if・闇猫更生?編:9スレ目446


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

446 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(長野県)[sage saga] 投稿日:2011/04/11(月) 20:59:27.42 ID:PwsM2k6to [2/6]

 それは、煉獄の炎のような熱気が立ち上る、真夏の昼下がり。
 私は、現世の宿敵である“茶髪女《ウリエル》”からの呼び出しに応じる形で、とある寂れた公園を訪れる。

「こんなところに呼び出して、一体何の用件かしら」

 分不相応にもこの私を召喚したその主は、既に公園の木陰にあるベンチに腰を下ろして待っていた。
 ただ、その姿からは、今日の陽光にも劣らぬようないつもの輝かしい気配は無く、深淵の闇のような静寂を纏っている。
 ……ふん、この様子では、此処でこの私との因縁に決着を付ける……というわけではなさそうね。

「まぁ、ちょっと……そんな賑やかな場所でするような話でもないし、さ」

 その口から発せられた言霊は、先程感じた今のこの女の気配同様に、まるで生気を感じられないものだった。
 この唯我独尊を絵に描いたような女が、こんなになる状況……。“予知”される事象は、たった一つしかない。

「……成る程ね。大体察しは付いたけれど……聞いてあげるわ。言って御覧なさい」
「うん……」

 その返答は、了承か、それとも諦めか。
 そして、鮮やかに彩られた唇が、不釣合いにも絶望という名の呪詛を唱え出す。

「……あいつ、あやせと…………付き合うことになったよ」

          ☆

「──ふん、ブラコンを拗らせた挙句がこの始末なのだから、あなたの自業自得も大概ね。いい気味だわ」

 事の顛末を聞き終わった私は、殊更に煽るような台詞を口にする。
 露聊かも慰撫の言葉をかける気などないわね。第一、この女のほうでも同情など求めていないでしょうし。

 ──“因果応報”というものかしらね。
 闇の宿命に生きる私が、人間風情の馴れ合いの真似事をしたところで、所詮この結末。
 ……フッ……この私ともあろうものが、とんだ茶番劇を演じたものね。

 やはり“こんなもの”は、私には不要で無縁だということがよく分かったわ。
 ハ、友達? 恋人? ──畢竟、俗物共の下らないお遊戯よ。
 仲良しごっこは、もうお仕舞いにするわ。……まあ、初めからこの女とは仲良くなんてなかったけれど。

「うっさい。あんただって何よ、そのやさぐれようは。この世のものは全て敵みたいな顔しちゃって、そんなにあいつのこと好きだったの?」

 そうして返された、あの女のいつもの憎まれ口。
 でも、その台詞の意外な内容に、心の奥深くが突き刺されたような感覚を覚え、一瞬、息が詰ってしまう。

「……わ、私は元々こんなものよ。大体、こっ、この私の眷属になる資格があんな男にあるとでも思っているのっ」

 ──クッ……、不意を突かれて、我ながら分かりやすい動揺を晒してしまったわ……。

 吃驚して眼を丸くする私に対し、『あたしには全部お見通し』とでも言いたげな顔を向ける茶髪女。
 この女に直接私の真意を話したことなどない筈なのに……私の取り繕うような言い訳など意に介さず、といった様子。
 ……ふ、ふん、勝手に解ったような気になっていればいいわ。全く、何処までも厭味な女ね。

「ハイハイ。でもまあそうだよね。あんな見る目の無いやつ、あたしたちには釣り合わないって。折角このアタシ、が、さ……っ」

 ……?
 厭味女の癪に触る喋りが、最後の方で妙に変調する。……上擦ったような、口篭ったような。

「……あ、たしが…………あたし……がっ……」

 その声と同期して、あの女の肩が震え出す。否、肩だけではなく、その体全体が。
 私にとって初めて聞く声色。私にとって初めて見るその姿。
 感極まってベンチから立ち上がり、私の胸に飛び込んでくる、それは──

「うっ……うぐっ……、うわぁあぁぁあぁぁんっ!!」

 ──熾天使の、慟哭。

 あのプライドの塊のような女が。弱味など他人には決して見せなかった、あの女が。

 人目も憚らず、私の胸に縋りついて号泣していた。

「…………ふん……莫迦な女ね……」

 この私としたことが何の気紛れか、胸元の女の背中に手を回し、そのライトブラウンの髪をそっと撫でる。
 ……本当に……莫迦な女。そして……ずるい女ね、あなたは。
 あなたが先に、私の胸で泣いてしまったら……。

