無題:8スレ目54


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

54 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[sage] 投稿日:2011/03/03(木) 23:22:26.71 ID:RA85mHvdo [10/11]
あの夏の日、私は先輩に告白した。
そのこと自体は後悔はしていないわ。だって、私が選んだ道だもの。
もちろん、先輩のことだから、色々とやきもきさせられることも覚悟をしていたわ。
ただ、その覚悟はまだまだ足りなかったみたい。こうして、あの人から離れた今だからわかることだけれど……。


告白してから数日後、先輩は了承の意を示してくれた。
今だから言えるけれど、その時の私はすごく舞い上がっていた。
それを悟られないよう必死で誤魔化そうとしたけれど、無理だったわ。だって、あの人の顔が赤かったもの。私の反応を見た結果ね。
それからしばらくは、幸せだったと思う。
恋仲になったことをあの子や沙織に伝えた時、沙織は自分のことのように喜んでくれたし、あの子も何だかんだで祝ってくれたわ。
心の奥底では納得していないだろうけれど、理解してくれようと努めてくれた。
大好きなお兄さんを取られるかも知れないなんて思いながらね。本当、私には過ぎた友人だわ。


それから、先輩は私に時間を割いてくれるようになった。どんなに短い時間でも、一緒にいてくれるようになった。
それが嬉しくて、舞い上がっていたけれど……でも、わかるのよ。
あの人が優しい言葉を掛けてくれても、心のどこかであの子のことを気にかけているのが。
2人きりで出かけても、唇を重ねても、先輩の中からあの子の影は消えなかった。
最初の内は、「それも仕方が無い」と割り切っていたけれど、次第にそれが我慢できなくなってきたわ。
初めて肌を重ねたときは、痛さと幸福感、肌から伝わってくる熱で誤魔化せたけれど、回数が増していくごとに、温もりを感じられなくなった。
どんなに求めても、浅ましいくらいに貪り合っても、どんどん冷たさが増していった。
それは先輩が悪いわけじゃない。私の……私の中の醜い嫉妬心のせい。
楔を打ち込めば、枠組みに当て嵌めれば、先輩の心の中に私が棲めると思った。それは、とても浅はかだったと言わざるを得ないわ。
先輩とあの子は、とてもとても深いところで繋がっている。互いに、なくてはならない存在だった。
そんなこと、わかっているつもりだった。そう、"つもり"だっただけ。

自分の中の醜いものに気付いた私は、それを隠そうと必死だった。嫌われたくなかったもの。先輩にも。あの子にも。
それで無理がたたったのでしょうね。ある日、学校の中で倒れてしまったのよ。
目が覚めると、保健室のベッドの上だった。その隣には先輩がいて、私の手を握ってくれていた。
それは嬉しいことなのだけれど、私はそれ以上に恐怖を感じた。先輩の手から……ちっとも温もりを感じなかったから。
冷たい、冷た過ぎるくらいの手。常識で考えればありえないことだけれど、まるで死人に手を握られているようだった。
その時に気付いたわ。ああ、私はもう、"先輩のことを諦めてしまっている"って。
だから、私は言ったわ。「別れましょう」って。

はっきりと言えたことに、私は驚いた。こんなにあっさりと、つらい言葉を吐けるなんて。
きっと、どこかで割り切っていたのね。今ならそう思える。
先輩は食い下がってきたわ。何故?どうして?俺が悪いのか?……それはそうよね。突然、別れを切り出されたら取り乱すものだわ。
こんな時でも、先輩は優しかった。自分に非があると思って、治す努力をすると言ってくれた。
違う。違うのよ、先輩。私が悪いの。私の浅はかさと、醜い心が悪いの。
でも、そんなこと言えない。言えるわけがない。私はただ、首を振ることしか出来なかった。
そんな自分が情けなくて、惨めで、涙が溢れてきた。顔をぐしゃぐしゃにしながら、私は首を振り続けた。
そんな私を、先輩は慰めようとしてくれたわ。でも、その優しさも、私が泣いたことで誘導したような気がして、惨めに思えて、差し出してくれた手を払い除けてしまった。
私はただ俯いて、泣き続けた。その内、先輩は席を立ってしまった。
呆れたのかしら?付き合ってられなくなったのかしら?きっと、どちらでもないわね。だって、あの人は超が付くくらいのお人好しでお節介焼きだから。


それから日を空けて、私は再度別れを切り出した。
理由も言わず、私の我侭で別れを選んだ。いくら罵倒されても仕方ないと思っていた。
でも、先輩は何も言わなかった。それが有り難くて、私はまた泣いた。


今でこそこうして冷静に振り返れているのは、私の中で一応の決着が着いたからだと思う。
あの子や沙織も、何も聞いてこなかった。だから、今でも笑って傍に居られる。
それが、とても嬉しい。

でも、今でも思うのよ。
奪う気などなかったけれど、願ってはいた。
"どうせ愛せるのなら、完璧に"、と……。



おわり
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。