無題:9スレ目241


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

241 名前: ◆lI.F30NTlM[sage saga] 投稿日:2011/04/02(土) 01:05:06.43 ID:i1LYuYF3o [2/18]
黒く、暗く、重い帳が世界を支配している。
月と星の光だけがそれに抗うが、この絶対的な闇の前ではそれも儚く、弱く、脆い。そんな夜だった。
とある洋館の一室。
この広大な空間は、常ならば華やかな社交の場として、多くの紳士淑女が集い、絢爛な舞踏会が催されていたのだろう。
だが、今は違った。煌びやかな照明も、豪華な食事も、美しいワルツも、何もない。
あるのは闇。月明かりすら入ってこないほどの闇だけだ。
その中に、光が浮かび上がる。この部屋の中央に、青白い炎がぼうっと。
吹けば消えそうな炎はふらふらと彷徨い、ゆらゆらと舞い上がり、天井付近でパンッと弾けた。
光が部屋全体に満ち、それを合図に全ての照明が点く。
そこには四人の少女がいた。

真紅のドレスを纏った、輝くようなライトブラウンの髪を持つ少女。
この夜を切り取ったかのような漆黒のドレスを着た、黒髪の小柄な少女。
真白いドレスとは対照的な、濡羽色の長髪を持つ少女。
茶色いドレスを着慣れていないのが丸分かりな、短髪の眼鏡を掛けた地味な少女。

少女達はお互いの姿を確認し、それぞれ違う表情をする。
ある者は、この場にいる人物に驚き、
ある者は、親の仇を見るような目をし、
ある者は、誰をも魅了する笑みを浮かべ、
ある者は、困惑の表情を浮かべていた。

そこに新たな登場者が現れ、少女達に声を掛ける。

「やぁやぁ、各々方。お揃いのようですな」

その声もまた、少女のそれであった。
大柄で均整の取れた肢体にタキシードを纏い、シルクハットとステッキを身に着けた、男装の少女。
一つだけ言うことがあれば、それだけ見事な格好をしているのに、その瓶底眼鏡はいかがなものかということだけだ。

「忌々しいピエロのお出ましね。わかってはいるけれど、一応、今回集められた理由を訊いておこうかしら」

漆黒のドレスを着た少女が、汚物でも見るような視線を男装の少女に向けながら訊ねた。
冷たい視線など意に介さず、男装の少女は答える。

「黒猫氏はせっかちですなぁ。いいでしょう、お答えします」

男装の少女は、ダンスホールに設けられた二階席の手摺に足を掛け、トンッと宙を舞い、ホール中央に着地した。
ステッキをくるくると回し、さながら舞台俳優のような大仰な仕草をしながら、少女は話し始める。

242 名前: ◆lI.F30NTlM[sage saga] 投稿日:2011/04/02(土) 01:05:37.49 ID:i1LYuYF3o [3/18]
「今宵はワルプルギスの夜。神に叛く魔力的諸力が増大する日でござる。よって魔女の皆様には、この場にて雌雄を決してもらおうという所存」
「はぁ?なんであたし達がそんなことしなくちゃいけないワケ?意味わかんないんですケド」

抗議の声を上げたのは、真紅のドレスを纏う少女だった。
疑問と嫌味をない交ぜにした声を聞いても、男装の少女の飄々とした態度は変わらない。むしろ心地よさげですらある。

「ふっふー。嘘はいけませんな、きりりん氏。古来より、この地に棲む魔女達によって決められたしきたり。その末裔であるあなたが知らぬはずがない」
「チッ!」

真紅の少女は舌打ちをし、そっぽ向いてしまった。こんな場でなければ、年相応の可愛らしい仕草と言えるだろう。
代わって、真っ白なドレスを着た少女が訊ねる。

「高い魔力場を形成するこの地の支配権。それを決めるんですよね?」
「いかにも。あやせ氏の言う通りでござる。もっとも、支配権とは名ばかりで、
 この地に安定と安寧をもたらすよう魔力を操作する役を決める、と言った方が正しいですな」
「なら、わざわざ争う必要は無いんじゃないかな?」

疑問を呈したのは、眼鏡を掛けた地味な少女。
それを聞き、男装の少女は困ったように肩をすくめた。

「それがそういうわけにもいかぬのですよ、麻奈実氏。このしきたりには、この地の魔力に実力を示す意味合いもあるのです。
 つまり、相応しい者を戦いにて見極めなければならない」
「要は、弱い者になんか使われたくないのでしょ。御託はいいからさっさとはじめなさいな」

そう結論付けたのは、漆黒の少女。先程からずっと不機嫌な様子である。

「黒猫氏の意見もごもっとも。要は、最も強い魔女を決めるのですからな。そして監督役は、拙者、沙織・バジーナが務めさせていただきまする」

儀式の説明と自己紹介を終えた少女――――沙織・バジーナは、右足を引き、右手を体に添え、左手を横方向へ水平に差し出すというヨーロッパ式の礼をした。
その直後、沙織の頭上から黒い刃が幾十と降り注いだ。

ズガガガガガガッ!

刃は大理石の床を砕き、ホールの一角を無残な姿に変えた。

「これはこれは、ずいぶんと嫌われましたなぁ」

いつの間に移動したのか、沙織は二階席の手摺の上に立っていた。
漆黒の少女は舌打ちをし、沙織に向き直る

「とっとと失せなさい、糞兎。ハンプティ・ダンプティになりたいのなら、別に止めないけれど」
「ふふ、怖い怖い。では拙者は、安全な場所にて行く末を見守りましょう。皆様、良い舞踏を……」

沙織はシルクハットを頭上に掲げ、手を離す。
シルクハットは重力に従い、床に落ちた。
そこにはハットだけが残るのみで、沙織の姿はなかった。

「相変わらず、憎たらしい兎ね。ずっと不思議の国に引きこもってればいいものを……」

漆黒の少女の悪態は、空しく響いた。

243 名前: ◆lI.F30NTlM[sage saga] 投稿日:2011/04/02(土) 01:06:04.81 ID:i1LYuYF3o [4/18]
ーーーーーーーーーーーー


「目障りな兎もいなくなったことだし……」

黒猫は視線をホールに戻し、他の三人を見渡す。
両手を広げ、その体から黒い魔力の奔流が立ち上らせながら。

「はじめましょうか。楽しい楽しいダンスパーティーを、ねぇ!」

目を見開いた瞬間、体から立ち上る魔力が球体と化し、他の三人を攻め立てた。
その数、実に三十。一つ一つに必殺の威力が込められた魔力球が、十球ずつ降り注ぐ。
初撃を避けるも、魔力球は敵を追尾してくる。だが……。