「…………うっ……っくぅ……ぇっ……」

 ……私の泣き顔が、周囲から丸見えじゃない……。

447 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(長野県)[sage] 投稿日:2011/04/11(月) 21:00:48.42 ID:PwsM2k6to [3/6]
          ☆

「ぐすっ……、あ~ぁ、お化粧ぐちゃぐちゃになっちゃった……」

 ──どれ程の時間が経っただろう。
 ようやく涙泉を枯渇させた私たちは、ひっそりと並んでベンチに腰を落ち着けていた。

「……ぐす……、本当、酷い顔ね。瞼が腫れて、そのマル顔が更に丸くなっているわよ」
「あんたって……ホント口が減らないよね……っ。じっ、自分だってっ、目真っ赤じゃんっ」
「ふ、ふん。こ、これは闇の眷属特有の邪眼の色よ。何処に目を付けているの」

 そのやり取りも相変わらず。
 今にしてみれば、こんな私たちの関係も、それ程悪くはなかったように思う。
 ただ、それも全ては捨て去るべき過去となるわけだけれど……。

「はぁ、それにしても周りに人がいなくて良かったぁ……こんな顔、人に見せられないって……。ケド、あんたで二人目かな、見られたの」
「……それは奇遇ね。私も……あなたで二人目になるわ」

 恐らくだけれど、あの女の言う『一人目』と、私にとっての『一人目』は、同一人物なのではないかしら。
 今以て近くには居ても、今となっては遥かに遠い存在となった、あの人。

「そっか。……あたしたちって、実は結構似たもの同士なのかも」

 自嘲するような、あの女の台詞。どうやら、あちらも同じ解釈に至ったようだった。
 ……そうね、性格も嗜好も正反対なのに、私たちは相手の考えていることが何となく理解出来てしまう。
 案外、無意識のレベルでは似通っているのかも知れないわね……。認める気など、更々ないけれど。

「ふん……冗談じゃないわ。あなたみたいなスイーツ(笑)と一緒にしないで頂戴」
「あたしだってあんたみたいな邪気眼電波と一緒にされたくないってのっ。……でもさ、何となく分かっちゃうんだよね。あんたの考えてるコト」
「フッ、戯言を言うわね? 人間風情にこの私の“深層心理《アカシックレコード》”が読み取れるとでも思っているのかしら」
「あんたさ、……このままいくと、今後あいつとの関わりを一切断つ気じゃないの? 勿論、その『関わり』の中に、このあたしを含めて」

 ────。

 ……何も言えなかった。
 言える筈もない。……正にその通りのことを、先程からずっと考えていたのだから。
 ……この女……、まさか本当に私の深層意識を見透かしているとでもいうの──

「やっぱりね。どうせそれがケジメだとか清算だとか言うんだろうケド、そんなのこのあたしが許すと思ってんの?」
「……余計なお世話よ。別に私がどうしようと、あなたにとやかく言われる筋合いは──」
「許さないって言ってんでしょッ!!」

 空気が、震えた。
 霹靂のようなその一声と共に、その双眸は私を捉え、睨みつける。
 先程とは違う理由で、何も言えなくなってしまう。……なんて、迫力……こ、怖いじゃないの……。

「筋合いとか、あんたがどう思おうが関係ない! あたしはこれ以上、もう何も手放すつもり無いから! 『二人目』まで、諦めるつもり無いから!!」

 それは、絶対に揺るがない決意を秘めた喚声。
 『一人目』は失ってしまったけれど、これ以上は決して譲らないという堅牢な意思を感じさせるに十分なものだった。

「……ま、全く……相も変わらず、我侭な女ね」

 気圧されつつも、精一杯平静を装って言葉を返す。
 初対面の頃を彷彿とさせるあの女の眼力には正直腰が引けるけれど、ここは臆して引き下がるわけにはいかない。

「このあたしが言い出したら聞かないってコト、あんたなら十分分かってる筈だよね」
「ええ、厭という程ね」

 確かに、あなたの傍若無人っぷりはこれまで散々思い知らされているわ。
 それでも、今回ばかりはこの私にだって意地があるのよ。

 ──どうやら、この女には現実というものをはっきりと突き付けてやる必要があるようね。

「でも、所詮女の友情なんて虚構に過ぎないわ。あなたの大事なお兄さんを寝取ったのは、あなたの親友ではなかったかしら?」
「うっ……、あ、あやせは別に、あたしを裏切ったワケじゃ……」
「結果的には同じ事よ。……あなただって、他に好きな男が出来たら、私のことなんか忘れて夢中になるのでしょう?」

