無題:6スレ目772


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

772 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[] 投稿日:2011/01/13(木) 17:18:31.99 ID:lKctX2S10 [2/11]
「なあ高坂、今日うちのクラスに転校生が来るらしいぜ。しかも女だ!」
「へぇ……」

俺が教室の机に座るなり、赤城が興奮してまくし立てた。こんな時期に転校って
親の転勤とかなのかね……どんな奴なんだろうな。そんな事を考えている内に、
担任が転校生とおぼしき女子高生を連れて教室に入ってきた。

「あー今日からこのクラスに加わる春日恭子さんだ、みんな仲良くするように」

その娘を見るや、クラスの野郎共がざわめき出した。俺も目を見張った。

肩までかかったサラサラの艶やかな黒髪、透き通った大きな眼、
筋の通った鼻、薄く引き締まった薄桃色の唇……
その美少女は見た者を引き付けずにはおれない魅力を放っていた。

「春日恭子です、皆さん今日からよろしくお願いします」


授業の合間はクラスメートが引っ切り無しに彼女の机に押しかけて、
人間サークルと化していた。

「俺は西村博之。よろしくな!」
「俺、佐藤裕也(`ェ´)ピャー」
「ちょっと男子ばかり話してないで、あたしらとも話させてよ!」

そして今日の授業が終わる頃、転校生はすっかりクラスに馴染んでいた。
どうも、社交的な性格らしい。俺も少しだけ会話したがノリがよく、
快活で爽やかな印象を受けた。

「京ちゃん、春日さんいい感じの人だね~」
「ああ、本当にな。じゃあまた明日」

麻奈実と別れてしばらくすると、前方に件の彼女が立ち往生しているのが
見えた。……何やってんだ?


773 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[] 投稿日:2011/01/13(木) 17:19:01.20 ID:lKctX2S10 [3/11]
「よう春日、どうした?こんなところに突っ立って」
「あ、高坂君……私の家の住所が分かんなくなって」

つまり、引っ越し先の場所を忘れちまったのか。聞くと偶然にも我が家の
近所らしい。こっちに来たばかりだから分からないのも仕方ないよな。

「俺ん家の近くみたいだからさ、案内しようか?」
「本当?ありがとう、助かる!」

春日から聞いた住所に行ってみると、高坂家から5分とかからない距離だった。
近いなオイ。

「さて着いた。もう迷うなよ、じゃあこれで」
「あ、待って高坂君。不安だから、しばらくの間一緒に学校へ
行ってくれない?また迷うのも嫌だから」
「え?ああ……別にいいけど」

春日が慣れるまで、高校への行き帰りは一緒に登下校することになった。


さて今日も授業が終わり、春日と帰るわけだが、話してて楽しい。心底楽しい。
何時間でも会話したくなる。見た目もいいし、性格もよいとなると、こりゃあ
男が放っておかないだろうな。

「田村さんって、和菓子作れるの!?すごいね」
「そんな~たいしたことないよ」

途中まで帰り道が一緒ということもあって麻奈実もいるのだが、春日と話が
弾んでいる。クラスの女性陣も、休憩中は彼女の机に集まって会話に花を
咲かせていた。どうやら、同性にも好かれるタイプみたいだな。

「じゃあ二人とも、またね~」
「おう」
「うん、また明日ね」

俺の妹様も、こんだけ可愛いげがあればいいんだがな……


774 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[] 投稿日:2011/01/13(木) 17:19:33.50 ID:lKctX2S10 [4/11]
「くしゅん!」
「風邪引いた?桐乃」
「分かんない、誰か噂してんのかな。それよりもさ、あそこの店で――」

今日は部活が無い事もあって、アタシはあやせとおしゃべりしながら
道を歩いてた。やっぱ、早く帰れるっていいわよね~

「へぇ、そうなんだ。ん?あれ、お兄さん?」
「えっ兄貴?どこに」
「ほらあそこに、女性と一緒……ええっ女連れ!?」
「なっ……!」

アタシは驚愕した。だってあの兄貴が、あの地味で冴えないカッパ頭がよ!?
あんな美人と連れだって楽しく会話とか、そんな事有り得ないっての!
はっ、ダメダメ。こんな狼狽してるところをあやせに見られたら、マズイ。
兄貴への好意に感づかれちゃうじゃん……あれ、あやせ?何か様子がおかしいような。

