俺の妹が身長180cmなわけがない:第二話


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

11 名前: ◆5yGS6snSLSFg[sage saga] 投稿日:2011/01/12(水) 23:00:01.21 ID:KZdJ5BByo [11/20]
季節は夏。期末テストを間近に控えた、とある七月の土曜日。
その日の俺は我が家で唯一クーラーのない部屋(つまり俺の部屋のことだ)に朝から引きこもり、必死の――――というより苦悶に近い形相で机に向かっていた。

「く……ぐぬ……」

高校2年生らしく、テスト勉強のため……というわけではもちろんなく。

「ぐぬ……ぬ……」

新作ガンプラ、HGFCノーベルガンダムを組み立てているのだ。

「……くっ!」

パチン!パチン!…………ガリガリ………………パチッ。

パーツを切り出した後、丹念に切断箇所の処理をしてから組み立てる俺。
机の上では頭部以外が完成したガンプラが、残された頭部の完成を今か今かと待っている。

「よし!」

ロボットにあるまじき長い髪の毛のようなパーツを取り付け、ついに頭部が完成した。

「あとは、これをくっつけて――」

先ほどの頭部と胴体とを組み合わせ、ようやく一つのガンプラが完成した。
妙な達成感に支配され、思わずガンプラに見とれてしまう。
それにしても……なんでこんな女の子みたいなデザインなの?

「はっ」

はたと、正気に立ち返る。催眠術から解き放たれたかのような気分で頭を抱える。
――お、俺はいったい、何をやっとるんだ……。
休日の朝っぱらから、部屋に閉じこもってガンプラ製作に没頭している17歳。
それが俺・高坂京介の現在の姿であった。
いやいや、違うんだって。これにはふかーいわけが……と言い訳しようかとも思ったが、これくらいは普通なんじゃなかろうか。
妹もののエロゲやってるんじゃあるまいし。

だが、俺がプラモをつくるようになるまでに、他人とは違う、ちょっとした事情があったのは確かだ。
なぜか俺は、あれからも、何度か妹に呼び止められ『人生相談』という名目で無理難題を押しつけられるという日々を送っていた。
つい先日も、この『HGFCノーベルガンダム』を手渡され、『まずは速攻で仮組みを終わらせて下さい。絶対ですよ?』みたいなことを言われたのだ。意味がわからない。
それで諾々と従っちまう俺も、情けないっちゃ情けないんだが……。

「ふぅ……やっと完成したな。休憩すっか」

渇いた喉を潤すべくリビングに降りると、件の妹が電話をしているところだった。


12 名前: ◆5yGS6snSLSFg[sage saga] 投稿日:2011/01/12(水) 23:01:31.02 ID:KZdJ5BByo [12/20]
「はっはっはっは! そうなのでござるか? いやはや……」

相変わらず、すげえ変貌ぶりだな。
妹には表と裏の顔があって、相手によって使い分けているのだが、表情や喋り方で『どちらの友達』と喋っているか一目瞭然なのだ。

「把握したでござる! ではお待ちしておりますぞ!!」

快活な返事を返す妹を横目に、冷蔵庫から麦茶を取り出す。
グラスに注いで飲み干すと、涼やかなのど越しがたまらない。やっぱ夏はこれにかぎるなあ。

「お兄様?」

タイミングを見計らっていたのか、俺が一息ついたところで妹から声がかかる。

「どうした?」
「終わりました?」
「あー、終わった終わった。ちょうど今組み立て終わったところだ」
「さすがお兄様! で? 表面処理はいつごろ終わりそうですか?」
「は? 組み立てて終わりじゃないの?」

俺がそう答えると、沙織は失望のまなざしでこちらを見つめてくる。
ところで、表面処理ってなんですか?

「お兄様……まさか素組で終えられるつもりではありませんわよね?」

おい、またわからない単語が出てきたぞ。素組?