 そうよ。今回のことで思い知ったわ。
 依存した分だけ、それを喪失したときに生じる空虚は、悲嘆と絶望の刃と化し、自らの心を抉り取る。
 そんな思いを味わうのは、金輪際御免蒙るわ。もう二度と……こんな気持ちになる位なら──

「……あたしはっ……、もう……他の男なんか絶対好きにならないっ」
「今はそう言えるでしょうね。でも、それが生涯変わらない保証があるのかしら。あなたに恋人が居ないとなれば、周りが放っておかないでしょう」

 ……所詮、あなたと私では生きる世界が違うのよ。
 あなたは光の当たる世界で華々しく生きていけばいい。それだけの美貌も、才能もあるのだから。
 そして私には静謐たる闇の世界こそ相応しい。そう、煩わしい俗世との関わりなど無用の、以前の孤高な私に戻るだけ……。

448 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(長野県)[sage] 投稿日:2011/04/11(月) 21:02:22.57 ID:PwsM2k6to [4/6]

「…………分かった。じゃあ、恋人作る」

 ややあって、少し拗ねたような、それでいてはっきりとした意思表示。
 ……この女にしてはやけに物分りがいいわね……少し意外だわ。まぁいいけれど。

「……フッ、そうなさいな。それがあなたにとって一番──」
「──あんた、あたしの恋人になってよ」

 ……。

 …………。

 ………………。



「………………はい??」



 ────い、今……、こ、この私の理解出来る言語の範疇を遥かに超えた台詞が飛び出した気がするわ……っ?

 きっ、聞き間違いかしら。聞き間違いよね。そうであって頂戴、お願いだから。

「あんたがあたしの恋人になれば、他の男は寄ってこない。女の『友情』じゃないから、虚構でもない。あんたはあたしから離れない。カンペキじゃん!!」

 願う間もなく、あの女は否応なく現実を再確認させてくる。
 ……あ、相変わらず容赦のない女ねっ。少しは現実逃避させてくれてもいいじゃない。
 というか、これが現実で本当にいいと思っているの? 寧ろ現実への冒涜じゃないの? 基本的な何かが全力で間違っている気がするわよっ?

「あ、あああ、あなた、突然訳の分からないことを言い出さないで頂戴っ。な、何がカンペキよ、エロゲーのやり過ぎで脳が腐って発酵しているんじゃないのっ」

 冷たい汗が額を伝う。
 それもその筈、私を捉えるその蒼碧の瞳は、間違いなく本気の意思を訴えているのだ。
 クッ……、無意識で相手の気持ちを読み取ってしまうというのも、こんな時には恨めしいものね……。今一瞬、軽く自己嫌悪に陥ったわ。

「なによ、ヤなの?」
「厭とかそういう以前の問題よっ。お、女同士で恋人とかなれるわけないでしょうっ」

 確かに、現実を突き付けるとは言ったわ。
 でも、これは現実というより一般常識とかモラルの類よね? 何故こんなことを力説しないといけない状況になっているのよ……っ。

「え~、だってあんた、同人で百合とか描いてるじゃん? あ、恋人じゃなくて性奴隷のほうがいいんだっけ?」
「せっ……、に、二次元と三次元を一緒にしないで頂戴っ。──って、あなたが何時も言ってる事でしょう……っ」
「一緒になんかしてないって。あたしは、ちゃんと三次元のあんたが好きだから」
「す……っ」

 こ、こここ、告白されたっ?
 生まれて初めて受けた告白が、まさか同性からのものだなんて……っ。

 い、いえ。ち、ちょっと待って。落ち着きなさい? 確かあなた、さっきまで兄への想いで傷心していた筈よね?
 どういう思考回路を以ってすれば、こんな明後日の方向に話を飛躍出来るのよ……。

