シロッコ「私の妹がこんなに可愛いわけがない」


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

1:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/12 /17(金) 19:41:39.83 ID:aNI0gf2f0
桐乃「ちょっと、人生相談があるんだけど……」

シロッコ「ほぉ、やっと私のことを頼り始めたか。可愛い奴め」

桐乃「は、はぁ。何いってんのよ、このスケコマシ!」

シロッコ「強がらなくていい。君は癒しの場所が欲しいだけなのだろう、私にはわかる」

桐乃「そ、そんな訳ないでしょ……! いい加減なこと言うじゃないわよ!」

シロッコ「私に人生相談しようと考えた、君の判断は実に正しい。
      君の野望を叶えられるのは私だけだ。これからもそれだけは覚えておいてくれ」


14:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/12 /17(金) 20:03:25.33 ID:aNI0gf2f0
シロッコ「なるほど、エロゲーかい」

桐乃「それだけじゃないわ。メルルとかこういう系の
    DVDいっぱい持ってるのよ」

シロッコ「ほぉ」

桐乃「……。このことについてどう思う。
   やっぱりアンタ、私のことオタクでキモイとか思ってる!?」

シロッコ「フフフ。あまり私を見くびらないでもらいたいな」

桐乃「え?」

シロッコ「オタク趣味で気持ちが悪い。それは俗人の考え方だ」



19:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/12 /17(金) 20:18:01.67 ID:aNI0gf2f0
シロッコ「むしろ私は、私の妹である君がこのような
     趣味を持っていたことに敬意を表したいくらいだ」

桐乃「ど、どういうことよ……?」

シロッコ「私は、今の時代を支配するのは女だと思っている。
     君の行動はそれを見越して、仮想世界の女性を
     携えているのではないのか。そう、
     いつか君がその支配者になるであろう時に備えて」

桐乃「べ、別にそんなつもりじゃないけど……。アンタ、
   私のこの趣味のことおかしいと思わないの。本当に?」



20:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/12 /17(金) 20:28:22.07 ID:aNI0gf2f0
シロッコ「無論だ」

桐乃「信じらんない……。心の中じゃ笑ってるんじゃないの?」

シロッコ「くどいな。血判でも欲しいか?」

桐乃「血判?」

シロッコ「いいだろう。私、パプテマス・シロッコは我が妹のオタク趣味
     に対し、何一つやましい心を抱かんことをここに約束する。
     もし違約した場合は、君に私の命を差し上げよう。これで満足か?」

桐乃「……う、わ、わかったわよ。そこまでするのなら信じてあげるわよ!///」

シロッコ「ありがたきお言葉」



27:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/12 /17(金) 20:57:04.94 ID:aNI0gf2f0
シロッコ「しかし、人生相談と言うほどだ。これだけではないのだろう?」

桐乃「……」

シロッコ「無理に今話せとは言わん。話したくなったときに
     いつでも私を呼んでくれ」

桐乃「……いないの」

シロッコ「よく聞こえなかったな」

桐乃「この趣味について一緒に話せる友達がいないの!」



28:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/12 /17(金) 21:08:53.69 ID:aNI0gf2f0
桐乃「友達には私がこんなアニメとかゲームやってること
   隠しているから……。話せない」

シロッコ「フフフ。隠すということは少なからず疚しいことを
     しているという自覚がある訳なのか」

桐乃「うるさい! 仕方ないじゃない、あんたみたいに
   物分りいい人ばかりじゃないんだから、あやせたちに
   こんな趣味ばれたら絶対軽蔑されるし……」

シロッコ「しかし、語りたいか」

桐乃「悪い!?」

シロッコ「とんでもない。やはり世の中を動かしていくには
     同志というものが必要になってくる。正しいものの考え方だろう」

桐乃「でも、どうすれば」

シロッコ「簡単なことだ。ないものは作ればいい。少し待っていろ。
     私に良い当てがある」



34:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/12 /17(金) 21:18:07.60 ID:aNI0gf2f0
シロッコ「よし、事態は整った。あとは簡単だ」

桐乃「ちょっと。なんなのよ勝手になんかすすめちゃって。
    ちゃんと説明しなさいよ。当てって何なわけ!?」

シロッコ「待てばわかる」


ピンポ~ン

シロッコ「どうやら、来たようだな」

桐乃「来たって……誰が?」

シロッコ「構わん。入って来い」

ガチャ

ヤザン「……」




41:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/12 /17(金) 21:33:14.45 ID:aNI0gf2f0
桐乃「な、なんなのよ、コイツ……」

