京介「あははは桐乃は可愛いなぁ」 桐乃「……何言ってんのよ」


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

15: 以下、名無しにか - 2011/05/19(木) 16:32:43.49 ID:FZ9VCmgnO

京介「あははは桐乃は可愛いなぁ」

桐乃「……何言ってんのよ」

京介「ほらほら桐乃、可愛いですねー」

ガシッ

桐乃「ちょ、ちょっと何すんの……」

京介「大丈夫、大丈夫怖くないですよー」

ワシャワシャ……

桐乃「ば、バカ!セットした髪ぐちゃぐちゃにすんなっ!」


16 : 以下、名無しにか - 2011/05/19(木) 16:42:19.65 ID:FZ9VCmgnO

桐乃「このバカ兄貴っ!」

タタタッ

沙織「あぁっ、きりりん氏が自分の部屋に行ってしまったでござる」

黒猫「まったく……一体なんのつもりかしら、今のは?」

京介「これだよ、これ」

沙織「これは……」

黒猫「ムツゴロウ王国のDVD?」

京介「これを見て俺は狂暴な動物相手でもスキンシップ次第で仲良くなれるってわかったんだ!」

沙織「なるほど……スキンシップ作戦でござるな」

黒猫「はぁ……まったく、くだらない事を考えたものね」


21 : 以下、名無しにか - 2011/05/19(木) 16:51:23.08 ID:FZ9VCmgnO

沙織「しかし黒猫氏、これはなかなか素晴らしい作戦だとは思いませんか?」

黒猫「思わないわよ。だいたい無理やりスキンシップさせられる方の身にもなったほうがいいわ。相手からしたらとんだ迷惑よ」

京介「そうかな?人間だって動物なんだしスキンシップされて嫌がる奴もいないだろ」

黒猫「いるわよ」

沙織「黒猫氏はスキンシップ作戦に反対のようでござるな」

黒猫「反対と言うか……無理やりスキンシップされても嬉しくないものでしょう、普通は」

沙織「どうやら黒猫氏はスキンシップの素晴らしさをわかってないようでござるな」

京介「あぁここは俺達で黒猫にスキンシップの素晴らしさを教えてやるべきだな!」

黒猫「えっ……ちょっと何を言っているのあなた達?」


31 : 以下、名無しにか - 2011/05/19(木) 17:00:06.46 ID:FZ9VCmgnO

沙織「さぁ京介氏!黒猫氏は私が抑えておきますので早くっ!」

ガシッ

黒猫「ちょっと、止めなさい!冗談にも程があるわよ!」ジタバタ

沙織「はははっ、観念するでござる黒猫氏。今こそスキンシップの素晴らしさ味わう時でござるよ!」

黒猫「ば、バカな事言ってないで離しなさい!」

京介「ほーら、黒猫ちゃん可愛いですねーよしよし」

ガシッ

黒猫「ほ、本気なのあなた達!」


39 : 以下、名無しにか - 2011/05/19(木) 17:14:36.20 ID:FZ9VCmgnO

桐乃「たくっ何なのバカ兄貴はっ!」

桐乃「とりあえずエロゲして落ち着こう……」

桐乃「……」

桐乃「……」

桐乃「ふぅ……落ち着いたな」

桐乃「さて、どうしようか」


47 : 以下、名無しにか - 2011/05/19(木) 17:22:38.09 ID:FZ9VCmgnO

桐乃「あやせにメールしてみるか」

桐乃「今ヒマしてるんだけど何してるのっと……送信」

桐乃「返信来るまでエロゲしよっと……」

ピリリ

桐乃「って、もう返信きたし!」

桐乃「何々……今加奈子と一緒だけど遊びに来る?か……どうしようかな?」
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。