「くっ!」

黒猫に攻撃を加える者がいた。その重い一撃を防御するため、黒猫は魔力球の制御を放棄し、両手で光の壁を形成する。
先程まで執拗に追ってきた魔力球は、全てあらぬ方向に飛んでいき、爆散した。

「もう。いきなりなんて危ないよ、黒猫さん」
「その危ない攻撃を掻い潜って、私自身を攻めるあなたは、もっと危ないんじゃないかしら」

光の壁を爆発させ、距離を取る黒猫。視線の先には、眼鏡を掛けた地味な少女――――麻奈実が立っていた。

「やはり、あなたが一番手強そうね。ベルフェゴール」
「べ、べるふぇ?何のこと?」
「ここに来てもとぼけるなんて、いい性格をしているわ」

黒猫は体全体に魔力を纏う。腕、足、頭、胴は黒い炎の鎧で覆われ、周囲に黒い刃が浮かんでいた。
遠距離攻撃の術式と、近接攻撃力・防御力アップの術式を同時に展開し、戦闘態勢を取る。

「知ってるのよ。あなたの力の根源のことを」
「……そっか。じゃ、隠すことも無いかな」

麻奈実は目を閉じ、胸の前で両手をパンッと合わせる。
すると、麻奈実周辺の床からコールタールのようなものが現れ、彼女を包み込んだ。
もごもごと蠢き、気色の悪い音を立て、何かを形作っている。
現れたのは、細身で豊満な体躯。腕と首周りは赤いレザーのような衣服と二股の帽子。
胸と股間は紐のようなもので隠され、足には派手なガーターベルト。扇情的だが、露出狂と思われてもおかしくない格好である。
それよりも目を引いたのは、背中から生えた蝙蝠のような翼だ。
『変身』を終えた麻奈実は、ふうっと息を吐き、目を開く。瞳は、血のように紅かった。

「流石は『怠惰』『好色』を司る悪魔、と言ったところかしら。破廉恥極まりない格好ね」
「わたしも、この格好は恥ずかしいんだよ!?ぷんぷん」
「知らないわよ、そんなこと。契約した悪魔のことくらい、事前に調べておきなさいな」
「うう~」

田村麻奈実。彼女は、他の魔女とは一線を画す存在であった。
多くの魔女が使う『魔術』は、内包する魔力を長大なプロセスを経て形成・行使するものであり、天使や悪魔の力を人間用にダウングレードしたもの。
だが、麻奈実は悪魔を、その中でも高名な存在と契約し、その力を取り込んだ。
故に、詠唱や儀式を伴わずとも強大な力を振るうことが出来るのだ。
麻奈実を相手にすること。それは、悪魔と戦うことを意味する。

「本物の悪魔の力。存分に見せてもらうわ」
「うう~。やっぱり、戦わないとだめ?」
「くどいわね。そもそもこの場にいるのだから、最初から戦うつもりだったのでしょ?」
「そ、そんなことないよっ!!」
「そう。じゃ、大人しく果てなさい!」

黒き鎧を纏った魔女は、悪魔の力を持つ少女を強襲した。

244 名前: ◆lI.F30NTlM[sage saga] 投稿日:2011/04/02(土) 01:06:31.05 ID:i1LYuYF3o [5/18]
ーーーーーーーーーーーー


一方、他の二人は……。

「はじまっちゃったね……」
「そうだね……」

互いを見つめながら、そう呟く。
だが、互いに力を行使する素振りは見せない。

「ねえ、あやせ。やっぱり戦わなくちゃダメなの?」
「本当なら、わたしも桐乃と戦いたくなんてない。でも、この街を、家族を守りたいの。大事な親友が相手でもそれは変わらない」

あやせは目の前に手を掲げ、四尺はある黒太刀を顕現させた。
武器を出されながらも、桐乃はまだ迷っていた。本当に戦いは避けられないのか?親友を手に掛けなければならないのか?
そんな心情は、あやせにも伝わった。

「桐乃。戦いたくないなら、それでもいい」
「あやせ……」
「安心して。桐乃が負けても、わたしが勝つから。勝って、この街も、『あの人』も守るから」
「!!」

あの人――――。
その言葉が出た途端、桐乃は息を呑んだ。
あやせが言う『あの人』のことを、桐乃は知っている。それは、桐乃に取っても大事な人。
たとえ親友でも、大事な人を渡すことは出来ない。
桐乃は光り輝く魔力を放出し、体に纏って戦闘態勢を整えた。

「いくらあやせでも、『アイツ』は渡せない」
「そう……。それでいいんだよ、桐乃」
「行くよ……」

戦いを拒めば、二人は今でも笑い合えていたかもしれない。穏やかに過ごせていたかもしれない。
だが、二人は選んだ。拳を、刃を交えることを。
お互いの大事なものを、大事な人を守るため、少女は戦う。最愛の親友と。その命を奪うため。

245 名前: ◆lI.F30NTlM[sage saga] 投稿日:2011/04/02(土) 01:08:39.23 ID:i1LYuYF3o [6/18]
ーーーーーーーーーーーー


「うおおおおおおおおおおおおおおおおおっ!!」
「はあああああああああああああああああっ!!」

白い拳撃が、黒い剣撃が交じり、弾け、砕き、斬り裂く。
幾合もの攻防が、床を、壁を、天井を瓦礫に変える。
逆袈裟を受け止め、左正拳突きを捌き、胴蹴りを受け止め、右下段蹴りを避ける。
右正拳突きを柄で受け止め、体を回転させて突きを返す。突きを拳で打ち上げ、空いた胴に突っ込む。
桐乃からタックルを喰らったあやせは、そのまま壁に激突した。

「はあっ……はあっ……」

桐乃は少し離れたところに降り立ち、息を整えている。
瓦礫と粉塵が舞う中、あやせが姿を現した。こちらも消耗が激しく、息が荒い。

「はあっ……流石だね、桐乃。刀一本じゃ……手数で敵わない……」
「あやせこそ……よく捌いてんじゃん……。正直……かなり手強いよ……」

戦況は拮抗しているように見えるが、そうではない。
あやせは大太刀の斬撃のみ、桐乃は体全体を使った徒手空拳の攻撃。手数で圧倒的に上回っている。そのため、体力の消耗が激しい。
だが、桐乃の言う通り、あやせはそれを捌いて、攻撃を加えていた。後の先を取る形であり、このまま行けば桐乃は負けるだろう。
だから桐乃は、戦法を変えることにした。構えを解き、身に纏う魔力を霧散させる。
桐乃の突然の行動に、あやせは訝しげな声を出す。

