俺の妹が身長180cmなわけがない:第十話


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

287 名前: ◆5yGS6snSLSFg[sage saga] 投稿日:2011/02/14(月) 21:55:07.90 ID:jopcByVxo [1/6]
『お兄さん、人生相談があります。今から会えませんか?』

あやせからこんなメールが届いたのが一時間前。
既に日は暮れかかっていて、辺りは薄暗い。
今、俺は近所の公園にやってきていた。初めてあやせに会った時に連れてこられた公園だ。
ちなみにこの場所を指定したのは俺自身だ。未だに寒さが厳しい季節であるが、背に腹は変えられない。
あれから一週間しか経ってないってのに、また沙織に見つかったらえらいことだからな。こうやってあいつに黙ってこそこそとしてるのがいいこととは思わないが、聞く耳を持たないんだから仕方がない。
ふっ、さすが俺。同じ過ちは二度と繰り返さないぜ。

「くそっ、やっぱりさみぃな……」

あやせはまだ来ていない。あやせに返事をしてすぐに出てきたもんだから、予定の時間よりかなり早く着いてしまった。
これだけでも、いかに俺が浮かれているかわかってもらえるだろう。

ベンチに座って震えていると、あやせが小走りでやってくるのが見えた。

「ハアハア……こんにちは、お兄さん。……お待たせ……しました」

ここまで走ってきたのか、あやせは顔を上気させ肩で息をしている。
あやせのようなかわいい子のこんな表情を見て、邪な妄想が膨らむのを誰が責められるだろうか。

「よう、あやせ。そんなに急がなくてもよかったのに」
「で、でも……ハア……呼び出したのは……ハア……私ですから。急に呼び出してすいません」

息が上がっているのに喋るもんだから、一向に息が整う気配はない。

「とりあえず座れよ。息が整うまで待つからさ」

あやせは無言で頷き、俺のとなりに腰をおろした。
胸に手を当て、ふぅふぅと大きく息をしている。
まるで重大な告白を終えた後の女の子のように見え、どきりとしてしまう。

「ふぅ……お兄さん。早速ですが、相談に乗ってもらいたいことがあるんです」
「えっ!? あ、ああ。そうだったな」

そんなことを考えていたもんだから、急に声をかけられた俺は声が上ずってしまう。
妙な気恥ずかしさからあやせから顔を背け、続きを促した。


288 名前: ◆5yGS6snSLSFg[sage saga] 投稿日:2011/02/14(月) 21:56:17.88 ID:jopcByVxo [2/6]
「で、相談ってなんなんだ?」
「はい、実は……あ、これは私の友達の話なんですけど――」

友達の話なんですけど――相談の常套句だな。あまりにも定番すぎて、逆にこの前置きを付ける方が本人のことだと疑われてしまうぐらいだ。

「……その子、気になる人がいるみたいなんです」

訳すと「私、気になる人がいるんです」となる。
ははっ、いかにも思春期らしい悩みじゃないか。

「なにい!? だ、誰なんだそれは!? お、俺も知ってるやつなのか!?」

あやせの方に身を乗り出し、握り拳を作ってわなわなと震わせる。

「ひっ……きゅ、急に大声出さないで下さい! っていうか落ち着いて下さい。眼が血走ってますよ!?」

これが落ち着いてなんぞいられるか! 誰だ! 俺のあやせたんをたぶらかした奴は!?
見つけたらぶっ飛ばしてやる!

「落ち着けっ!」
「へぶしっ!?」


いささか錯乱気味だった俺は、あやせに見事なビンタを頂戴したことでようやく正気に戻ることができた。

「す、すまん」

痛む頬をおさえながらあやせの方を向きなおす。

「もう……真面目に聞いて下さい。相談に乗る気あるんですか?」

あやせは、呆れたように半眼で俺を見ていた。いわゆるジト目ってやつだ。

「すまん、もう大丈夫だ。で、気になる人がいて? 埋めに行くのならいくらでも手伝ってやるぞ?」
「行きませんよ。いや、私としても埋めたいところなんですけどね。どうしてもというなら一人で樹海にでも行ってください」

ばっさり。
なんなの? なんで俺の周りには対応が冷たい子しかいないの? 
俺って自分で思ってるより人に嫌われてるのかなあ……。

「話を戻しますよ。その子はですね――」

涙目の俺を尻目に、あやせは淡々と事情を説明していく。
あやせが言うには、その子は自分で自分の気持ちがわからないらしい。
“気になる人”はいるものの、それが好きということなのか、憧れであるのか、あるいはそのどちらもなのか、はたまたその他の感情なのか。
それを理解できていないようだ、とのことだった。
傍から見ている側としては、見ていてとてもやきもきしてしまうらしい。