「…………いいですか?表面処理とは、ゲート処理に始まり、400番、600番、1000番の順にペーパーがけ。次いで、洗剤でパーツを洗浄し削りカスと油分を落とします。その後水洗いで洗剤を落とし、完全乾燥後、塗装に入ります。本来なら合わせ目消しの作業が必要なのですが、このキットは合わせ目が目立たないので今回は無視しちゃいましょう。塗装ですが、お兄様は初心者ですから、まずは筆塗りで各塗料の特性を覚えるといいでしょう。どの塗料ならどの塗料に上塗りできるなど、知っておくべきことは意外とあります。あぁ、言い忘れておりましたわ。塗装の前にサフを吹くべきでした。サフは本当ならエアブラシで吹くといいのですが、今回は筆塗りの勉強ですし、お手入れも大変なので今回はスプレーを使いましょう。塗装時における最大の注意点ですが――」

……おーけー、誰か通訳を呼んできてくれ。
っていうか、どうして俺がガンプラを作らなければならないんだ、説明しろ説明。
沙織のガンプラ講座をなんとか遮り、そういうようなことを尋ねてみたところ、

「理由ですか? この前も言ったではありませんか」

堂々と胸を張って、こんな答えが返ってきた。

「人生相談です」

うむ、相変わらずおっぱいでけえな。
だけど、これはどう考えても悩みの解決とは違うし、こういうのはオタク友達とやった方が楽しいんじゃないのか?
おまえにはもう桐乃と黒猫っていうオタク友達がいるだろうに。

「きりりんさんと黒猫さんはガンダムには興味がないようですから……」


13 名前: ◆5yGS6snSLSFg[sage saga] 投稿日:2011/01/12(水) 23:02:23.06 ID:KZdJ5BByo [13/20]
あぁ……そうだったな。
桐乃ってやつは、メルルという子供向けアニメの大ファンにして妹もののエロゲ収集家。
黒猫ってやつは、マスケラという厨二アニメの信者にしてちょっと電波入ってる危ない子。
どちらも悪い奴ではないのだが、確かにガンダムとは縁遠そうだ。
補足しておくと、どちらも沙織に負けないくらいの超絶美人でもある。

「そうでした、それで思い出しましたわ」
「あん? まだ何かあんのか?」
「明日、家にきりりんさんと黒猫さんがいらっしゃいますから、お兄様も一緒に遊びませんか?」



翌日の日曜日。
昼食をすませ、リビングでだらだらテレビを眺めていると、ぴんぽーんとインターホンが鳴った。少し間をおいて、再び、ぴんぽーん。
誰も出る様子がない。
ちなみに親父は休日だってのに仕事。お袋は近所のおばさんたちとどっかに行った。
痺れを切らしたのか、訪問者は最終的にインターホンを連打する。ぴぴぴぴぴぴぴぴぴぴぴぴぴんぽーん。

「そんなに連打するんじゃねえ。聞こえてるよ」

仕方なく俺はソファから重い腰をあげようとしたのだが、そこで、どたどたどたっと階段を駆け下りてくる声が聞こえた。でもって、

「お待たせして申し訳ござらん!お待ちしておりました!!」

絶対俺には言わないようなござる口調が聞こえてきた。
今日の沙織の服装は、「オタク」と聞いて思い浮かべるイメージそのもの。
これがあの妹とはなかなか信じがたいものである。

そうか、今日は沙織の友達が遊びにくるんだったな。
沈ませかけた尻を再び持ち上げ、玄関に顔を出す。

「いらっしゃい」
「あ、地味兄貴」
「……っふ……よくぞここまでたどり着いたものね……褒めてあげるわ」

会うなりこれだ。こいつらは遠慮とか思いやりって言葉を知らないの?
黒猫に関してはそれ言いたかっただけだろ。たどり着いた側が何言ってんだ。

「それでは早速拙者の部屋に行きましょう!」

そういうと、桐乃と黒猫を引き連れて階段を上っていく沙織。
俺はがっくりと項垂れながら来客者御一行を見送る。

「もう既に疲れた。……こんなんで半日もつのか?」


14 名前: ◆5yGS6snSLSFg[sage saga] 投稿日:2011/01/12(水) 23:03:15.09 ID:KZdJ5BByo [14/20]
俺がお茶とお菓子を持ってあがると、沙織達はなにやら俺の話題で盛り上がっていた。