ヤザン「コイツだとォ?」ギロ

桐乃「うっ」ビク

ヤザン「チッ」

シロッコ「ヤザン、ご足労だったな」

ヤザン「いきなり呼びつけて何のようだァ、シロッコ!?」

シロッコ「今日、君を呼んだのは他でもない。
      実は君に紹介したい子がいる」

ヤザン「どこのどいつだ?」

シロッコ「私のすぐ隣にいる」

桐乃「ちょ、ちょっと!」



47:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/12 /17(金) 21:44:09.77 ID:aNI0gf2f0
ヤザン「なんだとォ!? こんな人形紹介するなんざぁ
    シロッコ、ふざけているのかァ!」

桐乃「はぁ? 人形なんかじゃないわよ!」

シロッコ「まぁ、聞け。なにも私とて、無作為に君たちを会わせた訳ではない。
     同じ志を持つ者同士だからこそ、この場に会するに相応しいと思っただけだ。」

ヤザン「同じ志だとォ!?」

シロッコ「ヤザン、確か君は先日の有給休暇に秋葉原へ
     行ったのだったな?」

桐乃「え」

ヤザン「それがどうしたってんだァ」



51:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/12 /17(金) 21:58:33.83 ID:aNI0gf2f0
シロッコ「そこでだ。次秋葉原へ行くときは
     このキリノも連れて行ってくれないか?」

ヤザン「なぜそんなことをせにゃならん!?」

シロッコ「何分、キリノは一度も秋葉原の地に踏み入れたことがない。
     そうだったな?」

桐乃「……そ、そうだけど」

シロッコ「そこでだ、君のような頼りがいのある水先案内人が必要なのだ」

ヤザン「ハンッ。こんな奴、聖地に連れて行ったところで何になる」

シロッコ「ヤザン、言ったはずだ。君たちは同じ志を持つ者だと」

ヤザン「じゃあ、まさかコイツ……」

シロッコ「そうだ。あまりこのような表現は好きではないが、
      俗に言う『オタク』なのだよ。ヤザン、君と同じでな」



53:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/12 /17(金) 22:07:36.27 ID:aNI0gf2f0
ヤザン「……」

桐乃「……」

ヤザン「ハッ。女がオタクなんざ気に入らないんだよ、消えな!」

桐乃「は、はぁ!? なにそれ、男女差別じゃない!
   そういうのマジうざいんだけど! つーか、キモイ!」

ヤザン「ギャンギャン吠えんなよォー! なら、貴様の好きなアニメを言ってみなァ!?」

桐乃「メルルよ。星くずうぃっちメルル!」

ヤザン「メルルだぁ? ヌハッ、魔法少女ごときに熱を上げてるなんざ
    まぁだ子供の間合いだなァ~!」



60:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/12 /17(金) 22:29:29.82 ID:aNI0gf2f0
桐乃「くぅー! アンタ、メルルの魅力が理解できないなんて頭沸いてるんじゃないの!?」

ヤザン「ぬかせ。女が戦場にいるアニメなんざ底が浅いってんだよォ」

桐乃「い、言ったわねぇー! じゃあ、あんたは何が好きなのよ!?」

ヤザン「そんなもん、黒執事が至高に決まってんだろーが」

桐乃「うわー、アンタ男のくせにBL好きな訳? しかも
   よりによってあんな三流アニメ。ドン引きなんだけど」

ヤザン「言いやがったな……? 手篭めにしてやるゥ!!」

シロッコ「もう充分だろ。そろそろこのくらいにしておけ」




74:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/12 /17(金) 23:27:34.22 ID:aNI0gf2f0
シロッコ「どうだ。お互い価値観をぶつけ合った感想は」

桐乃「楽しい訳ないじゃない。こんなわからんちんと話したって」

ヤザン「ハンッ、にわかがほざくなァ」

シロッコ「ヤザンよ。そこで、もう一度君に問う。
      キリノを秋葉原へ連れて行ってくれはしないか?