「あー、とりあえず生々しい意味じゃなくてね。一番目はあやせに譲っちゃったから、あたしの中で二番目のあんたが繰り上げ当選、みたいな?」
「……ま、全く意味が分からないわ……」

 何が「みたいな?」よ。好き嫌いは選挙じゃないのよっ。
 ついさっきまで、考えていることを何となく理解出来る、なんて思っていたけれど、とんだ大間違いだったようね。
 流石にこの芳醇エロゲ脳は人智を超えているわ。誰か一刻も早くここに病院を建てて頂戴……っ。

450 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(長野県)[sage saga] 投稿日:2011/04/11(月) 21:04:06.28 ID:PwsM2k6to [5/6]

「……あんたは、あたしのこと嫌いなの? ホントのとこ、答えて」

 急に、先程までとは打って変わって、思いつめたような口調で訊ねてくる。
 その表情は、雨の日の捨て犬のような、不安と哀愁が入り混じったような顔で──。

 ……そ、そんな顔をしないで頂戴。私が悪いことをしているような気がしてくるじゃないの……。

「そ、それは……嫌い……という程ではないけれど……」
「じゃあ好き? 何番目くらいに? 一番はあいつとして──、あ、妹ちゃんとかはナシで」

 一番を確定されているところが気になるけれど、とりあえず置いておくとして。
 ここはやっぱり真剣に答えるべきところよね……。

 妹たちを除外して、私の親しい関係にある人を挙げるとすれば。
 目の前のこの女と、沙織と、赤城さんと──。

 ──それしか思いつかないわよ、悪かったわね、呪うわよ?

 とりあえず、その中で私に一番影響を及ぼしている人物と考えると……。

「……そ、それなら……、あ、あなたが、二番目くらい……」
「なーんだ。それじゃあたしたち両想いじゃん」
「え……そ、そうなるのかしら……?」

 そうはっきり言われると、何となくそんな気もしてくる。
 確かに、あなたも私の中では大切な存在であることは間違いないし……。
 あなたにとっても私がそういう存在なら、それは両想いということになる、のかしら……?

「というわけで何も問題なし! 今日からあんたとあたしは恋人同士!」
「ちょ、ちょっと待っ……」

 頭がぐらぐらして、うまく思考が定まらない。
 「問題なし!」と断言されると、疑問を抱く私のほうが間違っている気がするし……、でもやっぱり何か問題あるような気も……。
 というか、お願いだから少し冷静に考える時間を頂戴……っ。

「ナニよ、まだなんか文句あんの?」
「……な、何かおかしい気がするのだけれど……」
「キノセイじゃないの? あ、もしかして『恋人』よりアタシの『妹』になりたい!っていうなら特別にそっちでも──」
「こっ、恋人でいいわっ!」
「ハイ決定! 恋人契約成立っと!」

 ────し、しまった……っ。

 ……この女の『妹』になどなったら、どれ程の変態行為が我が身に及ぶことか……想像しただけで背筋が凍りつく。
 それならいっそ『恋人』という、幾らか対等な関係のほうがまだしも救われる──。
 どちらかと言えば“まし”な方を選んだだけなのに、何故か告白を承諾した形になっているわよっ?

「そういうワケで、これからよろしくねっ、瑠璃っ!」
「るっ……」
「恋人同士はやっぱ、下の名前で呼び合うもんでしょ。あんたも、これからはあたしのことちゃんと名前で呼ぶこと! はい練習っ!」
「えっ……き、き……きり……? ──……桐……乃……?」
「よし!」

 満面の笑みに八重歯を覗かせて、親指を立てた右手を私の目前に突き出す。
 状況をまだ整理出来ていない私を余所に、勢いよくベンチから立ち上がり、お尻の埃をパンパンと払って。

「 は~、何かいっぱい喋ったらノド乾いたよね~。お化粧も直したいし、どっかでお茶にしよっ! ほらっ、瑠璃も立って!」

 そう言って、私に手を差し伸べる。

 その顔は、私が羨望してやまない、陽光すら眩まんばかりの目映い笑顔で。
 こんな笑顔を傍で見ていられるなら、こんな関係も悪くはない……のかしらね──などと、不覚にも思ってしまった。


 そうしてこの日──私と桐乃は、恋人になった。


 -END-(if・闇猫更生?編)
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。