俺の妹が身長180cmなわけがない:第十四話(黒猫√)


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

461 名前: ◆5yGS6snSLSFg[sage saga] 投稿日:2011/03/11(金) 01:04:55.17 ID:TnzDLdHjo [1/6]
「で、どうだったんだ沙織?」
『…………』

待てども待てども電話の向こうの沙織から返事はない。
ま、まさか……そんな、嘘だろ?

「さ、沙織! 気をしっかりもて! い、今からそっちに――」
『てへっ。当然、受かっていましたわ』
「……おい、こんな時にふざけないでくれよ」

既に靴はいちゃっただろうが!
だが、なにはともあれこれで俺の一つ目の心配事は無事解決だ。
今の会話の概要を説明すると、受験の合格発表を見に行った沙織が合否を知らせる連絡を入れてきたって場面だ。
最初家の電話にかけたら誰もでなかったらしい。親父は仕事。お袋は家にいたはずだが……便所でも行ってたのかな。
そんな俺は気を紛らわせるため自室でヘッドフォンで音楽聞いてたもんだから電話に全く気がつかなかった。
その後、沙織が俺の携帯に電話してきたところでようやく気付いてやれたんだ。
ちなみに俺の方はもう春休みに突入していて暇だったんだ。決して妹の受験結果が心配で学校休んだわけじゃないからな。

「よかったな。おめでとう」
『ありがとうございます。でも――』

でも? なんか不満でもあるのか?

『お兄様は心配しすぎです。ほぼエスカレーター式だから心配ないって何度も言ったではありませんか』
「ぐっ……そうは言うがな」

兄貴が妹の心配して何が悪い。いいや、悪くないね! そうさ、なんせ俺はシスコンなんだからな!

「おまえだって、俺の受験の時朝からおろおろしてたじゃねえか」
『うっ……そ、それは今関係ありません!』
「懐かしいなあ。お茶ぶちまけたり、目玉焼きにいきなりふりかけをかけはじめたり――」
『ひっ、人の話を聞いて下さい!』

そう。だから俺が朝から目玉焼きに七味ふりかけちまったのも仕方ないことなんだよ。
ちくしょう、なんであんなところに七味がおいてあるんだ。お袋もちゃんと整理しといてくれよ。

「今から帰ってくるのか?」
『いえ、少し友人たちと談笑してから帰りますわ』
「そっか、わかった。お袋にも電話しといてやれよな」

こういうのは沙織から直接報告したほうがいいだろうからな。

『ええ、わかりました』

俺の意図を理解したのか、沙織は素直な返事を返してくれた。
電話を切ってから椅子を回転させ再び机に向き直る。


462 名前: ◆5yGS6snSLSFg[sage saga] 投稿日:2011/03/11(金) 01:08:02.45 ID:TnzDLdHjo [2/6]
「やれやれだ」

さて、これで心配事が一つ片付いたわけだが、片付いたら片付いたで今度はもう一方の心配事の首尾が気にかかる。
あいつはあいつで結果がわかったら連絡くれるって言ってたんだけどな。



数日前。
俺たち4人が集まって遊んでいた時のことだ。

「そういえば、おまえも合格発表の日沙織と同じなんだよな」
「そういえば――ね。私はあくまで沙織のおまけというわけかしら」
「いやいや、そういうわけじゃねえよ。結果、わかったら教えてくれよな」

なんで会って早々いきなり不機嫌なんだろ? 俺なんかしたっけ?

「ああ、そういえばあんたも中三だっけ。あんたってちっこいからついつい年上だってこと忘れちゃうんだよね」
「……」

黒猫が何も言わないみたいなので、俺がかわりに突っ込んでやろう。おまえらがでかすぎるんだ。
黒猫だって160cmくらいあるんだぜ? 中三女子の平均身長がどのくらいかは知らないが、どう考えても小さいってことはありえない。
それに、学年が一年違うとはいえおまえも黒猫と大差ないじゃねえか。
しかし、黒猫は桐乃の言葉が相当ショックだったらしく、がっくりと下を向いてしまっている。
仕方ねえな。