ヤザン「この後に及んでどういうつもりか!」

シロッコ「何を言う。先程の論争を聞いた後だかろこそのことなのだよ。
      秋葉原こそ二人の雌雄を決するには絶好の場だと思わんか?
      そう、君のBLを愛する気持ちが確固たるものならば、
      この私の頼みを素直に聞き入れてくれるだろうと信じている」

ヤザン「ええぃ……。パプテマス・シロッコ、お前は汚い奴だな!」



75:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/12 /17(金) 23:36:35.51 ID:aNI0gf2f0
シロッコ「引き受けてくれるか」

ヤザン「仮に引き受けたのなら、俺にもその見返りが来ると考えてよいのだな?」

シロッコ「もちろんだ。期待してくれていい」

ヤザン「んじゃあ、仕方ねぇ。今回ばかりだけだからな」

シロッコ「さすが私の見込んだだけのことはある。やはり君を呼んで正解だった」

桐乃「ちょっと、勝手に決めないでよ。私はまだ行くとは言ってないんだけど!」



76:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/12 /17(金) 23:46:55.33 ID:aNI0gf2f0
シロッコ「この機会を逃せば、君は一生メルルの魅力を
      ヤザンに示すことができなくなるだろう。それでもいいのか?」

桐乃「む……」

シロッコ「行けばきっと、良い経験になる。行って来るがいい」

桐乃「……。わかったわよ。わ、私は別に行きたくないけど、
   アンタがそこまで言うなら行ってあげるわよ!」

シロッコ「いい子だ」

ヤザン「ハッ、いちいち可愛くねぇ野郎だ」



81:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/12 /18(土) 00:19:39.04 ID:k6EgRDaz0
その夜

桐乃「ねぇ」

シロッコ「どうした。日程なら、一週間後に決まったはずだが」

桐乃「そうじゃなくって。あのさ……えと。アンタは一緒に秋葉原に行かないの?」

シロッコ「やはり私が一緒に居なければ心細いか?」

桐乃「な、何、勘違いしちゃってるの。私はただあんな
   男と二人きりじゃ、アイツ何しでかすか心配なだけよ! バカ、アホっ!」



83:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/12 /18(土) 00:22:45.11 ID:k6EgRDaz0
シロッコ「覚えておいた方がいい。それを心細いというのだよ」

桐乃「だ、だから違うっつてんでしょ!///」

シロッコ「私はヤザンを信頼している。そうでなければ、大切な妹の身を
      見ず知らずの男にやすやすと委ねる訳がなかろう」

桐乃「……」

シロッコ「とは言っても、無理ないかもしれん。キリノはヤザンと
     今日あったばかりだからな。いいだろう、その日は私も同伴するとしよう」

桐乃「ほ、本当!?」



88:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/12 /18(土) 00:25:48.43 ID:k6EgRDaz0
シロッコ「嘘はつかん。しかし、よく私に本当の気持ちを話してくれた。
      この調子で寂しいと感じたらいつでも私を頼ってくれていい。
      私の胸ならいつでも……」

桐乃「ちょ! な、なれなれしく触るんじゃないわよ、この変態っ!!」
バシッ!!
シロッコ「うっ」

桐乃「もういい、寝る!」
バタン

シロッコ「やれやれ……。決められた役割を演ずるというのは難しいものだな」




115:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/12 /18(土) 15:46:50.98 ID:k6EgRDaz0
当日・秋葉原

桐乃「わぁ~。噂には聞いてたけどやっぱりすごいわー、あは!」

シロッコ「どうだね。赴いたかいがあったろう」

桐乃「うん。ねぇねぇ、早くどっか入ろうよ!」

シロッコ「ならば希望はあるか?」

桐乃「えーとね。あ、そうそう。私、まずとらのあな行ってみたい!」

シロッコ「とらのあなか。初めてにしては良い選択だ。
      そういうことだ、ヤザン。頼む」

ヤザン「わあったよ、案内すりゃいいんだろうが。
     メロンブックスから廻るつもりだったのによォ、ケッ」



117:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/12 /18(土) 16:01:00.69 ID:k6EgRDaz0
ヤザン「着いたぞ。ここだ」

桐乃「大きーい。秋葉のとらのあな、一度行ってみたかったのよねぇ!」

ヤザン「ええぃ、はしゃぐのは中に入ってからにしやがれ」

シロッコ「……ん。何だこのプレッシャーは。何か良くないものが来る?」ピキーン

桐乃「ちょっと、何ブツブツ言ってるのよ。アンタも早く店に入るわよ」

シロッコ「ああ、すまない。今行く」

カミーユ「あの、すみません。ちょっといいですか?」

桐乃「え。なに、私?」



120:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/12 /18(土) 16:14:47.22 ID:k6EgRDaz0
カミーユ「はい。もしかして、あなたモデルの高坂桐乃さんじゃありませんか?」