「どういうつもり?まさか、負けを認めるの?」
「違う。あたしは負ける気なんて無い」

桐乃の周囲から魔力が溢れる。それは先程よりも丁寧に練られ、金色に輝いていた。
それを足のみに纏う。さながら、鎧の足部分だけを身に着けたような姿。

「攻撃しても捌かれるなら……捌けない攻撃をするだけ」

瞬間、桐乃の姿が消えた。

「!」

あやせは驚き、桐乃の姿を探す。視線を上げた瞬間、下から強烈な攻撃を喰らった。

「ぐっ!」

体を打ち上げられながらも、あやせは懸命に桐乃の姿を探す。
今度は背中に攻撃を喰らい、床に叩きつけられ……る前に、横から攻撃を喰らって吹っ飛んだ。
刀を突き立て、なんとか激突は免れるもダメージは大きい。
あやせは黒太刀を消し、黒い小太刀を二刀出現させ、逆手に構えた。

(違う。消えたわけじゃない。速過ぎて見えないんだ)

桐乃が取った戦法。それは「超速移動からの攻撃」だった。
いくら攻撃しても捌かれるのなら、捌けないほどの速さで攻撃を繰り出す。後の先も取れないほどの先の先で相手を撃ち倒す。
確かに、相手が見えなければあやせも容易に攻撃を捌けない。

(焦るな。攻撃を繰り出す瞬間、確かに桐乃はそこにいる。そこを狙えば……)

目を閉じ、神経を研ぎ澄ます。
聞こえるのは遠くの戦闘音と、桐乃が移動するときに出す音。その音と気配だけに、意識を集中させる。
……………………………………。

(ここだっ!)

ガキィンッ!!

あやせは左手に握る小太刀を、自分の背後に突き出した。
あの速さから出した蹴りを受け止められ、桐乃は驚愕の表情を浮かべている。

「せえええええええええええええええええええええええいっ!!」

左手はそのまま、あやせは振り向き様に斬撃を放つ。
それは桐乃を捉え、真紅のドレスごと身を斬り裂いた。

(このチャンス!絶対に逃さない!!)

あやせは左右二刀を高速で振り回し、桐乃を攻撃する。
先程と違い、桐乃は全身に魔力を纏っていない。そのため、斬撃がダイレクトに桐乃を苦しめていた。
ドレスが、身が裂け、血が飛び散る。

246 名前: ◆lI.F30NTlM[sage saga] 投稿日:2011/04/02(土) 01:09:06.47 ID:i1LYuYF3o [7/18]
「こっ……のおおおおおおおおおおおおおおおっ!!」

桐乃は捨て身覚悟の蹴りを放った。あやせはそれを一刀で受け止め、もう一刀で桐乃を狙う。
だが、桐乃は蹴りを受け止められた反動を利用し、あやせから距離を取った。
15mの間を空けて見つめ合う少女達。

「まさか……これも捌かれるなんてね」
「同じ手は、もう通用しないよ。桐乃」

あやせは二刀を構え、不敵に笑う。勝利を確信したように。
しかし桐乃の顔には、まだ諦めの色は浮かんでいなかった。

「獲物を前に舌なめずり。三流のすることね」
「なんですって……?」

あやせの顔から笑みが消えた。
この期に及んでも、まだ諦めない親友。一体、何をしようというのか。
あやせの心に疑念が広がる。

「あたしは負けない……絶対に!!」

瞬間、桐乃の姿が消えた。それは、つい先程の再現。
だが、あやせに焦りは無い。落ち着いて行動すれば、相手の攻撃を防げることは実証済みだ。

(桐乃……。ごめんね)

意識を集中させながら、あやせは心の中だけで詫びた。
自分の勝ちは揺るがないという絶対の自信と、親友をこの手に掛けてしまうことへの自責の念。それらをない交ぜにして。
だが、彼女にも譲れないモノがあるのだ。だから覚悟した。命を奪うことを。愛しいあの人の、大事な人の未来を奪うことを。
……音がする。桐乃の動く音が。
呼吸を整え、反撃の機会を待つ……。

「殺(と)った!!」

あやせは頭上に小太刀を掲げた。

ガキィンッ!!

金属がブチ当たるような音が響く。
あやせは勝利を確信し、もう一方の小太刀を振るった。

「!?」

だが、そこに桐乃の姿はなく、あやせの斬撃は空を斬るのみ。
無防備となったあやせの腹に、衝撃が走った。

「がっ!」

上空に吹っ飛ばされたあやせ。防御の構えを取る暇もなく、次の攻撃が飛んできた。
上、下、左、右、前、後ろ……。
全方位から衝撃が飛来し、あやせを容赦なく襲う。白いドレスは破け、血に染まり、無残な姿をさらした。

「これでえええええええええええええええええっ!!」

床に落ちることも許されず、空中に投げ出されたままのあやせの目の前に、桐乃が現れた。
縦に何回も回転し、必殺の踵をあやせの体に放つ。
桐乃の踵はあやせに直撃し、あやせはようやく、地面と再会を果たした。
十数秒前とは違い、その姿は見るに耐えないものとなってはいたが……。
あやせはなんとか立ち上がろうとするも、ダメージが大きく、足が言うことを聞かない。

「はぁっ……がはっ……。桐乃……あれが……全力じゃなかった……んだね……」

ヒューッ、ヒューッ。
あやせは呼吸すらままならないながらも、そう呟き、親友の姿を見る。
桐乃は、親友のそんな姿を悲しげな表情で見つめていた。

「今……楽にしてあげるね……」

桐乃は右足を前に出し、膝を曲げ、中腰になり、その足の上に右腕を置くという構えを取った。
右足に纏っている魔力鎧が、より一層輝く。
輝きはそのままに、桐乃は飛んだ。高く、高く。
空中で一回転すると、あやせに向けて流星の如き飛び蹴りを放った。

(あーあ、負けちゃった。やっぱり、桐乃には敵わないなぁ……)

あやせは、自身の敗北と死を覚悟した。

247 名前: ◆lI.F30NTlM[sage saga] 投稿日:2011/04/02(土) 01:10:02.35 ID:i1LYuYF3o [8/18]
ーーーーーーーーーーーー


