俺の妹が身長180cmなわけがない:第十四話(沙織√)


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

519 名前: ◆5yGS6snSLSFg[sage saga] 投稿日:2011/03/22(火) 18:01:04.56 ID:/jaFti/Vo [1/5]
始業式終了後、俺と沙織と黒猫の三人で改めて俺の家に集まることになった。
桐乃も誘ったのだが、部活があるとのことで残念ながらいつもの面子が勢ぞろいとはいかなかった。

「いやあ、黒猫氏の制服姿は新鮮でいいですなあ!」
「そういうあなたはなんでいつものござる口調なのよ」

いつものオタクファッションならいざ知らず、制服着た女子高生がぐるぐる眼鏡を装備してござる口調で喋るというのは……見るに堪えない。
なんというか、心のどこかが痛い。お願い沙織。せめてどちらかに統一して。

「う~む、どうも不評なご様子。しからば着替えますゆえ、しばらく外でお待ちいただいても?」
「あいよ」

結局、いつものオタクファッションに落ち着くわけね。
すっくと立ち上がり、ドアを開けてそのまま沙織の部屋を出る。すると、なぜか黒猫も俺に続き部屋を出る。

「あれ? おまえも出るの?」
「私にのぞきの趣味はないのよ」

のぞきって……女の子同士で何言ってんだ? まさか、そっちの趣味があるんじゃないだろうな?
藪蛇になっても困るから深くは追及しないけどさ。

「沙織も言ってたけど、制服姿も新鮮でいいな」
「…………莫迦じゃないの?」

途端に、むすっと不機嫌になる黒猫。
あ、あれ? 沙織が言った時は何もなかったのに、何で俺が言うと不機嫌になっちゃうの?
女の子の、とくに黒猫の考えることはさっぱりわからん。

「お待たせいたしました!」

沙織の大きな声とともに勢いよく扉が開き、その勢いのまま扉が俺に打ち付けられる。

「っぐぐ……」

顔面を抑えうずくまる俺。ふっ、と鼻で嗤う黒猫。慌てて俺に駆け寄る沙織。
ここに桐乃がいれば、ぷっと吹きだしていたことだろう。



「そういえばさ」
「どうされました?」
「入学式の日、おまえその制服着てたっけ?」

ゲームやアニメの話題で盛り上がっていた最中の、唐突な話題の転換に沙織と黒猫は少し驚いたような顔をした。
別に今聞かなければならないようなことではないのだが、思わず口をついて出てしまったのだ。
俺の記憶によると、うちの学校で入学式が行われたはずの日、沙織は普段着だったと思うんだが。
出掛ける瞬間と帰ってきた瞬間を目撃したわけじゃないから、出掛ける寸前と帰ってきてすぐに着替えたってんならそれまでなんだけどさ。


520 名前: ◆5yGS6snSLSFg[sage saga] 投稿日:2011/03/22(火) 18:02:41.36 ID:/jaFti/Vo [2/5]
「その通りです。ぎりぎりまで引っ張ってお兄様に盛大に驚いて頂こうと思いまして」
「……そうかい」

俺を驚かせるのがそんなに楽しいんだろうか?
そんな沙織の策略に見事にはまり、大声をあげて驚いてしまったことはまだ記憶に新しい。

「『なんでおまえがその制服を着ているんだあああああああ』ってな具合に、盛大に驚いておいででしたな」
「ぐっ……」

俺の恥ずかしい記憶を思い出させるんじゃない! しかも黒猫の前で!