桐乃「え、あ……そうだけど」

カミーユ「やっぱりそうか。感激だな。僕、あなたの大ファンなんです」

桐乃「そ、そう」

カミーユ「ビックカメラまで部品を調達しに来たかいがあったな。
      あの、よければこの色紙にサインしてもらえませんか」

桐乃「そ、それは……」

シロッコ「そこまでだ少年。桐乃が困惑しているのが君には見えないのか?」

カミーユ「な、なんなんです。あなたは!?」



122:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/12 /18(土) 16:31:31.95 ID:k6EgRDaz0
カミーユ「キリノさんのマネージャーか何かですか?」

シロッコ「そんな生暖かい関係ではない。私は正真正銘キリノの兄だ」

カミーユ「身内だったのか。でも、僕はただ妹さんにサインを
     もらうだけのつもりだったのに、お兄さんまで割って入ってくる
     なんて過保護すぎやしませんか! それが兄のやり方なのかよ!」

シロッコ「フンッ、賢しいガキが……」

カミーユ「もらうものもらったらすぐに立ち去りますので
      それまで干渉しないでください。それで、サインの方お願いできますか?」

桐乃「……べ、別に。いいけどさ」

カミーユ「ありがとうございます」



123:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/12 /18(土) 16:46:53.02 ID:k6EgRDaz0
桐乃「はい。これでいい?」

カミーユ「これ、一生大切にします。そういえば今日は
      キリノさんどうして秋葉原へ?」

桐乃「え。そ、それは……その」

シロッコ「いい加減にしたまえ、少年。貴様は
      用が済んだら消えるのでなかったのか」

カミーユ「性懲りもなくまた来る! 自分以外の男が
      妹に寄り付くのがそんなに嫌だっていうんですか!」



126:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/12 /18(土) 16:50:12.59 ID:k6EgRDaz0
シロッコ「貴様はもう消えていい!」

カミーユ「身勝手な兄のわがままで妹を殺すこともある
      ってこと、覚えておいてください!
      それでは、キリノさん失礼します」

タッタッタ

桐乃「……」

シロッコ「気にするな。あらぬ邪魔が入ったが、
      こういうことも多々あるものだ」



129:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/12 /18(土) 17:16:06.44 ID:k6EgRDaz0
店内

桐乃「うはー。エロゲといい、DVDといいすごい品揃えじゃない。
    まさかここまでだとは思わなかったわ!」

シロッコ「気に入ってもらえて私も嬉しい」

桐乃「あ、これ買い。あれも。それも!」

ヤザン「だぁー。どうでもいいが、とっとと終わらせて
     同人コーナーに行くんだよォ」

桐乃「うるさいわね。アンタも少しはエロゲやギャルゲ
    やってみたらいいじゃないの」

ヤザン「断るゥ!」



130:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/12 /18(土) 17:30:22.26 ID:k6EgRDaz0
同人コーナー

ヤザン「ヌハッ。いいねぇー、やはりBLコーナーは活気が違う」

桐乃「うげぇー……」

ヤザン「この同人誌のわんこ、たまんねぇなァ、おい!」

桐乃「理解できないわー」

ヤザン「んん~。そりゃ、ケツの穴小せぇガキの女にはわからんだろうよォ」

シロッコ「やはり、お互い譲らんか。フフッ、面白い。なら」



133:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/12 /18(土) 17:38:27.36 ID:k6EgRDaz0
桐乃「大漁大漁。今日だけで随分遣っちゃったわー。でも、悔いなし!」

ヤザン「ヌハハ、俺の方もとんだ大物が引っかかったもんだぜ」

シロッコ「ヤザン」

ヤザン「なんだ」

シロッコ「今日君が購入した中で一番、気に召している
     同人誌をキリノに見せてやってくれないか?」

ヤザン「正気か!?」



135:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/12 /18(土) 17:47:38.72 ID:k6EgRDaz0
シロッコ「やはり魅力を訴えるには直に作品を
     見せた方がいいだろう」

ヤザン「……。いいだろう。汚すなよ」

桐乃「い、いらない。こんな不潔そうなの別に見たくないし」

ヤザン「あぁん!?」

シロッコ「キリノよ。いつまでも頑なに拒んでいては
     新境地に踏み出すことなど絶望的だ」

桐乃「……。わ、わかったわよ。ちょっとだけなら読んであげる」



136:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/12 /18(土) 17:53:29.98 ID:k6EgRDaz0
シロッコ「フフッ。それでこそキリノだ」