黒い拳と刃が飛び交う。
クロスレンジから右拳を突き出し、左足を蹴り上げる。
それを左手で掴み、右足で受ける。
右足で相手の体を蹴り、拘束を解く。距離が空いたところで刃を射出し、刃と共に相手に迫る。
飛来する刃を右手で振り払い、後ろにいた相手から放たれた前蹴りを避け、その足の上に乗る。

「!?」

繰り出した右足を軸に体を回転させ、左回し蹴りを放つ。
それも避けられ、再び距離が空く。

「さっきから攻撃をしてこない。やる気はあるのかしら?」
「体を慣らしてるところなの。そんなに焦らないで~」

戦う素振りを見せない相手に、黒猫の苛立ちは募る。
おまけにこの態度。莫迦にするにもほどがある。

「そう。じゃあ、ウォーミングアップで終わらせてあげるわ!!」

黒猫は空を疾り、麻奈実に攻撃を加える。
小柄な体から、高速の突き、蹴りが繰り出される。
麻奈実はそれを平手で捌き、受け止め、決定打を与えない。
首を狙った手刀の突きを、横から平手を加えて狙いを逸らし、胴を狙った膝蹴りを膝で受け止める。

「このっ!」

業を煮やした黒猫は、大振りの左パンチを麻奈実に放った。
麻奈実は、黒猫の手首を右手で掴んで止める。
その態勢のまま、体が開いて隙だらけの胸に平手を添えた。

ドンッ!

衝撃が、黒猫の体を襲う。
体の自由を失った黒猫の手を離し、顎に掌打を加えて吹き飛ばし、両掌打を黒猫の胴に放ち、床に叩き付けた。
黒猫を中心に、周囲の大理石が歪み、罅割れ、砕け、陥没した。
黒猫が起き上がるのと、麻奈実が降り立ったのはほぼ同時。
顎を撃ち抜かれた黒猫の口からは、ダラダラと血が流れている。
それを袖で拭い、口内の血をベッと吐き出す。

「悪魔の力も、大したことはないわね」
「そっかぁ~。黒猫さん、すごいねぇ~」

黒猫の言葉を受け、麻奈実は感心したように呟いた。
黒猫の眉間に皺が寄る。

(わかってて言ってるわね。忌々しい……)

黒猫は胸に手を当て、麻奈実を睨む。
悪魔の力が大したことはない。それは嘘だ。
現に、黒猫が受けたダメージは大きなものだった。魔力による鎧で防御力を上げていなければ、この胸に風穴が開いていただろう。
おまけに、顎への攻撃にいたっては手加減してくれている。本当なら、あの一撃で勝負は決まっていた。
この女、遊んでいる……。世にいる魔女の中でも有数の実力者である、この黒猫を相手に。
黒猫は魔力を練り、先程よりも強固な鎧を形成する。

(困ったわね。手立てはあるけれど、正直厳しいわ……)

黒猫は両手に魔力球を形成し、それを携えたまま麻奈実に迫る。
麻奈実の下に素早く移動して、足払いを繰り出すも、麻奈実は軽くジャンプして避ける。
相手が空中に移動した瞬間を狙って足技を放つ。前蹴り、膝蹴り、回し蹴り、両足蹴り、体を独楽のように回転させて繰り出す回転蹴り。
麻奈実は腕を組みながら、足だけで受け止め、捌く。

(まだ遊ぶつもり?本当、嘗められたものね……)

膝蹴りを膝で止められた瞬間、黒猫は空いた足を麻奈実の膝にかけ、ジャンプして頭上に躍り出る。
そこから両手の魔力球を超至近距離で放った。
麻奈実は腕組みを解き、それを両手で受け止め、黒猫に前蹴りを放つ。
蹴りを両手で受け止めながらも、黒猫は軽く吹き飛ばされた。そこを狙って、麻奈実は両手の魔力球を黒猫に放つ。
寸でのところで、黒猫は上体を後ろに大きく倒して避ける。

「!?」

そこで目を剥いた。
視線の先――――魔力球の行く先には、今まさに必殺の一撃を放とうとしている桐乃の姿があった。

248 名前: ◆lI.F30NTlM[sage saga] 投稿日:2011/04/02(土) 01:10:30.79 ID:i1LYuYF3o [9/18]
ーーーーーーーーーーーー


あやせに止めを刺すべく、桐乃は必殺の蹴りを放つ。
それを瀕死の状態で見つめていたあやせ。だが、そこに強烈な殺気を感じた。
慈悲の一撃を繰り出すべく、空に舞い上がった桐乃のものではない。もっと別の、悪意に満ちたものを。
視線を横にスライドさせると、黒い魔力球が二つ、桐乃に迫っているのが見えた。
桐乃は……それに気付いていない。

「桐乃!?」

あやせの声で、桐乃ようやく自分に迫る魔力球に気付く。だが、迎撃も回避も間に合わない。

「ぐうっ……!」

あやせは体に力を入れ、なんとか立ち上がった。
体のあちこちから血が吹き出るも、そんなことは気にしない。気にしていられない。

(間に合え!!)

あやせは最後の力を振り絞り、足に力を込め、空に舞った。


ーーーーーーーーーーーー


「桐乃!?」

あやせの声が聞こえ、桐乃はそこであやせ以外のことに意識が向く。途端、強烈な殺気を右側から感じた。
視線を向けると、黒い魔力球が二つ、こちらに飛来してくるのが見えた。

(くっ……!攻撃モーション中じゃ、間に合わない……)

だが、気付くのが遅すぎた。あと数秒、数秒気付くのが早ければ、攻撃を中止して避けることもできただろう。
桐乃は攻撃をやめ、体を縮こまらせて目を瞑り、衝撃に備えた。
……………………………………。
しかし、いくら待ってもそれはやってこない。恐る恐る目を開けると、

「あ、あやせっ!?」

あやせが眼前にいた。両腕を広げ、桐乃を守るように。
その体勢のまま、あやせは落下していく。
桐乃は空を駆け、床に激突する前にあやせを抱きとめた。

「あやせ!あやせっ!!」

あやせの体を揺さぶり、大声で呼びかける。
桐乃の声が届いたのか、あやせはうっすらと目を開けた。

「き……りの……」
「あやせっ!」
「よか……った……。まに……あっ……た……」

そう呟くあやせの姿は、無残としか言いようがなかった。
美しいドレスはあちこちが破け、焼け焦げていた。
白くキメ細やかな肌は赤く腫れ、血が流れ出て、やはり焼け焦げていた。
これでは助からない。誰の目にも明らかだった。
桐乃は涙を流しながら、あやせに問いかける。