「いや~、お兄様のあのときの顔といったら。是非瑠璃ちゃんにも見せてあげたかったでござる」

何か言い返してやりたいのは山々だが、驚いてしまったのは事実なのでどうしようもない。
ちくしょう。何かしら反論の余地は――

「ん? 瑠璃ちゃん?」

誰それ。初めて聞く名前だけど。
沙織が黒猫とアイコンタクトを交わす。黒猫が頷くと、沙織は“瑠璃ちゃん”の正体について語ってくれた。

「五更瑠璃。黒猫氏のほんみょ――いや、人間界での仮の名前です。数字の五に夜が更けるの更、瑠璃色の瑠璃と書きます。ねっ、瑠璃ちゃん」
「……その名前で呼ぶのはやめてちょうだい」

五更瑠璃。それが黒猫の名前らしかった。
ふーん。なんというか……当たり前のことなんだけど、黒猫にも本名があったんだな。なんだか妙に感慨深い気分だ。

「これからも黒猫――でいいんだよな?」

呼び方について黒猫に確認をとる。
今さら呼び方を変えようとは思わないし、今となっては普通の名字よりも黒猫というHNで呼ぶ方がしっくりくる。
それに先ほど、その名前で呼ぶなと黒猫本人が言ったばかりだからな。

「…………ええ。そうしてちょうだい」

黒猫は端的にそう答えた。ちょっと間があったのが気になるけど、まあ本人がそうしてくれと言うんだから問題ないだろう。

「さてと、お茶とお菓子でも取ってくるわ」
「あっ、そういうことでしたら拙者が――」
「いいって。気にすんな」

一つの話題が終わったところで、せっかく我が家を訪ねてくれた友人にお茶を出し忘れているのに気付いた俺は、自分が行こうとする沙織を制してリビングへと向かった。





「京介、おまえに話がある。食事が終わったらわしの部屋まで来い」

始業式の日つまり黒猫の本名が判明したその日の夜。
夕食時、親父にいきなりこう切り出された。

「あ、ああ。わかった」

おふくろや沙織は何事かと目を丸くしている。
そして、親父が先に食事を終え自室に引っ込むとこぞって「何かあったのか」だの、「何かやらかしたのか」だのと聞いてきた。
何があったのかは俺が聞きてえくらいだよ。
沙織は単純に心配してくれてるだけだと思うが、おふくろは面白がってやがるな。さっきから顔が半笑いになってるぜ。


521 名前: ◆5yGS6snSLSFg[sage saga] 投稿日:2011/03/22(火) 18:03:37.70 ID:/jaFti/Vo [3/5]
「ごちそうさま」

親父に続き俺も夕食を終え、親父の部屋へと向かう。
今にも胃に穴が開きそうだ。俺、なんかしたかな……。

「……失礼します」

意を決して、鬼の住まう場所に通じる扉を開く。
その瞬間、ツンと酒の匂いが鼻をついた。どうやら食後だというのにまだ飲んでいるようだ。

「まずはそこに座れ」

親父に促されるまま、ガラステーブルを挟んで親父の向かい側の椅子に腰を下ろす。
張り詰める緊張の中、かちかちと時計の針の音だけが響く。
なんだ……親父は俺に何の用事があるんだ。説教ならいっそ早くしてくれ。
まだ俺が部屋に入って1分も経っていないが、あんまり長引くと俺の胃がもたないぞ。
俺が部屋に入って5分ほど経ったころだろうか。ようやく、親父が口を開いた。

「京介、実はおまえに相談があるんだが」
「…………はい?」

それから約十分後。
親父の部屋を出ると、沙織が心配そうな顔をして俺を待っていた。

「あ、あの。いったい何があったのですか?」
「気にすんな。大したことじゃなかったよ」
「で、でもお兄様の怒鳴り声も聞こえましたし……」
「大丈夫だ。別に喧嘩してたわけじゃないからさ」