ヤザン「ほらよ。いいか、絶対に汚すなよ!?」

桐乃「……」

ヤザン「なんだ。怖いのかァ?」

桐乃「は、はぁ。そんな訳ないじゃない。
    こんな薄い本ごときで! フン、どうせ
    1分もしない間に飽きちゃうんだろうけどね!」

ヤザン「いいから、減らず口叩いてねぇでとっとと読みやがれってんだよォ!」



138:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/12 /18(土) 18:03:46.00 ID:k6EgRDaz0




桐乃「こ、これは……ゴクリ」

シロッコ「見たまえ、ヤザン。キリノはあの本に引き込まれているようだ」

ヤザン「ヌハッ、当たり前だろうがぁ。よぉし、ビビってるようだから
     少し喝を入れてやるかァ」

桐乃「え、えぇー。こんなことまでしちゃうの……///」

ヤザン「縮んどるぞぉ、まだ本番前だ! しっかりせぇい!」

桐乃「ひっ。わ、わかってるわよ。今、読んでる途中なんだから
    驚かせるんじゃないわよ!」

シロッコ「フフフ。この流れ、悪くない」



144:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/12 /18(土) 18:42:28.58 ID:k6EgRDaz0
桐乃「……ふぅ。やっと読み終わった」

シロッコ「新境地に踏み出した気分はどうだ?」

桐乃「べ、別に特に面白いわけじゃなかったけどさ。
   まぁ、及第点くらいはあげてもいいかな」

ヤザン「言うに事欠きやがって。素直に最高だったと言いやがれ」

シロッコ「目くじらを立てることはない。今の表現はキリノからすれば
     立派といって良いほどの褒め言葉なのだからな」



146:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/12 /18(土) 18:45:01.58 ID:k6EgRDaz0
ヤザン「ホォー」

桐乃「バカ! 褒めてなんかないわよ!」

ヤザン「どうやらやっと貴様もこちらの世界に味を占めたようだなァ?
     いいだろう。俺がもっといいところへ連れて行ってやる」

桐乃「いいところ? どこよそれ?」

ヤザン「それは着いてからのお楽しみってなァ」



148:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/12 /18(土) 18:50:45.79 ID:k6EgRDaz0
ヤザン「ここだ」

桐乃「何よここ。メイド喫茶?」

ヤザン「そんなつまらんところと一緒にすんな。
     いいから着いて来い」

桐乃「なんなのよ、もぉ」

ガチャ カランカラン

ダンケル「お帰りなさいませ、お嬢様」

ラムサス「お帰りなさいませ、旦那様」

桐乃「ちょ、ちょっと。ここってもしかして……」

ヤザン「そういうこったァ!」



150:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/12 /18(土) 19:02:59.11 ID:k6EgRDaz0
ラムサス「これはヤザン隊長。また俺たちの執事喫茶に
      いらしてくれるとは光栄であります」

ヤザン「バカヤロウ。ここで俺のことはそう呼ばないだろォ!」

ラムサス「失礼しました、旦那様」

ヤザン「そうだ、ラムサス。それでいいんだ、ヌハハハハ。
     いいかお前ら、今日は俺より特にこの女をもてなしてやれ」

桐乃「え……?」



151:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/12 /18(土) 19:05:59.02 ID:k6EgRDaz0
ラムサス「了解です」

ダンケル「さぁ、こちらへどうぞ。お嬢様」

桐乃「ちょ、ちょっと、お嬢様って……。やめなさいよ、恥ずかしいわね!///」

ダンケル「それは失礼いたしました。では、どのようにお呼びすればよろしいですか?」

桐乃「……。ああ、もお! 面倒くさいからお嬢様でいいわよ!」

ラムサス「かしこまりました、お嬢様」



152:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/12 /18(土) 19:15:58.98 ID:k6EgRDaz0
ダンケル「それでは、ただいまお飲み物をお持ちいたしますので
      少々お待ちください、お嬢様」

ラムサス「他に何かありましたら何なりとお申し付けください、お嬢様」

桐乃「うぅー、なんたって私がこんなところに……///」

シロッコ「その割にはまんざらでもないような顔をしているな」

桐乃「ち、ちがっ。そんな顔してないっ!」



154:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/12 /18(土) 19:18:08.52 ID:k6EgRDaz0
ヤザン「どうやら少しはこちらの世界の良さがわかったようだなァ」