「ちょっと言いすぎだ。黒猫、落ち込んじゃってるじゃねえか。そもそも黒猫って別に小さく――」
「誰も落ち込んでなどいないわ。勝手に話を進めないでちょうだい」
「ほらね。大丈夫なんだって……あっ、そうだ! 兄貴は小さい方が好きなの?」
「はあ? いきなりどうした?」
「いいから答えて」

どうしていきなりそんな話になる? ……関係ないけど、未だに兄貴って呼ばれるの慣れねえなあ。
桐乃に言われ、沙織、黒猫、桐乃を順に見回す。
でかい。小さい。中くらい。いや、黒猫が特別小さいってわけでなくて、あくまでこの中でってことね。

「そうだな……俺は特に気にしないけどなあ」
「はあ? 何その腑抜けた回答。そんなんで許すと思ってんの?」
「……そうね。ここまできたからにははっきりさせておくのもいいかも知れないわね」

じりじりと、にじりよってくる桐乃と黒猫。

「な、なんだおまえら。お、落ち着け! 俺をどうする気だ!?」

なんとかしてくれ沙織ぃ! という意味を込めて沙織に視線をやる。
が、先ほどまでいた場所に沙織の姿はなく――

「はっはー、捕まえましたぞお兄様!」

後ろからいきなりがっしと羽交い絞めにされた。


463 名前: ◆5yGS6snSLSFg[sage saga] 投稿日:2011/03/11(金) 01:10:41.66 ID:TnzDLdHjo [3/6]
「沙織! てめえ裏切ったな!」
「すみませんお兄様。でも拙者も気になりますので、お兄様のこ・の・み」

その手を今すぐ離すんだ沙織! さもないと大変なことに――
くっそおおおお! やわらけえなあ、ちくしょう!! 妹なのに妹なのに!!

「さあ、兄さん」
「さっさと白状しなって」
「お兄様、心を解き放って?」

あーあー、何も考えられない。おっぱいおっぱい。

「お、俺はっ!」

こうなりゃもうやけくそだ。もうどうにでもなーれー。

「大きい方が好みだああああああ!!」

ぴたり。
はかったように同時に動きを止める桐乃と黒猫。
た、助かったのか?
そう思ったのもつかの間、黒猫は2,3歩よろけるようにして後ずさる。

「そうね。わかってはいたわ。でも夢は見ていたかった。ただあなたも所詮、数多いる雄の一人だったというだけ」
「く、黒猫?」

黒猫は両手をだらんとたれ下げて腰からがっくりと項垂れ、なにやら言葉を紡ぎ始めた。

「この半年いろいろと頑張ってみたけれどまるで駄目。いくら食べても大きくならないんですもの。しょうがないじゃない」
「な、なにを……言っているんだ?」

黒猫の雰囲気に飲まれ、沙織も桐乃も言葉を発せないでいる。
自分の、ごくりと唾を飲む音が聞こえるほど辺りは静まりかえっていた。
こ、こいつそんなに身長のこと気にしてたのか?

「そりゃあ、あなたたちはいいわ。でかいんですもの。でも、大きくなりたくても大きくなれないものはどうしたらいいの? あはははは! いっそ哀れだと笑うがいい!」
「お、落ち着いてくだされ黒猫氏!」
「ちょ、ちょっとなにとち狂っちゃってんの!? あんたのせいだかんね! なんとかしなさいって!」
「俺のせいなの!?」

話がさっぱり見えねえ! けど、黒猫が異常事態ってことは言われなくてもわかる。
こりゃあ、友達としてなんとかしないとな。そして、この状況が俺のせいだと言うならば、原因はあれで間違いないだろう。

「お、落ち着け黒猫! でかい方が好みと言ったが小さい方も嫌いじゃないぞ?」

ぴたり。
黒猫は高笑をやめ、こちらへゆっくりと視線を向ける。

「……ほんとうに?」
「ああ、本当だ」


464 名前: ◆5yGS6snSLSFg[sage saga] 投稿日:2011/03/11(金) 01:12:18.52 ID:TnzDLdHjo [4/6]
そこには、いつもの大人びた黒猫ではなく、年相応のあどけない少女の顔があった。

「小さいには小さいなりのかわいさがあるって。思わずなでなでしたくなっちゃうくらいだぞ?」

その瞬間、右サイドから耳を引っ張られ、左サイドからは脇腹に拳がめりこんだ。

「お、おまえら……なにしやがる……」
「うっさい、変態! なでなでとか頭おかしいんじゃないの!? セクハラじゃん!!」
「お兄様がそんなセクハラ発言をするなんて……信じていましたのに」

