたい…ってヤダ、あたし何いってんだろ」


267 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[sage] 投稿日:2011/01/06(木) 17:28:35.04 ID:AjY.wM.0 [5/8]
カチカチ……カタカタ……

「ふぅ、これで全部投下できたかな」

肩の荷が下りたような気がして、桐乃は大きく息を吐いた。
この3日間、悩み苦しみ、キーボードと格闘したつらさは跡形もなく消え去り、代わりに大きな達成感を得ていた。

「『以上です。読んでくれてありがとうでした』っと。」

「やった~~!終わった~~!」

「今回はホント疲れたわ……すべてを投げうって執筆に費やしたって感じ……」

「お金が貰える訳でもないのになんでこんな苦労をしてSS書いてるんだろう……」

「って、やっぱりスレの皆に楽しんでもらいたいからかな」

「皆の感想レスを読んだら、疲れなんて吹き飛ぶもんね」

「どれどれ……リロードっと」

更新ボタンを押し、画面が読み直される。だが、最終レスとして表示されたのは、さっき書き込んだ自分のレスだった。
いまの時刻は午前6時。当然こんな時間にレスなどつくはずもない。

「そりゃそうだよね~。一眠りして、お昼頃にまた覗いてみよっと」

桐乃は目覚ましを12時にセットし、ベッドへと潜り込むと、あっという間に眠りについた。

268 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[sage] 投稿日:2011/01/06(木) 17:29:31.59 ID:AjY.wM.0 [6/8]
午前9時――


桐乃はベッドを抜け出すと、再びパソコンの前に座った。

「……スレの反応が楽しみすぎて、もう目が覚めちゃった……」

「み、みんな、もう読んでくれたかな……?ああん、もうっ、なんかドキドキするぅ~~!」バタバタ

「リロードっと……ま、待った!」

「深呼吸して落ち着いてっと……ふぅ」

「よ、よし!今度こそリロードっと……えいっ!」ポチ

期待と不安、心地よい緊張を交え、桐乃はモニターを覗き込む。

だがそこに映し出されたのは、“7時”に投下された長編マスケラSSに対する
感想レスの並びだった――



「えっ?」



つづく?
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。