京介「おいやめろ桐乃! 兄妹でこんな事は良くないんだ!」


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

17 : 以下、名無しにか - 2011/04/08(金) 00:52:20.43 ID:09P+CsJZO

桐乃「ねぇ」

京介「部屋に入るときはノックくらいしろ」

桐乃「人生相談したいんだけど」

京介「久しぶりに聞いたな、そのフレーズ……で、今度はなんだよ」

桐乃「あ、あのさ……」

京介「おう」

桐乃「その……」

京介「?」

桐乃「……あぁもう!」

京介「っ!?な、なんだよ!?」

桐乃「だ、だから!セ、セセ、セッ……」

京介「せ?てかいったん落ち着け、待っててやるから」

桐乃「うぅー…」


19 : 以下、名無しにか - 2011/04/08(金) 00:57:09.98 ID:09P+CsJZO

京介「落ち着いたか?」

桐乃「……うん」

京介「そうか、それで本日はどういったご用件で?」

桐乃「……ちょっと待ってて」

京介「へ?あ、おい!……な、なんなんだ」


24 : 以下、名無しにか - 2011/04/08(金) 01:10:55.88 ID:09P+CsJZO

桐乃「入るわよ」

京介「あぁ……って、手になに持ってんだおまえ」

桐乃「これ」

京介「ん?それがどうしt…エロゲかよ…またやれってか?」

桐乃「う、うん」

京介「はぁ……って、あれ?なんかこれ、いつもと違う感じがするんだが…
   なんていうか、いつにも増して雰囲気が桃色がかってるというか…」

桐乃「う、うるさい!とにかくやれ!」

京介「……あーはいはい、やればいいんだろ、やれば…」


25 : 以下、名無しにか - 2011/04/08(金) 01:23:08.13 ID:09P+CsJZO

桐乃「……」

京介「……あのー、桐乃さん?」

桐乃「なによ」

京介「いや、なにじゃなくて……もう用件済んだんじゃないのか?」

桐乃「は?なにいってんの?」

京介「……俺にもわかるように説明してもらえると助かるんだが」

桐乃「……それ」

京介「それ?…って、あぁこれか、このエロゲがどうしたって?」

桐乃「やってよ」

京介「い、今すぐ?」

桐乃「そう」

京介「……わかった、今すぐ始めるからとりあえずおまえは自分の部屋に戻っててくれないか?
   終わったら声かけるから」

桐乃「あ、あたしのことは気にしなくていいから」

京介「いやいやいや!気になるから!」


26 : 以下、名無しにか - 2011/04/08(金) 01:32:57.47 ID:09P+CsJZO

桐乃「なんで無理なのよ、前にも似たようなことあったんだし慣れたでしょ」

京介「慣れるわけないだろ……はぁ、わかったよ、変な空気になっても知らないからな」

桐乃「なに変な空気って、キモいんだけど」

京介「くっ……あーもうやりゃいいんだろ、やりゃ!」


27 : 以下、名無しにか - 2011/04/08(金) 01:40:10.17 ID:09P+CsJZO

京介「はぁ……えーと、まずはインストールしてと……てかすごいタイトルだな、これ…
   『妹とセックス三昧』て…身も蓋もなさすぎるだろ…」

桐乃「な、なによ、キモいからこっちみんな」

京介「へぇへぇ、わるぅござんした」


29 : 以下、名無しにか - 2011/04/08(金) 01:45:18.35 ID:09P+CsJZO

京介「インストール完了っと……やるからな?」

桐乃「べ、別に確認しなくてもいいから」

京介「最後のチャンスを与えてやったというのに……えぇいもうどうにでもなれ!ゲームスタート!!!!」