セクハラ!? 俺がいつセクハラしたって言うんだ!?
ぎゃあぎゃあとまくしたてる二人をよそに、(こいつらに言わせると)セクハラをされたはずの黒猫はひとりまんざらでもないように笑っていた。
……苦笑いかもしれないけど。



「じゃあ、またね」
「また来るわ」

いつかと同じ台詞を残し、二人は帰って行った。
今は沙織と二人きりだ。

「それにしてもお兄様につるぺた属性があったとは驚きでござる」
「沙織さん? いったい誰がそんなことを言ってたのかな?」

ぐるぐる眼鏡をかけたままなので、ござる口調が抜けない沙織。
いや、ぐるぐる眼鏡をかけたままでもお嬢様口調になるときもあるから一概に眼鏡がスイッチとは言えないけどさ。

「はて? お兄様自身が仰ったのではありませんか。『小さいには小さいなりのかわいさがあるって。思わずなでなでしたくなっちゃうくらいだぞ?』と」
「はあ? どういうことだ? あれって身長の話だろ?」
「…………お兄様の鈍さを考慮し忘れた我々も悪いのかもしれません。そして運よく、いやこの場合運悪くですか――身長的に大中小が揃ってしまったのも悪かった」

なにがいいたいんだ? 他に大小の好みを比べるものなんてあるか?
と、考えている最中に沙織の“大きい”胸に目が行った。別に普段から常習的に見る癖がついてたわけじゃないからな。たまたまだぞ。
あれ? まさか……大きい小さいってそういう意味だったの?

「小さいなりのかわいさがあるはいいにしても、なでなではちょっと……我が兄ながら――ドン引きです」

なんてこった……これじゃあ俺、完全に変態じゃねえか。
なんだよ、なでなでしたいって。
うおあああああああ! 今すぐあの発言を取り消したい!


465 名前: ◆5yGS6snSLSFg[sage saga] 投稿日:2011/03/11(金) 01:14:09.52 ID:TnzDLdHjo [5/6]
「まあ、黒猫氏も今度きちんと謝れば許してくださると思います。ところでお兄様、正座は30分ほどでよろしいですかな?」
「……はい」



こんなことがあったせいで、ここ最近黒猫に連絡しづらくなっていたのだ。
もちろん、すぐさま謝罪はした。したのだが、「はいはい、わかったわ」とあっさり流されてしまったのだ。
怒ってるはずの相手に謝罪をして、あっさり流されるってのはなかなかにおっかないぜ?
いっそ、怒ってくれた方がすっきりする。

「あいつ、連絡くれっかな?」

そんなことを考えながら、椅子に座ったまま床を蹴り、子供みたいに椅子と自身を一緒にくるくると回転させる。
ひとしきり回転した後、千鳥足になりながらも自分のベッドへとダイブする。

「好みねえ……」

考えたこともなかったな。大きい小さいの話じゃないぞ。女性像の話だ。
今までは、沙織がいて、麻奈実がいて、桐乃や黒猫と馬鹿やって、あやせとも知り合って――そんな中でも特別誰かを好きになるとかってのはついぞなかったしなあ。
そりゃあ、まわりは美少女ばっかりで、確かにかわいいとは思うんだけども、好きとは違う気がする。
ほら、よくあるだろ? 好きとまではいかないまでも、ちょっといいなと思うあの感じ。俺の気持ちはあれに近い。
俺の好みってどんなだっけ?
むくりと起き上がり、ごそごそとベッドの下の段ボールを漁る。
そして、そこに収められている我がお宝を見つめ、

「これは好みじゃなくてフェチだからなあ……あてにならん」

再び封をして奥へと押しやった。
自らの好みを聞かれてはっきりと答えられないことが、今までいかに流されて生きてきたかを物語っているかのようで、少し悲しく思えた。

「こればっかりは相談もできないしな」

ちょっぴりブルーな気分にひたっていると、机上の携帯が鳴った。
携帯のフリップを開く。その画面には“黒猫”と表示されていたのだった。



第十四話(黒猫√)おわり
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。