「なんで……。なんで、あたしを……」

あやせは笑みを浮かべ、答える。その声は、か細かった。

「決まってる……じゃない……。わたし……達……親友……だもん……」

この少女は、あれだけ痛めつけた自分を、まだ親友と呼ぶ。
本気で殺しあった今でも、まだ親友と呼ぶ。
桐乃は涙が止まらず、言葉も出せないほど泣きじゃくった。桐乃の頬に、あやせの手が添えられる。

「泣か……ない……で。どの道……死んでたん……だもん……わたし……」

あやせの手が、桐乃の頬を撫でる。その手は黒く煤けていたが、桐乃がそれを払うことはなかった。

「最後……に……大好き……な……桐乃……を……守れ……て……よかっ……た……」

それだけ言うと、あやせの手は力なく垂れた。笑みを浮かべたまま、最愛の親友は、その短い生涯を終えた。

「あやせ……あやせぇ……」

桐乃はあやせの手を握りながら、泣いた。ただただ、泣いた。

249 名前: ◆lI.F30NTlM[sage saga] 投稿日:2011/04/02(土) 01:11:11.49 ID:i1LYuYF3o [10/18]
ーーーーーーーーーーーー


黒猫は桐乃の傍に降り立った。桐乃は、それを気にすることなく泣き続けている。
そこから20m離れた先に、麻奈実も降り立った。

「桐乃ちゃんを狙ったんだけどなぁ~。しっぱいしっぱい~」

軽い調子で、頭を掻きながら麻奈実は言い放つ。とても、人一人の命を奪い去った後とは思えない態度。
黒猫も、この態度には嫌悪感を通り過ぎて怒りを覚えた。

「流石、悪魔ね。虫唾が走るわ」

前に一歩踏み出そうとした瞬間、肩を掴まれた。振り返ると、桐乃が立っていた。
だが、その目はこちらを見ていない。その目は、怒りは、あの悪魔に向けられていた。

「アンタだけは……あたしがブチ殺す……」

地の底から響くような、暗く、重い声だった。呪詛を紡ぐよりも、呪いに満ち満ちた声だった。
黒猫を押しのけ、前に出ようとする桐乃。今度は、黒猫が肩を掴んで止めた。

「やめなさい。あなたの敵う相手じゃないわ」
「関係ない」
「無闇に突っ込んでも、あの娘の二の舞になると言っているの」
「カァンケイねェェんだよォォォ!!」

黒猫の手を払い除け、桐乃は吼えた。怒ったところは何度も見てきたが、今回は怒りの質が違っていた。
たとえ腕がもげ、足を潰され、臓器を抉り出され、首を引き千切られようとも殺す。言葉にすると、こんな感じだろうか。
黒猫は溜息を吐き、前に進もうとする桐乃の足を払い、転倒させた。
プギャッとみっともない声を出す桐乃。

「なにすん……!」

抗議しようと顔を上げた桐乃の頭を踏み、再び地面とキスさせた黒猫。マジ女王様。

「少し落ち着きなさい。無策で行っても、返り討ちにあうだけよ。あの娘の死を無駄にしたいのなら止めないわ」
「!?」

その言葉を聞いた桐乃は、頭に冷水をぶっ掛けられた感覚に襲われた。
黒猫は淡々と話を続ける。

「あれは、私でも簡単には殺せない。悪魔の力、伊達じゃないということね。そこで提案があるのだけれど……」

黒猫は足をどかさず、なおも続ける。

250 名前: ◆lI.F30NTlM[sage saga] 投稿日:2011/04/02(土) 01:11:38.73 ID:i1LYuYF3o [11/18]
「実に、実に不本意なのだけれど……私と手を組まない?二人掛かりなら、あの悪魔を殺し尽くすことができるわ」

そこでやっと、黒猫は桐乃の頭から足をどかした。
鼻を赤くしながら、桐乃は黒猫を見上げる。

「勝算は?」
「私達の連携次第ね。成功すれば確実に殺せるけれど、そこに辿り着くまでが五分……と言ったところかしら」
「じゃあ、100パーじゃん」

桐乃は立ち上がり、ドレスに付いた土埃を払い落とす。

「あたしなら、確実にその状況に持ち込める」
「ずいぶんと自信があるのね?」
「当然でしょ。あたしを誰だと思ってんの?」
「真っ正直に向かっていくことしか出来ない莫迦」
「はぁ!?」

黒猫の皮肉に、素直に反応する桐乃。見慣れた光景に、黒猫の表情が和らぐ。

「そこまで言うなら、あなたに任せてあげるわ。感謝なさい」
「なんで上から目線なワケ?チョームカつくんですケド」
「当然でしょ。作戦立案者はこの私。あなたはそれを言われた通りにこなすだけの、ただの駒なのだから」
「あ~ハイハイ。勝手に言ってなさい。で、作戦は?」
「態度がなってないんじゃない?まあいいわ。耳を貸しなさい」

桐乃は少し身を屈め、黒猫の身長に高さを合わせる。
黒猫は桐乃の耳に手を添え、相手に聞こえない声量で作戦を伝えた。

「それだけ?」
「莫迦ね。それだけのことが、あの悪魔相手だと難しいのよ」
「ふ~ん。ま、いいけどね。んじゃ、任せなさい」
「せいぜい失敗しないことね。命が掛かってるんだから」
「わかってるって。あんたこそ、トチるんじゃないわよ」
「それこそ愚問ね。わざわざあなたに心配されることじゃないわ」

作戦会議も終わり、桐乃と黒猫は戦闘態勢を取る。

「内緒話は終わった~?」

二人の様子をただ黙って見ていた麻奈実は、相変わらずとぼけた様子で声を掛ける。

「わざわざ待っていてくれたのかしら。ずいぶんと余裕ね」
「そんなことないよ~。なにをしてくるのかどきどきだよ~」
「はン。そのクソムカつく態度、粉々にブチ砕いてやるんだから」

桐乃と黒猫。
共同戦線を張った二人の魔女は、同時に飛び出した。

251 名前: ◆lI.F30NTlM[sage saga] 投稿日:2011/04/02(土) 01:12:33.18 ID:i1LYuYF3o [12/18]
ーーーーーーーーーーーー


先に仕掛けたのは桐乃。
あやせに見せた超速移動を開始する。今度は最初から全開、最高速だ。
瞬時に背後に回り、麻奈実の後頭部目掛けて蹴りを放つ。

(死ねェ!!)