あまりにも馬鹿馬鹿しくて笑い話にもなりゃしねえ。

「大したことないのなら何があったか教えてください」
「それは駄目だ」

ぴしゃりとはねつけ、渋る沙織を強引に諦めさせる。
こればかりは沙織が泣いて頼んでも口を割るわけにはいかない。
なんせ、親父の沽券と威厳にかかわる話だからな。





「そういえば、おまえは部活とか入らねえの?」
「部活――ですか?」

沙織たちが俺の高校に入学してきてから一週間が経った頃。
夕食後に沙織の部屋で、かねてから気になっていた疑問を尋ねてみた。

「気になる部活もありませんし、今のところその予定はありませんが……なぜいきなり?」
「い、いや、別に他意はないんだ。ちょっと気になっただけでさ」
「そうですか」


522 名前: ◆5yGS6snSLSFg[sage saga] 投稿日:2011/03/22(火) 18:04:58.50 ID:/jaFti/Vo [4/5]
そう、他意はないんだ。あくまでもちょっと気になっただけで。
別に親父から“沙織の学生生活に探りをいれ、野郎がいる部活に入ろうとしているならそれとなく別の部活に誘導するように頼まれた”わけじゃないぞ。
親父に頼まれたのは“近づくやつがいるなら容赦なくぶん殴れ”だ。
さすがにそれは駄目だろ! と、思わず突っ込んだのだが親父は至って真面目な顔で「傷害程度なら俺がもみ消してやる」とのたまった。
もはや犯罪じゃねえか! 職権乱用もいいとこだよ! 
親父のやつ、どんだけ娘を溺愛してるんだ……。
ともあれ、今の所沙織はなにかしらの部活に所属する気はないようだ。それですべてが安心ってわけじゃあないけどさ。

近づくやつがいるなら容赦なくぶん殴れ。
実に馬鹿馬鹿しい話ではあるが……俺としても親父の気持ちはわかる。俺だって、先日その気持ちを味わったところだからな。
どこぞの馬の骨ともわからん男に沙織はやれん。
この一点において、俺と親父の気持ちは完全に一致していた。
俺が卒業するまでの間、全力で沙織につく虫を排除する。俺はそう決めたんだ。

「黒猫はどこか入るって言ってたか? たしか同じクラスなんだろ?」
「黒猫さんも部活に入るつもりはないようですわ」
「そっか」

黒猫の方は、正直そうじゃないかと思ってはいた。
あいつのことだからクラスに馴染むのにも時間がかかると思う。あいつの性格はややこしいからなあ。
その点、沙織と同じクラスで本当によかったと思う。沙織ならばうまいことクラスの人間との橋渡し役になってくれることだろう。

「それに、部活に入ったらきりりんさんや黒猫さんと遊ぶために割ける時間が制限されてしまいますから」

なるほど。沙織らしい答えだ。
気になる部活がない。というのも確かに部活に入らないことの一因ではあるのだろうが、恐らく、こちらの方が主な原因であるはずだ。
まあ、部活に入ったからといって遊ぶ機会が劇的に減るなんてことにはならないとは思うけどな。
なんだかんだで寂しがりなんだなあ、こいつ。

「あと――」
「うん?」
「もちろんお兄様と私の時間も」

そう言って微笑みながら顔を寄せてくるもんだから不覚にもどきりとしてしまった。
……くそっ、その台詞と行動はちょっとずるい。そんなことはありえないと頭ではわかっていても、沙織の言葉はどうしてもあらぬ妄想を抱かせる。
多分沙織もそれをわかってやっているはずだ。
妹相手にこんな気持ちになってしまうとは……俺はシスコンを通り越して変態鬼畜兄貴になってしまったのだろうか。
……それもこれも全て桐乃が寄越したエロゲのせいに違いない。

「そういえば、今作ってるプラモのことで聞きたいことがあるんだが――」

逃げるように露骨に話題を変える。ここまでわかりやすい敗北宣言もなかなかないだろう。
ちくしょう。なぜ俺が実の妹に対して照れなくてはならんのだ。
依然として沙織はにやにやと、こんな口ωをしてこちらを見つめている。
……なんかこいつ性格悪くなってねえか? いや、人間として駄目な方向に向かっているって意味じゃないから別にいいんだけどさ。
これも桐乃や黒猫の影響だろうか。だとしたら恨み言の一つでも言ってやりたい気分だ。おまえらの影響で沙織が変わっちまったんだがどうしてくれるんだ、とな。

顔を赤くし、ともすれば今にも妹の冗談を真に受けてしまいそうな兄を、いかにも「満足しました」と言わんばかりの満面の笑みを浮かべながら見つめる沙織。
そんな妹様を見て俺はこう思ったのさ。
俺の妹が、こんなに意地悪なわけがない――ってな。



俺の妹が身長180cmなわけがない
おわり
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。