289 名前: ◆5yGS6snSLSFg[sage saga] 投稿日:2011/02/14(月) 21:57:40.56 ID:jopcByVxo [3/6]
「どうしたらいいと思います?」

どうしたらいいと思います? それが、あやせが俺にしたい相談の内容だった。

「……俺、恋愛には疎いし、経験もないけどさ……そういうのって、周りがどうこう言うもんじゃないんじゃねえの?」

当たり障りのない答えを返す。ちくしょう、なんであやせと名も知らぬ野郎の仲を取り持つような真似をせにゃならんのだ。
だが、俺が答えた内容は俺の本心でもある。いくら名も知らぬ野郎が憎いからといって、それであやせの相談をないがしろにするわけにはいかない。

「それは……そうなんですけど」

どうやらあやせは納得がいかないようだ。不満が顔にも表れている。

「で、でもっ! 私の見立てだと、その子、きっと好きなんだと思うんです! 今までそういう経験がなかったから戸惑っているだけで……」

大きな声で訴えてくるあやせ。その表情は真剣そのものだ。

「……お兄さんはそんな曖昧な気持ちで告白されたら迷惑ですか?」

あやせは真っすぐに俺を見つめている。

「迷惑じゃあないさ。誰だって好意を向けられることは嬉しい。それに告白するぐらいってことは、大小の差はあるかもしれないが好きだって気持ちを持ってるってことだろ?」

あやせは、俺の言葉に無言で頷く。

「でも……なんでそれを俺に聞くんだ?」
「そ、それは……お兄さんに聞かないと意味がないから…………」

そう言ってあやせは、ぷいっと顔をそらしてしまった。心なしか頬が赤かったかも知れない。
こ、この言葉にこの反応……まさか…………まさか!?
フラグか!? これが所謂フラグというやつなのか!?
どきどきと胸の鼓動が早くなっていく。
い、いや、まだ俺の勘違いということもある。落ち着け、落ち着くんだ。


290 名前: ◆5yGS6snSLSFg[sage saga] 投稿日:2011/02/14(月) 21:58:29.51 ID:jopcByVxo [4/6]
「……その子素直じゃなくって……あ、いや、もちろん私の前では素直ないい子なんですよ? でも“気になる人”のこととなると途端に素直じゃなくなるんです」

それを聞いて、一つのアイデアが浮かんだ。

「素直になれない……か…………それなら、電話なんかがお勧めだぞ?」
「電話……ですか?」
「そう、電話だ」

電話越しで顔が見えない分、素直になれた奴を俺は知っていた。
あの時の桐乃を思い出して、思わず頬が緩んでしまう。

「これは実体験なんだがな、意外と顔が見えない方が上手く言えることだってある」

あの桐乃が素直に礼を言ったくらいだからな。大概の人間ならばそれでうまくいくはずだ。

「そうなんですか?」
「おう。だから、もしその子の気持ちをどうしても確かめないといけない時がきたら電話で聞き出す方がいいかもしれん」

ま、あやせの言う“その子”というのが本当に存在するならば――だけどな。

「そうだ。それ、俺の妹にも相談してみていいか?」
「えっ? 妹さんですか?」
「ああ。俺の妹はでかいくせに人の心の機微というか、そういうのに敏感でな。きっといいアドバイスをもらえると思うんだ」

相変わらずの他力本願であるが、あいつならきっと素晴らしいアドバイスをくれるはず。
……そう思ったのだが、あやせはどうも乗り気でないようだ。口に手をあて、なにやら考え込んでいる様子だった。

「あー、やっぱり他の人に聞くのはまずいかな?」
「いえ……そういうわけではないんですけど……あなたの妹さんというのが問題なんです」
「なんだそりゃ」

あやせと沙織の間に接点なんてないはずだけどな。以前俺の家に来た時も、結局顔は合せなかったし。
沙織はあやせのことを存在は知っていても顔も知らない状態だしな。まあ、目の敵にしてる節はあるけれど。
我が妹ながら、大したブラコンっぷりである。