超速移動からによる蹴り。防御も回避も、今からでは間に合わない。だが……。

「なっ!?」

麻奈実は振り返らないまま、左拳で蹴りを受け止めた。
驚く桐乃に、ゆるい声が掛けられる。

「桐乃ちゃん、速いねぇ~」
「このっ!」
「離れなさい!!」

追加攻撃を加えようとした瞬間、黒猫の怒号が飛んだ。
桐乃が麻奈実から離れるのを見届け、黒猫は黒い刃を数十本撃ち出す。
麻奈実は翼を羽撃かせて、刃を全て撃ち落とした。

(牽制とは言え、こうもあっさりと……)

大抵の魔女なら、桐乃の蹴りで即死。たとえそれを回避、もしくは防御出来ても、黒猫の刃で殺られていたはずだ。
それをあの悪魔は、ほとんど動くことなくどちらも無力化した。やはり手強い。
黒猫は魔力を練り、攻撃の威力を上げようとした。
その間、桐乃は全包囲攻撃を仕掛けた。
上、下、左、右、前、後ろ……。
そのどれもが、あやせに見せたものより速く、重い一撃だった。
しかし、麻奈実は全て、拳か膝で受け止める。激突の余波で、建物の壁や床が砕けていくような一撃を、難なく防御する。

(ならっ!)

桐乃は助走をつけ、天井を蹴り、床に立ったままの麻奈実に向けて飛び蹴りを放った。
あやせに止めを刺す際に使おうとした、桐乃の最大攻撃。今度は桐乃自身も加速し、先程のものより何倍も重い一撃だ。
流星など置いていくほどの速さ。右足を中心に、魔力の奔流が渦を巻く。人間相手ならば塵も残さないほどの苛烈な一撃。
試したことは無いが、たとえ悪魔だろうと確実に殺せる。
麻奈実は回避行動を見せず、両腕に黒い魔力を纏い、

「は!?」
「ふふっ。つ~かま~えた~」

桐乃の足を両腕で掴んだ。
桐乃を掴んだまま体を回転させ、黒猫目掛けて投擲。ジャイアントスイングだ。
黒猫は飛んできた桐乃をひらりと回避、桐乃は壁に激突した。
麻奈実から視線を外さない黒猫に、背後から怒りの声が投げ掛けられる。

「ちょっと!受け止めるなり何なりしなさいよ!!」
「厭よ。当たったら痛いじゃない」
「アホかーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーっ!!!」

なんとも緊張感の無いシーンだが、黒猫は内心、冷や汗をかいていた。
桐乃の超速攻撃を難なく防御。防御できるのなら、回避など朝飯前だろう。
そして先程の飛び蹴りすら受け止めた。あれは、黒猫でも完全に防御できるかわからないほどの威力を持っている。
防御、回避は万全。おまけに隙が無い。「勝算は五分」と言ったが、それも怪しくなってきた。
壁から抜け出し、黒猫のところまでやってきた桐乃。
それを見届けた麻奈実は、笑顔を浮かべたまま口を開く。

「いくら速くても、あんなに殺る気を見せたら当たらないよ~。桐乃ちゃん」
「……ご忠告どーも」

余裕を崩さず、相手に忠告すらしてくるこの態度。気に入らない。ああ、気に入らない。

「どうすんのよ?」

苛立ちを隠そうともせず、桐乃は黒猫に問いかけた。
桐乃の攻撃で隙を見せた麻奈実に、黒猫が必殺の一撃をお見舞いする。という作戦で動いていたのだが、色々と誤算が出てきた。
こちらの攻撃をいとも簡単に捌くこと。隙を全く見せないこと。問題はこの二つだ。

「あなただけで駄目なら、私も加わるしかないわね。隙が無いなら作り出すまで」
「あっそ。じゃあ、せいぜい頑張ることね」
「あなたこそ、あっさり死ぬんじゃないわよ」
「あのクソ悪魔を殺すまでは、殺されても死なないわよ」
「なにそれ?いいわ。じゃ、よろしく!!」

252 名前: ◆lI.F30NTlM[sage saga] 投稿日:2011/04/02(土) 01:13:05.42 ID:i1LYuYF3o [13/18]
桐乃は超速移動を開始し、黒猫は麻奈実に向かって駆け出した。
手を手刀の形に変え、急所目掛けて高速で突き出す。
麻奈実は体を揺らしてそれを避け、避けきれないものは手で払い除けた。
黒猫に集中しているところに、桐乃が攻撃を仕掛ける。それも拳のみで全て受け止める。

(二人掛かりだというのに……)
(全然当たらないどころか、かすりもしないなんて……!)

麻奈実の力は圧倒的だった。
人と悪魔、その差がこの結果だと言わんばかりに圧倒的だった。
こちらは全力なのに、相手はまだ力を隠している。その事実が、二人の心に重く圧し掛かる。
どれほど攻防を繰り広げただろうか。五分?十分?いや、もっと短いかもしれない。
だが、桐乃と黒猫の疲労の色は濃い。

「う~ん。やっぱり二人だと、ちょっと面倒だな~」

麻奈実は、まるで今夜の献立に悩んでいるような調子で言い、眉間に手刀を突き出してきた黒猫の腕を左手で掴んだ。

「ごめんね、もうおしまいだよ」

空いた右手を黒猫の胸に添え、零距離で掌打を放つ。

「がっ!」

黒猫は吐血しながら、遠方に吹き飛ばされた。
その時、麻奈実の頭上から桐乃が雷撃のような蹴りを放った。

「なっ!?」

その蹴りを、麻奈実はがっしりとキャッチ。
そのまま床に叩きつけた。

「がはっ!」

だが、麻奈実の攻撃はそこで終わらない。
桐乃の足を掴んだまま、何度も何度も床に叩きつける。床が凹む。歪む。罅割れる。砕ける。
それでも止まらない。まだまだ叩きつける。
一方的な暴力に晒された桐乃は、ボロ雑巾のようになっていった。
ようやく気が済んだのか、麻奈実は桐乃の足を掴んだまま持ち上げる。