桐乃「……うん。本当にちょっとだけど、わかった気がする」

ヤザン「ヌハハ、初めから素直に認めておけばいいものォ!」

シロッコ「さて、次はヤザン。君の番だな」

ヤザン「あん?」



159:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/12 /18(土) 19:34:44.24 ID:k6EgRDaz0
シロッコ「キリノが君の趣味を認めた以上、君も
      キリノの趣味の理解に努めるべきだと思わんか?」

桐乃「そうよ。メルル見てみなさいよ」

ヤザン「ええぃ、骨のない幼女が戦うアニメなど誰が見るものかァ!」

桐乃「いいから、騙されたと思ってやってみなさいよ。
    ほら、ちゃんと今日ノーパもDVDも持ってきたんだから」

ヤザン「いやに準備がいいときやがる。どいつの差し金だァ?」

シロッコ「フフッ……」



160:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/12 /18(土) 19:44:21.52 ID:k6EgRDaz0
桐乃「はーい。注目! メルルの始まり始まり~」

チャチャラチャー
『星くずうぃっちメルルー!』

ヤザン「チッ。くだらん」

視聴から5分

ヤザン「ん……。まぁ、少しは骨がありそうだが」

視聴から10分

ヤザン「幼女の変身シーンだとォ!? ええぃ幻覚などに俺が騙されるものかァァ!」

視聴から15分

ヤザン「こ、こいつはなんだァー……!?」

視聴終了

ヤザン「……」

桐乃「どうだった、メルルは?」

ヤザン「このアニメ、俺の弱点を知ってるというのか……!」




165:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/12 /18(土) 20:03:22.64 ID:k6EgRDaz0
桐乃「言っておくけど、今アンタが見たのはほんの初めの一話よ」

ヤザン「なにぃ?」

桐乃「話が進むにつれてどんどん熱くて可愛い展開が繰り広げられるわ」

ヤザン「頼みがある」

桐乃「何よ、いきなり?」

ヤザン「一期だけでいい。メルルのDVDを全巻、貸してくれ!」



166:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/12 /18(土) 20:05:15.32 ID:k6EgRDaz0
桐乃「え、まいったわねぇ。私は全然構わないんだけど
    今、一巻しか持って来てないのよ」

ヤザン「ええぃ、使えん野郎だ」

シロッコ「それなら、心配する必要はない。先程アニメイトに寄ったとき
      メルルをBOX買いしてきた。ヤザン、これを君に進呈しよう」

ヤザン「なんだとォ! シロッコ、本当にいいのか!?」

シロッコ「キリノをここへ連れて来る見返りを期待していい
    と申したはずだ。日頃の君への感謝も含めている。遠慮はいらん」

ヤザン「パプテマス・シロッコ、お前は最高の男だ!」



170:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/12 /18(土) 20:48:51.07 ID:k6EgRDaz0
秋葉原駅

シロッコ「さて、日も暮れてきたことだ。そろそろ帰還するとしよう」

ヤザン「ヌハッ、今日は思いのほか楽しめたぜ。
     シロッコ、キリノ礼を言うぞ」

桐乃「……」

シロッコ「どうやらキリノも君に言いたいことがあるそうだ」

桐乃「私も、今日読んだような同人誌、もっと読んでみたくなったから……だから」

ヤザン「ん?」



171:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/12 /18(土) 20:50:19.68 ID:k6EgRDaz0
桐乃「今度は夏コミに連れてって!」

ヤザン「ホォ~。先に言っておくがあそこは戦場だぞ」

桐乃「わかってるわよ、それくらい」

ヤザン「戦場ではビビった方が死ぬんだ! それでもいいのか!?」

桐乃「覚悟しているわ!」

ヤザン「よし、そこまで言うならいいだろォ」

桐乃「マジ? やったー!」



176:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/12 /18(土) 21:08:18.83 ID:k6EgRDaz0
ヤザン「じゃあなァー。また会おうぜ、お嬢ちゃん」

桐乃「次会うときはちゃんとメルルの予習しておきなさいよねー!」



桐乃「えへへ。やった、やったー。コミケ、コミッケー♪」

シロッコ「どうやら満足してくれたようだな」

桐乃「当然よ。夏ミケにも連れてってくれるみたいだし、
    メルルの良さもやったわかったみたいだし、
    アイツ、意外といい奴じゃない」

シロッコ「そのことだが、私は今非常に驚いている」

桐乃「どうして?」



177:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/12 /18(土) 21:10:55.53 ID:k6EgRDaz0
シロッコ「散々敵視していたあのヤザンに君が頭を下げて
     あのような約束をこぎつけたことについてだ」