「だから~、あたしの理想の兄貴像は、優しくて頼りがいがあって……あ、当然超シスコンなのがデフォだから。でもそれをなかなか認めようとしなくて」
「あなたにしてはいい線行ってるわ。だけど少し現実を見なさい。そんな都合のいい兄がいるわけがないでしょう?」
「いやいや、そうとも限らんでござるよ黒猫氏。拙者のお兄様なんかは結構それに近いものが――」

なんつー会話してるんだ。なんだよ、理想の兄貴像って。
他に話すこと一杯あるだろうに。なんでよりにもよって兄貴談義に花を咲かせてるんだ。

「えー? それはないって。だって“あれ”だよ?」

桐乃はそういうと俺を指差した。
まぁ確かに俺は凡庸だし、顔だっておまえらに比べりゃ地味だけど……“あれ”はないんじゃないですかね?

「きりりん氏、拙者のお兄様を舐めてもらっては困りますな」
「「「えっ?」」」

俺達3人の声がハモる。

「ふっふっふ。何を隠そう、先日拙者が家を飛び出してしまった時、お兄様はあちこち走り回って探してくれましたし、拙者の趣味が奪われかけたなら、父上に説教かましてまで守ってくれたと聞きました。そしてそれ以来、人生相談にもたびたび乗っていただいております。お兄様のシスコンっぷりったらそれはもう――」

ぎゃああああああああ! それ以上俺の恥ずかしい過去を暴露するんじゃない!

「ご、誤解だ! お、俺はあくまで沙織の人生相談とやらを最後まで責任もって終わらせたかっただけで、他意はないんだよ!!」
「そして、この反応でござる。いかがかな? きりりん氏」

お願い! もう俺で遊ぶのはやめて!



結局、なんやかんやで時間は過ぎ、今日はお開きとなった。
まぁ、なんだ。楽しかったよ、意外と。時間が経つのを忘れるくらいには。

「……今日は沙織と遊んでくれて、ありがとな」

肩の力を抜いて、口の端を持ち上げる。
すると、黒猫はじっと俺の眼を覗きこみ、

「……いい機会だから聞いておくけれど、あなた、どうしてあんなに妹の世話を焼いているの?」

なんでだろうなぁ……俺にもわからん。

「……シスコン?」
「それだけは違う!」
「じゃあなに?」


15 名前: ◆5yGS6snSLSFg[sage saga] 投稿日:2011/01/12(水) 23:03:47.21 ID:KZdJ5BByo [15/20]
首を傾げる黒猫。なんでかしらんが、この話題にえらくご執心らしい。

「…………兄妹だからじゃ、ねえの?」
「…………そう。分かった。……いいお兄さんね。とても羨ましいわ」

こちらの胸にじんわりと染み入るような、優しい口調。

「ふっふっふ。そうでござろう!なにしろ拙者自慢のお兄様ですからな!」

おまえはブラコンを隠そうともしないんだな。

気付けば、桐乃が唇をとがらせ、上目づかいでこちらを睨みつけている。
まるで欲しいものを買ってもらえなかった子供みたいな表情だ。

「ん? どうした?」
「…………」
「きりりん氏、そんなに見つめてもお兄様はあげられませんぞ?」

桐乃は、瞬間目を見開いたかと思うと、一転、眉間に皺を寄せ怒りを露わにする。

「だ、誰もこんなんいらないってば! つかキモいし、こっちの黒いのじゃないんだから!」
「――ハ、下らない勘違いをしないでちょうだい。……私だって、まるで好みじゃないわ。こんな男、こっちから願い下げよ」

ひでえ……なにもそこまで言わんでも……。
桐乃と黒猫は、俺への罵詈雑言をまき散らすや、勢いよく踵を返した。
そのまま早足で去っていく。俺はその背に向かってため息をついた。

「……はぁ」

すらりとした均整のとれた体に、ライトブラウンの流れるような長髪。
超居丈高で傲岸不遜。趣味はアニメにエロゲ。
かたや、真白な肌、日本人形のような黒髪。
無感情無愛想の上、口を開けば毒舌ばかり。
だけどな。

「ま、またね」
「――また来るわ」

たまに可愛いとこもある。

「はいよ」



第二話おわり
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。