「桐乃ちゃんも、げーむおーばーだね」

桐乃の首を掴み、ギリギリと力を込める。
首の骨を折らないよう加減し、時間をかけて窒息死させるつもりだ。

「が……あ……」

痛みと息苦しさで、桐乃の顔が歪む。必死に空気を求めて口をパクパクさせるが、息は出来ない。
その様子を、麻奈実は笑顔を浮かべながら見つめていた。

「ちょっと我慢してね~。あと何分かすれば、楽になれるから~」

麻奈実の腕を引き剥がそうと、必死にもがいていた桐乃だが、意識が途切れかかっているのか、ほとんど動かなくなった。
勝利を確信した麻奈実は、歯を見せてニイィっと笑った。

253 名前: ◆lI.F30NTlM[sage saga] 投稿日:2011/04/02(土) 01:13:32.74 ID:i1LYuYF3o [14/18]
ドスッ。

音がした。
硬質な何かが、肉を突き破るような、そんな音が。
麻奈実が視線を下げると、自身の腹から赤黒い腕が生えていた。

「やっと……隙を見せたわね……ベルフェゴール」

首を回し、後ろを振り返る。
麻奈実の背中に、黒猫がぴったりと張り付いていた。
ドレスの胸部分は裂け、口からはダラダラと血を流しながら。
そんな状況でも、この悪魔は焦らない。

「残念だけど、その程度じゃわたしは殺せないよ~」
「ふっ。誰が『これで終わり』だと言ったのかしら?」

笑みを浮かべた黒猫の体が、黒く輝きだす。
終始笑顔を絶やさなかった麻奈実だが、ここに来て表情が変わった。

「いくら悪魔でも、体の内部から高純度の魔力攻撃を喰らえば、タダでは済まないはずよ」
「!? このっ……!」

麻奈実は空いた手で、黒猫を引き剥がそうとする。黒猫は腕を曲げ、麻奈実の体に爪を立て、意地でも離れようとしない。
いっそ首をもいでやろうか。麻奈実がそう思ったとき、彼女の右腕に痛みが走った。
まだ意識のあった桐乃が、その腕に爪を突き立てていたのだ。そして、彼女の体も白く光り輝いている。

「言ったじゃん……。あんたを殺すまでは……殺されても死なない……って……」
「や、やめてっ!」

麻奈実は狼狽した。
声を荒げ、攻撃をやめるよう頼んだ。それを聞き、唇を歪める桐乃と黒猫。
この悪魔がこれだけ困惑している。それは、今から自分達が放つ攻撃は『効果がある』という裏付けに他ならない。
二人の魔力の輝きは、さらに増した。

「「地獄に堕ちろ」」

その言葉を合図に、桐乃の、黒猫の練りに練り込んだ魔力が爆発した。

254 名前: ◆lI.F30NTlM[sage saga] 投稿日:2011/04/02(土) 01:14:11.23 ID:i1LYuYF3o [15/18]
ーーーーーーーーーーーー


美しく、華やかなホールは、もう存在しなかった。
土煙が舞い、あちこちに瓦礫が転がり、名残すら残らないほど、このホールは破壊され尽くした。
天井もすでに無く、柔らかな月光がこの闇を払おうと懸命に光り続けている。
そんな瓦礫に埋もれた場所に、少女が二人。
ドレスはあちこちが破れ、体は傷だらけ、ところどころ出血している無残な姿の少女達。

「やった……の?」
「どうかしら……」

二人の少女――――桐乃と黒猫は、同じ場所を見ていた。先程まで、あの悪魔が立っていた場所だ。
今は土煙のせいで何も見えないが、もし生きていたときのために戦闘態勢だけは取っている。
だが、もし生きていたら彼女達に勝機は無い。
満身創痍、疲労困憊、おまけに魔力はほぼ使い切った。はっきり言えば、逃げる事だってままならない状態なのだ。
あの悪魔の死を祈りながら、二人は見つめ続ける。
不意に、夜風が吹いた。
土煙は払われ、視界がクリアになる。月光が、この場を照らす。
そして、二人は見た。あの悪魔の姿を。
いや、『悪魔』と呼ぶべきなのだろうか。
視線の先には、ボロボロの茶色いドレスを纏い、腹に大きな風穴を空け、その穴と口から大量に血を流している、眼鏡を掛けた地味な短髪の少女の姿しかなかったからだ。
その少女もまた、二人を見つめていた。
地味な少女――――麻奈実は、静かに笑った。

「っ!」

桐乃と黒猫が身構える。
だが、麻奈実は何もしてこない。ただ、笑っているだけだった。
……十数秒後、ようやく口を開く。

「負けちゃったか」

口の中をゴポゴポと鳴らしながら、そう呟いた。
そして、両手を広げて月を仰ぐ。月光を体全体に浴びせるかのような姿勢。
その麻奈実の体を、地面から伸びたコールタールの鞭が締め上げた。

「もうお迎えかぁ。せっかちだなぁ~」

異様な光景を前に、驚く桐乃と黒猫。
一方、麻奈実は驚いた素振りも無い。こうなることは知っていた、そんな態度であった。
コールタールで出来た鞭は麻奈実の体を引っ張る。地面の中へ、地面の中へと。

「桐乃ちゃん。黒猫さん。お別れ、だね」

体が半分まで埋まった麻奈実は、相変わらずとぼけた調子で言い放った。
笑みを浮かべて、いつものように、別れを告げる。

「それじゃ、『永遠』にさようなら」

それが、田村麻奈実の最後の言葉だった。
悪魔との契約。それには当然、リスクが伴う。
強大な力を得る代わりに、死後、その魂は悪魔に奪われ、永遠の闇を彷徨う。
あの光景は、麻奈実の魂が悪魔に奪われる場面だったのだろう。
脅威が去り、桐乃は大きく息を吐いた。

255 名前: ◆lI.F30NTlM[sage saga] 投稿日:2011/04/02(土) 01:14:38.99 ID:i1LYuYF3o [16/18]
「はぁ~~~~~~~~~。これで終わりかぁ」
「寝惚けたことを言わないで頂戴」

体が汚れることも気にせず、大の字に寝転がった桐乃を、黒猫は冷たい目で見つめた。

「何言ってんのよ。あの悪魔もブチ殺したじゃん」
「あなたこそ、何を言っているのかしら?まだ、私達が残っているわ」

黒猫はそう言い、歩き出した。桐乃から10m離れたところで立ち止まり、振り返る。

「まだ、続ける気なの?」
「当然でしょ。このしきたりは、最後の一人になるまで続くのだから」
「そんなことしたって、意味なんかないじゃん!!」

桐乃は黒猫を睨みながら、声を張り上げた。
黒猫は、やはり冷たい目で桐乃を見つめ返す。

「なら大人しく死になさい。それでこの馬鹿げたしきたりも終わり。私が、この地の魔力も『あの人』も手に入れるだけよ」
「……それは……それだけは……認められない……」