桐乃「大したことじゃないわよ」

シロッコ「いや。以前の君からは到底考えられない行動だと
     言っても過言ではない。自信を持っていい、君の
     人間性は着実に成長している。私が保証しよう」

桐乃「なっ……/// 気取ってんじゃないわよ。
    あ、あんたなんかに褒められたって、ちっとも嬉しくないんだけど!」

シロッコ「そうか。それは残念だ」



178:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/12 /18(土) 21:18:47.23 ID:k6EgRDaz0
シロッコ「さぁ、我々も引き上げるとしよう」

桐乃「……」

シロッコ「どうした? そんなにこの場所が名残惜しいか」

桐乃「そ、そうじゃないけど。あのさ……」

桐乃「……」

桐乃「今日はありがとう……///」

シロッコ「フフフ、ハッハッハッ!!」

桐乃「な、なにバカ笑いしちゃってんのよ!!///
    い、い、一回礼言われたくらいで、舞い上がっちゃって
    変態なんじゃない!?」



180:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/12 /18(土) 21:32:02.95 ID:k6EgRDaz0
シロッコ「すまない。気分を害したのなら、謝ろう」

桐乃「あ、当たり前だっつーの! たくっ!」

シロッコ「礼には及ばんさ。私はいわば君に忠誠を誓っている身だ。
     その所存はこれからも変わることはないだろう」

桐乃「……」

シロッコ「そう。この身を滅してでも、君に尽くしていくつもりだ。
      だから、安心してくれていい」
サワッ
桐乃「あ……///」

シロッコ「決して、君の元から黙って居なくなったりはせん」

桐乃「……うん」



182:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/12 /18(土) 21:39:49.20 ID:k6EgRDaz0
数日後
公園

スタッフ「よし、今日の撮影は終了だ。お疲れさん、桐乃ちゃん」

桐乃「はーい!」



桐乃「ふんふふんふ~ん♪」

あやせ「最近、機嫌いいわね。桐乃」

桐乃「あ。あやせ」

あやせ「何かいいことでもあったの?」

桐乃「う、ううん。別に」



185:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/12 /18(土) 21:51:41.46 ID:k6EgRDaz0
あやせ「ふーん、何か怪しい。さっきから自分の手提げの
     中のぞいては笑っちゃって」

桐乃「そんなことないって。あはは……」

あやせ「ならいいんだけど。あ、そうそう、桐乃。
     あなたに是非会いたいっていうファンの子が来てるわよ」

桐乃「え?」

カミーユ「お久しぶりです。今日、公園で雑誌の撮影が
      あるって本当だったんですね」

桐乃「あ、あなた……確か、あのときの」



189:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/12 /18(土) 22:02:43.65 ID:k6EgRDaz0
あやせ「あら。桐乃、知り合い?」

桐乃「ち、違う。全然違うって。いいから、
   あやせはもう先に帰っててよ。ね、さぁさぁ!」

あやせ「変な桐乃……」



桐乃「そ、それで今日は何の用……? サインはもうあげたはずだけど」

カミーユ「はい。今日はそれのお礼をしたくて。これ、ペットロボットの
      ハロっていうんだけど。桐乃さんに差し上げます」

ハロ「ハロ、ハロ。キリノ、ダイスキダ、キリノ」

カミーユ「こら、余計なことしゃべるな」




195:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/12 /18(土) 22:13:10.29 ID:k6EgRDaz0
桐乃「い、いいわよ、別に。何か高そうだし……」

カミーユ「気にしないでください。この前のお礼ですから。どうぞ」

桐乃「……。あ、ありがとう」

ハロ「ヨロシクナ、キリノ、カワイイヨ、キリノ」

カミーユ「今日はお兄さんはいらっしゃらないようですね」

桐乃「べ、別にいつも一緒な訳じゃないし」

カミーユ「少し安心しました。いたらあなたとおちおち話も
      できないですから。怖いんです、独占欲の強い人は」



198:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/12 /18(土) 22:20:38.24 ID:k6EgRDaz0
桐乃「あの、私そろそろ帰るから」

カミーユ「え、もうですか? 今、仕事終えたばかりでは」

桐乃「私、色々と忙しいの。それじゃ」
スタスタスタ

ハロ「マッテ、キリノ、マッテー」



カミーユ「あ……。やっぱり、モデルは忙しいんだな」

カミーユ「ん? この手提げ、キリノさんの忘れ物か?」



199:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/12 /18(土) 22:28:17.42 ID:k6EgRDaz0
カミーユ「届けないとな。中に住所とか書いてあるものは入ってないだろうか」