「じゃあ、名前は伏せて相談するってのはどうだ?」
「……ずいぶん妹さんを信用してるんですね」
「まあな。あいつは本当にできた妹だからな」

なにせ、あの桐乃と黒猫にはさまれ緩衝役をこなしても尚こんな顔ωして笑っていられるほどの人間だ。
あいつにとってはこのくらい朝飯前な気がする。

「はあ……聞いた通り、本当に重度のシスコンなんですね。それが一番の問題なのに……。わかりました。じゃあお願いします」
「おう、まかせろ」

ちょっと聞き捨てならないような言葉が聞こえたが、あえてスルーした。正直、否定できないからな。

「結果は後で電話する」
「はい、わかりました」

ふひひ、これで自然にあやせと電話できるぜ。ひょっとすると、これであやせの本音がきけるかもしれんな。
それはさておき、

「すっかり暗くなっちまったな。家まで送ってくよ」

気付けば、辺りはすっかり暗くなっていた。公園内の街灯がすでに灯っている。


291 名前: ◆5yGS6snSLSFg[sage saga] 投稿日:2011/02/14(月) 21:58:59.78 ID:jopcByVxo [5/6]
「えっ? そんな、いいですよ」
「気にすんなって。なにかあっても困るからな」
「……じゃ、じゃあお願いします」

少し申し訳なさそうに上目使いでお願いされてしまった。
さすがあやせ。俺が変質者になってしまいかねないかわいさだ。

あやせの家は思ったより遠く、歩いて行くにはいささか離れていた。

「すまん。けっこう遠いって知ってたら、待ち合わせ場所ももっと考えたんだけど」
「いえ、気にしないで下さい。私もあの公園にしようと思ってましたから」
「そうなの? なんでまた?」
「あの公園、すぐ裏手に交番があるでしょう?」
「あー、そういえばあったな。でもそれが何の関係があるんだ?」

誰かに命を狙われているわけじゃあるまいし。

「だって、お兄さんと会うんですよ?」
「いやいや! その理屈はおかしくないっすか!?」

なんで!? 俺、あやせに嫌われるようなことした!? なんで俺が変態みたいな扱いなの!?
……まさか、桐乃か!? あいつが俺のあることないこと、あやせに吹き込んだのか!?
あやせは俺のことを桐乃から聞いているみたいだし、恐らくそうだろう。
ちくしょう、桐乃め。あやせたん√へのフラグをへし折りやがって……。



「お兄さん、今日はありがとうございました」

30分ほど歩いてようやくあやせの自宅へと辿り着いた。

「いや、ろくなアドバイスできなかったけどな」
「そんなことないですよ。十分です」
「妹にいいアドバイスもらえたら電話するよ」
「はいっ。お待ちしてます」

じゃあな、と言って我が家へと足を向ける。
手を振るあやせの表情が、迷いを吹っ切ったかのように晴れ晴れとしていたのが印象的だった。

306 名前: ◆5yGS6snSLSFg[sage saga] 投稿日:2011/02/16(水) 19:05:41.04 ID:axGrk5OPo [1/5]
第十話後編

俺は、家に帰るとあやせとの約束を果たすべく、早速沙織の部屋へと向かった。
玄関には沙織の靴が置いてあったので、既に帰宅しているはずだ。
とんとん、と二回ノックをしてドア越しに沙織に声をかける。

「沙織~、ちょっといいか?」

すると、すぐに沙織が顔を出した。

「あら、お兄様。どうしたんですか?」
「実は、沙織に相談があってさ」
「まあ! わかりました、少しお待ちいただけます?」

沙織はパッと顔を嬉しそうに輝かせたかと思うと、部屋に引っ込んでしまった。
そして、すぐさま再度顔を出した。

「あ、あの……私の部屋、今ちょっと散らかってて…………お兄様の部屋で窺ってもよろしいですか?」
「おう、当然だ」

こっちとしては相談に乗ってもらうわけだからな。本来ならお茶とお茶請けくらい用意してやりたいくらいだ。
残念ながら、今我が家にお菓子といえば、にぼしくらいしかないので不可能だけどな。

「ん? この匂い……また塗装でもしてたのか?」

俺がそう思ったのは、開かれた沙織の部屋からはシンナー臭が漂ってきたからだ。
ただ、いつもとは少し匂いの具合というか、匂いの系統が違う気がした。

「いえ、今日のは塗装ではなくて……これはパテの匂いですわ」
「パテ?」

なんじゃそりゃ。今まで何度か沙織のガンプラ講座を聞いた俺だったが、その単語は初耳だ。
っていうか、溶剤とはまた別の異臭の原因があることにびっくりだ。
ちゃんと換気してるんだろうな?