『あの人』。
その言葉を聞いて、桐乃の意識が変わった。
大事な親友であろうと、『アイツ』は渡さない。それはあやせでも、黒猫でも同じだった。
桐乃は立ち上がり、黒猫と対峙する。
右拳を握り、白い魔力を纏わせて。

「そう。それでいいのよ」

黒猫も右手を手刀の形にし、黒い魔力を纏わせる。
お互いに、魔力はほとんど残っていない。これが最後の一撃。これで……終わりだ。
白いドレスの少女と、漆黒のドレスの少女。二人は、同時に駆け出した。

「うおおおおおおおおおおおおおおおおおっ!!」
「はあああああああああああああああああっ!!」

疾駆、交錯、破壊音。
白い拳は、漆黒のドレスを破り、腹を撃ち抜いた。
黒い手刀は、白いドレスを裂き、胸を貫いた。
黒猫の表情が歪む。桐乃の口から血が溢れ出す。
勝負は決した。
心臓を破壊された桐乃は、糸の切れたマリオネットのように崩れ落ちた。

「はぁ……はぁ……」

桐乃から腕を抜き、血を払う。
体に力が入らず、膝が折れた。
腹から流れ出る血が止まらない。体温が体の外に逃げていく。

「治癒魔術も……もう……無理……ね……」

起きていることすら出来ず、うつ伏せに倒れる。
血は止まらない。意識が遠退く。目すら、開けて、いられ、な、い。

256 名前: ◆lI.F30NTlM[sage saga] 投稿日:2011/04/02(土) 01:15:05.38 ID:i1LYuYF3o [17/18]
ーーーーーーーーーーーー


かつては立派な洋館であったこの廃墟に、コツコツと音が響く。
闇の中から響く音は次第に大きくなり、音の主が姿を現した。
月光に照らされたその姿は、大柄で均整の取れた肢体にタキシードを纏い、シルクハットとステッキを身に着けた、男装の少女。
一つだけ言うことがあれば、その瓶底眼鏡はいかがなものかということだけだ。

「おやおや。今回は皆様、お亡くなりになられましたか」

少女――――沙織・バジーナは眉を顰め、少し残念な調子で呟いた。
それも一瞬。すぐにいつもの調子に戻り、ステッキを振るう。
三つの少女の体が光に包まれ、収縮し、野球ボールほどの大きさの光球となった。
再度ステッキを振るうと、光球は沙織のもとに集まる。

「おや?一つ足りませんね」

沙織は顎に手を添え、「はて?」といった感じで首を傾げた。
しばらくして、ポンと手を打つ。

「そうでした、そうでした。一つは『あちら側』に行ってしまっていたんでした」

ステッキを縦に大きく振るうと、空間が裂けた。
ステッキの先端を裂け目に向けて、くるくると回す。すると、空間の裂け目から光球が一つ出てきて、裂け目が閉じられた。

「さて、これで全てですな。では、『元の場所』へお帰りください」

ステッキを振るうと、沙織のもとに集まっていた光球は空高く浮かび上がり、ヒューっと飛んでいってしまった。
次に沙織は、ステッキで床をトントンと叩く。
すると、先程まで廃墟であった洋館が、元の立派な姿に戻った。

「今回は適格者無し。ということで、今まで通りに魔力を循環させることにいたしましょう」

シルクハットを手に取り、くるくると回しながら、沙織は独り言ちる。

「次回はどうなるでしょうか。いやぁ、実に楽しみですなぁ」

シルクハットを被り直し、ステッキで長方形を描く。
そこにドアが一つ現れた。
沙織はノブを回し、ドアを開ける。ドアの向こう側へ行く前に、『こちら』を振り返り、

「それでは、100年後までごきげんよう」

そう言い残して、ドアをくぐった。
ドアは閉まった途端に掻き消え、洋館の照明が落ちた。


――劇終――

257 名前: ◆lI.F30NTlM[sage saga] 投稿日:2011/04/02(土) 01:15:32.15 ID:i1LYuYF3o [18/18]
ーーーーーーーーーーーー


「……………………」
「どうかしら?」

俺は今、自室で小説を読んでいた。隣には、小説の執筆者である黒猫がいる。
今回はオリジナルということらしいが……正直に言おう。黒猫らしくない。
かつてのマスケラの二次創作のように、膨大な設定は無く、分量も多くは無い。
内容はお粗末で、出来の悪い少年マンガを読まされているような気分だ。まるで、黒猫ではない誰かが戯れに書いたような……。

「なんつーか、お前らしくない内容だったな」
「やはり、そう思うかしら?」

やはり?やはりとは、どういう意味だ?
俺の表情からそれを感じ取った黒猫は、一応説明してくれた。

「ふと書き始めたものなのだけれど、書き終わって読み返したら、私らしさを全く感じなかったのよ」
「でもよ、お前が書いたんだろ、これ?」
「それはそうなのだけれど、不思議と『私が書いた』という実感が無いの」
「なんだそりゃ?」

黒猫は、自分のことなのにまるで他人のことを話すような口振りだった。
実に妙な話だが、俺はなぜか納得していた。

「そうかい。で、これどうすんの?」
「こんな駄作、残しておくことすら恥というものよ。データも完全に削除するわ」
「そっか。それなら、なんでそんな恥ずかしいものを、俺に見せてくれたんだ?」
「客観的な意見が欲しかったのよ」

黒猫はふぅと溜息を吐き、さらに続けた。

「私自身、『私らしくない』と感じたけれど、他の人から見たらそうでもないかもしれないじゃない」
「ふぅん。じゃあ、もし俺が『お前らしいな』って言ってたら、これをどうする気だったの?」
「これを参考に、私の悪い部分を洗い出そうと思ったのよ」
「なるほど」

これを反面教師にして、次を書こうとしてたのか。
相変わらず、好きなことには熱心なヤツだ。

「でも、その心配は要らなかったみたいね」

黒猫は俺に密着し、PCを操作し始めた。

「お、おい……」
「すぐ終わるわ」

ポインターを操作し、データファイルの一つをクリック。
そこでShift+Deleteキーを押す。『ファイルの削除と確認』というウィンドウが立ち上がり、黒猫は迷わず『はい』を選択した。
1秒も経たずに、問題の文書ファイルは削除された。



おわり
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。