ゴソゴソゴソ

カミーユ「ん。なんだ、これは……」

カミーユ「『星くずうぃっちメルル』の新作DVD!?
      なんだって、キリノさんがこんな気持ちの悪い子供向けアニメを?」

ゴソゴソゴソ

カミーユ「まだ、何かあるな。これは……ゲームソフトか?
      いや、ただのゲームソフトじゃない。
      ど、どういうことなんだよ、キリノさんが18禁のゲームって!」



201:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/12 /18(土) 22:37:00.30 ID:k6EgRDaz0
カミーユ「なんてことだ。清楚なはずのキリノさんが、こんな……」

カミーユ「こんな趣味して嬉しいのかよ……」

カミーユ「満足なのかよ……」

カミーユ「モデルがオタクで誰が喜ぶんだよーーー!!」

カミーユ「はぁはぁはぁ……」

カミーユ「あいつだ。キリノさんをこうまでさせたのは
      あいつの仕業に違いない!!」

ダダダダダダダダダダ



207:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/12 /18(土) 23:09:25.42 ID:k6EgRDaz0
シロッコ「キリノめ。仕事の帰りにヤザンの元を訪れるほどの
      仲になるとは。よほど意気投合したか。
      読んだとおりだ、時の運はこちらへ傾いてきた」

シロッコ「……なんだ。また異質なプレッシャーがこちらに近づいてくる」

カミーユ「待て!」

シロッコ「ん。貴様は確か秋葉原で妹に付きまとっていた小僧」

カミーユ「お前だ。兄でありながらキリノさんを自分好み
      染めては弄んで!」

シロッコ「フンッ。なんのことだ」



213:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/12 /18(土) 23:19:52.44 ID:k6EgRDaz0
カミーユ「知らないとは言わせないぞ。これは
      一番兄が妹にしちゃいけないことなんだ!」

シロッコ「子供がほざくかー! 私はキリノの兄だ。
      私にはそういう資格がある!!」

カミーユ「まだ、口ごたえするのならば!!」

ダダダダダダダダダダ

グサッ!!

シロッコ「ぐおおおおおおおおおぉぉぉぉぉ……ぉぉ!!」

カミーユ「ここからいなくなれぇー!!」



221:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/12 /18(土) 23:29:57.76 ID:k6EgRDaz0
シロッコ「うぐぐぐぅ……がはっ」
ピチョピチョ…

カミーユ「やったのか……?」

シロッコ「わ、私だけが死ぬ訳ではない……。
      貴様の心も……一緒に染めてやるぅぅ。
      カミーユ・ビダン……!!」

ドサッ

カミーユ「え……。俺の周りに映像が広がっていく?
      こ、これは、星くずうぃっちメルル?」



225:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/12 /18(土) 23:39:02.48 ID:k6EgRDaz0
そしてまた数日後

加奈子「なぁー、あやせー。桐乃の兄ちゃんって
     最近亡くなったんだよなー」

あやせ「ええ。私はそう聞いたけど」

加奈子「それにしちゃさぁ、桐乃全然動揺してない
     ように見えるんだけど、なんで~?」

あやせ「さぁ。私にもわからない」


桐乃「それじゃ、私、用事あるから先に帰るね!」
タタタタタタ

あやせ「あ、ちょっと桐乃!」

加奈子「それどころか前にも増して元気のような」




229:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/12 /18(土) 23:54:02.47 ID:k6EgRDaz0
桐乃「おまたせ!」

カミーユ「やっと、来たな。それじゃあ、早く劇場版メルルの
      先行試写会に行くぞ」

桐乃「うん。それにしても、あんた大丈夫なの?
    ここ最近、私放課後振り回してばかりだけど」

カミーユ「空手部には病欠といってあるから平気さ」

桐乃「ならいいんだけど」



231:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/12 /18(土) 23:55:03.21 ID:k6EgRDaz0
桐乃「初めて会ったときは、アンタがまさか
    こんなメルルオタクなんて思わなかったわ」

カミーユ「俺にとってメルルは幻覚でもなければ意識だけの存在でも
      ないんだ。キリノと同じくらい愛していられるのだから」

桐乃「や、やめなさいよ、そういう恥ずかしいセリフ!/// 気持ち悪いんだけど!」

カミーユ「あはは、ごめん。それじゃ会場に急ごう」

桐乃「うん」




-Fin-
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。