「あやせ、どうしたの?真っ青になって」
「ううん、何でもないよ。桐乃も表情硬いよ?」
「や、やだなあ。気のせいだよ」
「そ……そうよね、何かの間違いよね。あのお兄さんが」
「えっ」
「ん?」

「……」

「か、帰ろっか」
「う、うん」



「どうしたの、高坂君。さっきから様子が変だよ?」
「ああ、何か寒気というか殺気がさ……」
「あはは何それ、ウケる。ところでさ明日――」


775 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[] 投稿日:2011/01/13(木) 17:20:50.74 ID:lKctX2S10 [5/11]
「お袋、今日渋谷に出かけるから昼飯いらねえ」
「……!」
「わかったわ。ん、どうしたの桐乃?」
「べ、別に」
「じゃあ行ってくる」

玄関のドアを閉めて、俺は上着のポケットに手を突っ込みながら、
待ち合わせ場所である春日の家に向かった。

「さっみい……」

5分ほど歩くと、春日の家が見えてきた。門の横にあるインターホンを鳴らし、
春日が出てくるのを待つ。しばらくすると、玄関からさわやかな笑顔を浮かべつつ、
彼女が姿を現した。やっぱ、美人だな。

「おはよう高坂君」
「ああ、それじゃ行こうぜ」

――――
―――
――

俺は電車に揺られながら、昨日の春日が言った相談を思い返していた。
それに応える為に渋谷まで行くことになったわけだが――

「まあ、仕方ないよな……」
「なにが仕方ないの?」
「いや独り言だ、気にすんな」







776 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[] 投稿日:2011/01/13(木) 17:21:20.18 ID:lKctX2S10 [6/11]
「渋谷に来たわ……!」

兄貴を尾行して、ここまでたどり着いた。チッ、完璧なデートじゃんこれ。
身近にアタシという完璧な美少女がいながら、他の女に目移りするなんて……
信じらんない。こうなったら、どんな女か暴いてやろうじゃないの。

「動き出したわね、よし行……」
「あれ、桐乃?」
「えっ」

声のする方に顔を向けると、あやせがそこに立っていた。

「あやせ!?」
「わあ~偶然だね、渋谷で会うなんて!」
「そ、そうだね」

あああ、マズイ。兄貴が行っちゃう!

「さっきから何を気にして……あ」

バレた!?

「ねえ桐乃、あそこを歩いてるのお兄さんだよね。女の人と一緒に」
「そ、そう。あの馬鹿兄貴が変な事しないか心配でさ。
あの人が襲われそうになったら叩きのめそうと思って」

「……」

ち、ちょっと苦しい言い訳だったかな

「……桐乃、私も手伝うよ」
「え」
「あのド変態のお兄さんが、あの人に変な事しでかしたら即刻通報するから……!」

良かった、うまく誤魔化せたみたい。それにしても、あやせの迫力が半端ない。
怒りのオーラが見えそう。


777 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[] 投稿日:2011/01/13(木) 17:21:47.28 ID:lKctX2S10 [7/11]
「あら……何か邪悪な気を感じるわね」

この声は――

「ア、アンタ糞猫!何でここにいんの!?」
「この渋谷に、漆黒の波動が満ちているのを感じたの。来るべき戦に備えて、
気を蓄えておこうと思ってね……あら、そちらは」

あやせの事?そういや、あまり面識なかったわよね。

「桐乃の親友の新垣あやせです」
「そういえば、以前少しだけ会ったわね。私は黒猫……よろしく。
ところであなた達、何をしているの?」

――――
―――
――

「……ってわけ」
「面白いじゃない。私も付いていこうかしら」
「アンタも来んの!?」
「勘違いしないで頂戴。負の気を我が身に吸収し、内に秘めて――」
「はいはい、邪気眼乙。まあいいわ。アイツら見失うから、早く行くわよ!」

急いで追跡すると、二人が店に入り何かを覗き込んでいるのが見えた。何やってんだろ?
どうやら兄貴とあの女はアクセサリーショップで、品物を色々見比べているようだった。
アタシにはあんな楽しそうな顔したことない癖に……!イラつく。