32 : 以下、名無しにか - 2011/04/08(金) 01:59:13.26 ID:09P+CsJZO

『あー、あちぃー…』

俺の名前は香坂恭介

外見や趣味、特技など、取り立てて特徴のないどこにでもいるようなごくごく平凡な一般ピーポーだ

そして

『いくら暑いからって上半身裸にならないでよ』

こいつが俺の妹である香坂霧乃

一見すると、小学生に間違われてもまったくおかしくないような体型をしているが、
これでも立派な中学生だ


33 : 以下、名無しにか - 2011/04/08(金) 02:08:11.27 ID:09P+CsJZO

京介「んなっ!?お、おまえこれ!」

桐乃「な、なによ」

京介「いや、名前が……」

桐乃「ぐ、ぐぐぐうぜん同じだったってだけでしょ」

京介「……偶然というか、もはや奇跡に近いな、ここまでくると…」

桐乃「…ご、ごちゃごちゃ言ってないで早く進めて」

京介「……これはアレか、気にしたら負けってやつか…」


36 : 以下、名無しにか - 2011/04/08(金) 02:29:22.87 ID:09P+CsJZO

―――俺たち兄妹には世間様にとても公表できない秘密がある

恭介『別にいいだろ、家ん中なら誰にも迷惑もかからんし』

霧乃『そういうことじゃなくて……』

小声でぶつくさ文句をたれる霧乃

……なんかおかしい

いつもならこいつは、自分の言いたいことはハッキリ言うんだが、
なぜか今は、何かまだ言いたそうに口をもごもごさせている

暑さにでもやられたか?

なんてことを考えながら、絶賛汗ばみ中な体を冷却すべく、団扇で生ぬるい風を送っていると

恭介『ん?』

霧乃がちらちらとこちらの様子をうかがっていた

霧乃『っ!?な、なんでもない!なんでもないから!』

俺と目が合うと、霧乃はなぜか知らないないが顔を真っ赤にして必死に弁解した


38 : 以下、名無しにか - 2011/04/08(金) 02:38:13.00 ID:09P+CsJZO

なんなんだ……まぁいいか

俺は特に気にせず、再び団扇を扇いでいると

ちらっちらっ

また視線を感じる……

今度は気付かれぬよう、こっそりと霧乃の顔をうかがってみると、
どうやらあいつの視線は俺のあらわになった身体に向けられていることがわかった

……あ、なるほどな

歯切れの悪い口調
頻繁に向けられる視線
赤みがかった顔

謎は解けた


41 : 以下、名無しにか - 2011/04/08(金) 02:50:52.30 ID:09P+CsJZO

――――それは

恭介『……なぁ霧乃』

静かに霧乃の背後まで近づき、呼び掛けると

霧乃『ひぁっ!な、なにお兄ちゃん!?』

ビクッと体を震わせ、座ったまま振り向いた

顔は相変わらず赤いままだ

恭介『犯してやるから俺の部屋に来い』

霧乃『っ!?』

――――実の妹と身体の関係をもっている


43 : 以下、名無しにか - 2011/04/08(金) 02:56:22.89 ID:09P+CsJZO

京介「ぶっ!な、なんだこれ!?展開無理やりすぎんだろ!?」

桐乃「……」

京介「てかもしかしてもうエロシーンくんのか?これ……早くね?」

桐乃「……」

京介「……す、進めるからな」

桐乃「……」

京介「……ガン無視ですかそうですか……はぁ…ついに羞恥プレイが始まる…」


47 : 以下、名無しにか - 2011/04/08(金) 03:29:24.73 ID:09P+CsJZO

霧乃は耳を真っ赤にしてうつむいている

10秒ほど待ったが返事がない

……あれ?もしかして俺の早とちりか?