「パテは簡単に言えば紙粘土みたいなものです。こねて、成形して、好きな形に作り変えることができるんです」
「紙粘土ねえ……それで一体何ができるんだ?」

好きに作り変えることができるって言っても、売りものみたいな複雑な形ができるもんなの?
まさか、0からプラモデルを作り上げるわけじゃないだろうな。

「そうですね……中にはフルスクラッチをされる猛者もいらっしゃいますが、私はやるとしてもセミスクラッチどまりですから、パーツの手直しや延長などがメインの用途になります。最も簡単な用法ですと、肉抜き穴の穴埋めなんかに使われますわ。あ、一口にパテと言ってもエポキシパテやポリエステルパテなど種類があって、それぞれ特徴が――」

おーけー、久しぶりにこいつの言うことがわからないぜ。誰か通訳を呼んでくれ。
プラモって奥がふけえ……。
それにしても、こいつに限らず、オタクってのはどうして自分の分野だと饒舌になるんだろうな。
桐乃にしろ黒猫にしろ、自分の好きなことを話している時は目を爛々と輝かせていて――これがまた微笑ましい事このうえない。
早く終わんねーかなーなんて思っていたのがもったいないとさえ思える。


307 名前: ◆5yGS6snSLSFg[sage saga] 投稿日:2011/02/16(水) 19:07:08.76 ID:axGrk5OPo [2/5]
ずっと聞いてやっててもいいんだが、残念なことに今の俺には先にやるべきことがある。

「沙織? 悪いんだが、その続きはまた今度でいいかな?」

沙織のプラモトークの間隙を縫って、するりと言葉を割り込ませる。沙織相手ならば、このくらいは楽勝だ。
桐乃や黒猫は、言葉を割り込ませたくらいでは止まりやしないが、沙織は俺の言うことを素直に聞いてくれるからな。本当にできた妹だ。

「あ……ご、ごめんなさい。私ったらまた……」
「いや、微笑ましいくらいだから気にすんな。相談が終わったらまた改めて聞かせてくれよ」
「はいっ」

満面の笑みを浮かべ、元気な返事をする沙織。
沙織が、ささっと、さしあたっての作業を終えるのを見届けて、ともに俺の部屋へ向かう。
沙織はベッドに腰掛け、俺は椅子に腰をおろした。

「実はな……」

ここまで、言って言葉が止まる。
……どうやって説明しよう。何も考えずに相談持ちかけちまったけど、これ、実はとっても厄介な相談事なんじゃなかろうか。

相談主を隠して相談する→当然、誰のことだと問い詰められる→沙織さんに嘘がつけるわけもなく→あやせとこっそり会っていた罪で有罪
最初から素直に白状して、あやせからの相談だと告げる→有罪

……逃げ道がねえ。そして、俺には自分のこととして相談するほどの度胸もない。
沙織は、不思議そうに首をかしげ、こちらを見つめている。
くっ……ど、どうすれば……。
冷や汗をたらしながら必死に脳を回転させ、出た答えは――

「これは友達の話なんだが……」

あやせとまったく同じ文言だった。
相談する側になってわかったけど、この手の話題はこう言うしかねーわ。変に回りくどく言い訳しても余計に怪しいしさ。
そもそも、定番となるほど使い古された言い訳なのだ。使い勝手はいいに決まっている。
それに嘘ってわけじゃないからな。

「はあ……お友達……ですか」

しかし、案の定沙織も俺と同じことを考えているようで、友達のことだと本気で信じてはいないようだ。
かと言って、ここで相談を止めるわけにはいかない。
この体で突き進むしかないよなぁ。


308 名前: ◆5yGS6snSLSFg[sage saga] 投稿日:2011/02/16(水) 19:08:48.98 ID:axGrk5OPo [3/5]
「おう。その友達なんだがな――」

それから俺は、

・友人には気になるやつがいる
・友人は自分の気持ちがわからないみたい。だが、俺に言わせれば、そいつは素直になれないだけで、気になる人とやらが好きなはず
・俺としてはテコ入れをするべきか、否か

完結にこの三点を沙織に話し、

「どうしたらいいと思う?」

こう締めた。

・そんな曖昧な気持ちで告白された方は迷惑だろうか

という点は、あえて相談しなかった。
あの時、あやせは“俺に聞かないと意味がない”と言ったが、あれは、恐らく一般的な男子の意見が聞きたかっただけだろう。
俺の答えが重要だから――と思えるほど自惚れてはいない。
ま、とってもどきどきしちゃったのは事実だけどね。あやせみたいな美少女に、あんなこと言われてどきっとしない方がおかしいよ。
冷静になればありえないってことはわかるんだけども。
この分だと、あやせの言う“その子”も本当に存在するのかもな。どこの誰かは知らねーけどさ。