「あんの糞兄貴、ヘラヘラと……!」
「あ、見て桐乃!女の人がお兄さんにペンダントを付けてる」
「成る程、あれを以って主従の証とするわけね」

あの女は気に入ったのか、懐から財布を取り出してお金を確認し始めた。
それにしても糞兄貴。あんなにベッタリと寄り添うなっての、キモい。


778 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[] 投稿日:2011/01/13(木) 17:22:19.19 ID:lKctX2S10 [8/11]
「女の人が買った!お兄さんにプレゼント!?」
「貢がせようってワケ?いい根性してるわ」
「移動した。早く追うよ桐乃!」

あたし達は、二人を追って小さな公園までたどり着いた。
もう夕暮れになっており、辺りは人気が少ない。

「あ、ベンチに座った」
「話し込んでいるようね」
「ちょっと糞猫、見えないから少しどきなさいよ」

アタシ達は二人の動向を観察し続けた。数分ほど会話していたかと思うと、
急にあの女が目に手を当て始めた。

「……泣いているのかしら。何を言ったの、あの大馬鹿は」
「あっ、お兄さんがあの人に顔を近づけてる!」
「キ、キスしようっての!?もう我慢できない、アンタら行くわよ!」
「待ってよ、桐乃!」
「クッ、止むを得ないわね……!」

あたしは風を切って、自慢の俊足で駆け出した。
二人とも顔が近いってーの!離れなさいよ、馬鹿!

「くらえ糞兄貴!」
「ぬごぉっ!?」

決まった!あたしのフライングニードロップ!!

「こ、高坂君。大丈夫!?」
「ってぇ……き、桐乃?黒猫にあやせまで。お前ら何でここにいんだよ!?」

兄貴をその女に取られない為に決まってんでしょーが!あとの二人は知らないけど。

「アンタがこの人に、変な事しないように見張ってたのよ。悪い?」
「お兄さん、セクハラしようとしてたでしょ。しかも泣かせるなんて最低!通報しますよ!!」
「ふ……この私の下僕でありながら、主人をくら替えしようなんていい度胸してるじゃない」


779 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[] 投稿日:2011/01/13(木) 17:22:48.26 ID:lKctX2S10 [9/11]
背中が痛え……桐乃の野郎、容赦なさすぎんだろ!
春日と話してただけで、散々な言われようだ。

「お前ら何か言ってることがおかしいぞ」
「高坂君、もしかして私たち誤解されてるんじゃないの?」

――――
―――
――

「泣いてるように見えたのは、目にゴミが入ったって事?」
「ああ、それで俺が何処にあるか見ようと思ったらお前がだな……」
「フ、フン!それにしてもアンタ、この人にペンダント買って貰ってたじゃん。
兄貴の癖にいっちょ前に貢がせようだなんて、キモッ」

それを聞いていた春日が、会話に割って入って来た。

「ああ、それは地元にいる私の彼氏へのプレゼント。
高坂君に良さそうなのを見繕ってもらったの」
「え……彼氏いるんですか?」
「そうよ。彼を向こうに残して来たから只今、遠距離恋愛真っ最中」

まあ、仕方ない。俺も薄々は感じていたが……こんだけ美人で性格も良けりゃ、
彼氏はいるよな普通。昨日、春日からそれを聞かされて軽く凹んだのは内緒だ。

「へ、へぇ~」
「そっか……ホッ」
「フン、どうやら天使共が私を陥れようとした罠だったみたいね」

何で微妙に喜んでんだ?こいつら。さっきまであんなに怒ってたのに。


780 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[] 投稿日:2011/01/13(木) 17:23:24.66 ID:lKctX2S10 [10/11]
「と、ところで良い香水使ってますね。どこのですか?」
「え?ああ、これは……」
「すごい美人ですね。アタシこれでも読モなんですけど、劣等感感じちゃうな~」
「男を誘惑する術が豊富なようね、あなた。なかなか見所があるわ。
どうかしら、我が軍に加勢して聖戦に……」

あいつら何で急に仲良くなってんだ、態度もさっきと全然違うし。
俺をのけ者にして、何か盛り上がっちゃって。
さっきの会話で、あの三人に何が起こったんだよ。

「アハハ」
「それでね~」
「嘘~」



「……女はよく分からん」



終わり
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。