恭介『お、おい』

若干不安になり、再度呼び掛けると

霧乃『……う、うん』

目を潤ませ眉尻を下げ、熱に浮かれたような表情で顔を上げた

どうやら勘違いではなかったようだ

まぁ勘違いであったとしても、
そのまま押し通して無理やりにでも犯せばいいってだけの話なんだがな

恭介『それじゃさっさと立て、俺の部屋に行くぞ』

腕を引き、立ち上がらせ、俺と霧乃は二人の快楽園へと向かった


48 : 以下、名無しにか - 2011/04/08(金) 03:39:09.38 ID:09P+CsJZO

京介「……まさかのワンクッション…てかホント色々とひどいな、これ……」

桐乃「…ぁ…っ」

京介「な、なぁ?やっぱイヤホンつけてもいいか?」

桐乃「……ダ、ダメ…」

京介「そう言うとおもった…って、どうした?
   なんか目が虚ろっていうか焦点が合ってないっていうか……」

桐乃「き、気にしなくていいから……」

京介「そ、そうか……なんかよくわかんねぇけど無理すんなよ?…じゃあ続けるからな?」

桐乃「……」



桐乃「……ぅ…はぁ…はぁっ」


51 : 以下、名無しにか - 2011/04/08(金) 03:43:17.00 ID:09P+CsJZO

ところ変わって俺の部屋

霧乃『はぁ…はぁ…んっ…』

霧乃は俺のベッドに腰かけ、若干息を荒げながら無言で俺の顔をじっと見つめている

恭介『……』

俺はというと、その霧乃の前で腕を組み見下ろすような形で立っている

なんで早くヤらないのかって?
焦らしプレイってやつだよ言わせんな恥ずかしい

……ぶっちゃけると好きで焦らしてるわけじゃなく、
ホントは今日はどんな体位で突いてやろうか考えてるだけなんだけどな

まぁ結果オーライってやつだ


52 : 以下、名無しにか - 2011/04/08(金) 03:56:03.67 ID:09P+CsJZO

そうこう悩むこと約3分

公開オナニーでもさせてみるか、と妙案が思い浮かんだところで、
霧乃がついに耐えきれなくなったのか、なにやらモジモジしながら

霧乃『……ね、ねぇお兄ちゃん…はぁ、はぁ…わ、私もう……』

切羽詰まったような表情で俺を求め始めた

……あ、いいこと思いついた

恭介『…もう、なんだ?』

霧乃『っ!……うぅ…』

恭介『気になるだろ、教えてくれよ』

さらに焦らしてみることにした


54 : 以下、名無しにか - 2011/04/08(金) 04:08:26.08 ID:09P+CsJZO

霧乃『ぅー……どうして意地悪するの……?』

恭介『意地悪じゃねぇよ、単にもう、の続きが気になってしょうがないってだけだ』

普段しないことにやはり抵抗があるのか、うつむき、押し黙ってしまった

やべぇ、なにこれ楽しい

それから霧乃は、顔上げたかと思いきや下げ、また上げたかと思いきやすぐ下げを繰り返していたが、
意を決したのか、顔をがばっと上げ

霧乃『……も、もう我慢できないの…お、お兄ちゃんに挿れてほしくて……』

まるで告白でもするかのような真剣な面持ちでそう言った

ふむ……そろそろ許してやるか


57 : 以下、名無しにか - 2011/04/08(金) 04:25:50.08 ID:09P+CsJZO

恭介『なるほど、そうだったのか』

霧乃『う、うん…ねぇ、もう言ったでしょ?だ、だから…』

期待に満ちた目で俺を見つめる霧乃

だが

恭介『よし、じゃあ今度はおねだりしてみろ』

霧乃『えっ!?』

こんな楽しいこと簡単にやめるわけねぇだろバーカ!

霧乃『~っ!』

もう許して、と涙目になりながら目で訴えかけてきたが、俺はそれを華麗にスルー

さて、今度はどんな顔を見せてくれるのやら…

おねだりをするのに2、3分はかかるだろうと踏んでいたが、意外や意外、
先ほどのことで耐性が付いたのか、霧乃はすぐに口を開いた

桐乃「……お願い……あたしの身体好きにしていいから…だから…」


59 : 以下、名無しにか - 2011/04/08(金) 04:38:14.01 ID:09P+CsJZO

京介「……ん?うおっ!?き、桐乃!?」

桐乃「はぁ、はぁ…な、なんでも言うこと聞くから…ね?だから、お願い……」

京介「ちょ、ちょっと待て!てか近い近い!」

桐乃「いいでしょ…?あたしまだ処女だよ…?兄貴に処女あげるから……」

京介「いやいやいや!い、いったいどうしちまったんだよ!?」

桐乃「兄貴のことが欲しくてたまらないの……だから、ねぇ……」

京介「ちょ!お、おいやめろ桐乃! 兄妹でこんな事は良くないんだ!」
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。