俺の相談に、しばらく考え込んでいた沙織だったが、やがてゆっくりと口を開いた。

「……その方が告白するならば、その方とお相手の方は、間違いなく上手くいくと思いますわ」

まるでやり手の占い師のように、上手くいくと言い切る沙織。
だが、決して俺を直視しようとはしない。不自然に俺から目を背けている。

「いや、それって何を根拠に……」

いくら人の心の機微に敏感だって言っても、会ったこともないやつのことまでわかるわけがない。
……まさか、これがニュータイプってやつなのか?
違う、そんなわけがあるか。あまりの驚きに、一瞬、黒猫みたいになっちまってたぜ。

「根拠はありません。私がそう思っただけですから。ただ……」
「ただ?」
「そのお二人が上手くいくことで悲しむ方も、少なからずいると思いますわ」

そりゃあ……そうだろうな。仮にあやせが誰かと付き合うことになったら、少なくとも俺は悲しむもん。
でも、それって当たり前のことじゃないの? わざわざ言うことだろうか。
誰かと誰かがくっ付けば、他の誰かとはくっ付けない。当たり前だ。
なんせ、あやせたんは一人だからな。

なんだろう。なんか、俺と沙織の会話が噛み合ってない気がする。
どうやら、沙織には俺には見えていないものが見えているようだ。オカルト的な意味じゃなくてね。
……もしくは何か勘違いしているのだろうか。


309 名前: ◆5yGS6snSLSFg[sage saga] 投稿日:2011/02/16(水) 19:09:22.57 ID:axGrk5OPo [4/5]
うーん、これは困った。沙織に相談すればいいアドバイスをもらえると思ったんだが、今日の沙織は、黒猫よろしくちょっと電波入ってしまっている。
まさか、あやせに「告白すりゃうまくいくよ」なんて言えるわけがねえしな。
片手で頭を掻きながら、どうしたもんかな……と思案していると、ひっくひっくとしゃくりあげる声が聞こえてきた。
何事かと思って顔を上げると、泣いているのは沙織だった。

「沙織!?」

慌てて駆け寄り、床に膝をついて、見上げるようにして沙織の表情を窺う。

「お、おい。どうした? 大丈夫か?」

沙織が泣くときはいつだって、明確な理由があった。
こけて怪我した時、誕生日プレゼントを貰って感極まった時――
だけど、今、沙織が何で泣いているのか俺には皆目見当もつかなかった。

沙織は、昔っから手のかからない素直ないい子だった。親の前ではわがままも言わないし、泣くことだって滅多になかった。
そして、沙織が泣いてしまった時、あやすのはたいてい俺の役目だった。
だってのに、今沙織が泣いている理由が俺にはわからない。ダメな兄貴で申し訳ねえよ。

「す、すまん。俺、何か言ったか?」

沙織は無言で首を振るが、まったく泣きやみそうにない。恐らく、なんで泣いているのかと尋ねても答えてはくれないだろう。
沙織が泣いている理由がわからない以上、俺にできることは限られてくる。
俺は沙織の隣に座り腰をおろし、右手でゆっくりと頭を撫でてやった。

「よしよし」

昔っから、こうするとすぐ泣きやむんだよ、こいつは。これで、落ち着いて話を聞くことができそうだ。
だが、今日に限っては俺の経験もあてにならなかった。
しばらく撫でていても一向に泣き止む気配がない。
終いには、俺の胸元に半ばタックルするようにして俺に抱き着いてきた。そのままベッドに押し倒される。
沙織は顔をうずめながら、相変わらずひっくひっくとしゃくりあげている。そして、両手は俺のシャツをしっかりと握りしめていた。

お互いに一言も発することなく10分ほどが経った。
時間が経つにつれて、沙織の感情も平静をとりもどしつつあり、既に泣き止んではいた。
お互いにどう声をかければいいかわからないまま、時間だけが過ぎていく。

「沙織」

先に声をかけたのは俺だった。

「沙織、俺が悪かったよ」

その言葉を聞いた瞬間、沙織の身体がびくっと震えたのがわかった。
今回、俺は失言らしい失言をしていない。ならば、原因は相談内容そのものにあると考えるのが妥当だ。

「おまえが、何で泣き出したのかはわからない。だけど、俺がした相談はおまえにとってはきっと聞きたくない話だったんだな?」

沙織からの返事はない。そして、身じろぎひとつしない。
多分俺の考えで正解だ。

「悪かった。この相談はなしだ。今さらだけどな。俺はおまえの泣いてるところは見たくねえしさ」

沙織はシャツを握るその手に、ぎゅっと、より一層力を込めた。



第十話おわり
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。