無題:10スレ目860


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

860 ◆lI.F30NTlM [sage saga] 2011/06/09(木) 03:06:23.68 ID:j4iiwrrxo
「ただいま~……って言っても、誰もいないけどな」

本日の業務を終え、仮の住まいに帰ってきた俺を出迎えてくれる者は誰もいない。
これは高坂家における長男の扱い云々が関係しているわけではない。現在、俺が異国の地で暮らしているからだ。

「はぁ……。今日も一日お疲れさん、っと」

さっきまで着ていたジャケットを脱ぎ、ネクタイを外した俺は冷蔵庫から缶ビールを取り出し、その身をソファに沈める。
つい靴を脱いじまうのは、日本人としての習慣が身に染み付いているからだろう。
地元の大学を卒業した俺は、都内の会社に就職した。
それから四年が経ち、海外への長期出張が言い渡された。直属の上司が言うには、これは海外出向への前準備であり、出世コースらしい。
一週間ほどかけて色々と準備をして、今はサンディエゴにいるというわけだ。
海外に来たのはこれで二度目。前に来たのは桐乃を連れ戻す時だったな。
ここサンディエゴはロサンゼルスに近いので、訪れた当初はちょっとした懐かしさを感じていたりもした。
だが、あの時はすぐに帰国したが、今回は違う。短期間とはいえ、慣れない異国の地での生活。郷愁にかられるには十分だった。

「これじゃ、桐乃も調子が出ないわな」

俺の場合、周りには日本人スタッフもいるし、日本にいる友達や家族とも連絡を取り合っているから、アイツほど追い詰められることは無い。
それでもこの状態なんだから、当時中学生だった我が妹様のツラさは如何ばかりか。想像なんぞ出来るはずもない。

「ったく、意地もあそこまでくるとスゲーもんだ」

八年経って少しだけ理解できた桐乃のツラさを思い、ホームシックに拍車が掛かる。
そんな弱気な自分を振り払うため、俺はビールを勢いよく飲んだ。……あ~、不味い。
アメリカの生活で気付いたことが二つある。一つは、日本のメシはスゲー美味いこと。もう一つは、人は寂しいとやたら独り言が多くなることだ。
そんな益体のないことを考えていると、アパートメントの扉がノックされた。

「……?」

時刻はまだ七時過ぎだが、知り合いの少ないこのサンディエゴでは訪問者自体が珍しい。この時間帯ならなおさらだ。
同僚の誰かだろうか? 俺はビール缶をテーブルに置いてドアに近付いた。ドアスコープ越しに外を伺うと、褐色の肌が印象的な黒髪の美女がいた。

(どこかで会ったことがあるような……)

俺の知り合いにはなにかと美人が多いが、それは日本人に限ったことだ。例外として、ブリジット・エヴァンスという女の子もいるが。
それでも、現在外にいる女性のような知り合いはいない……はずだ。
俺はドアロックを外し、チェーンだけ掛けたままでドアを開けた。

「Who is it?(どちら様ですか?)」
「It's Ria!(リアだよ!)」

ふむ。この女性はリアというらしい。
リア……リア……。どこかで聞いたことが……あ!

「リアって……、お前、リア・ハグリィなのか?」
「そうだよ! 久しぶり、キョウスケおにいちゃん!」

861 ◆lI.F30NTlM [sage saga] 2011/06/09(木) 03:06:53.15 ID:j4iiwrrxo
リア・ハグリィ。
俺が彼女と初めて会ったのは、八年も前のことだ。ファースト・コンタクトが衝撃的だったため、今でも鮮明に覚えている。
快活で人懐っこく、桐乃とは実の姉妹のように仲が良かったあのガキんちょが、まさかこんな風に成長するとはな。
立ち話もなんなので、俺はリアを部屋に招き入れた。

「本当に久しぶりだな。でもよ、来るなら前もって連絡しろよな」
「へへっ。いきなり行ったら、キョウスケおにいちゃん驚くだろうなぁと思って!」

見た目はアッと驚くほど変化したのに、中身はあの頃とちっとも変わっちゃいない。笑顔なんて、十二歳のときとまったく一緒だ。
それがなんだか嬉しくて、俺も釣られて笑顔になる。

「とは言いつつ、実はおにいちゃんの連絡先を知らなかっただけなんだけどね」
「俺の感動を返せ!」
「?」

ちくしょう……。なんてすっとぼけた顔をしやがるんだ、このガキんちょは。
良くも悪くも変わってないな、この韋駄天少女は。いや、今は韋駄天美女か?
そういえば、俺がこっちに来てるって何で知ってるんだ?

「ちなみに聞くが、俺がここにいるって誰から聞いた?」
「へ? キリノだけど」
「あー、なるほど。うん、そうだよな」

よくよく考えれば、情報源なんて限られている。俺とリアの共通の知り合いなんて、桐乃しかいねえじゃねえか。妹だけど。
それよりも、桐乃との交流がまだ続いていたことの方が驚きだ。あれから八年も経っているというのに。

「早速だけど、シャワー貸して! 走ってきたから汗かいちゃった」
「いきなりだな……ってちょっと待てェェェェェェェェイ!!」
「?」

俺がいきなり大声を出したので、リアはさっきのようにキョトンとした顔でこちらを見ている。
なんだか聞き捨てならないようなことを言っていた気がするが、今はどうでもいい。それよりも重要なことが、この世にはあるんだ!

「なんでここで脱いでんの!? 脱ぐならバスルームで脱げよ!」
「え~、別にいいじゃん。どこで脱いだっていっしょだよ~」
「違うからね! 全然! 違うからね!! ここには俺がいるんだろうが!」
「大丈夫! リアは全然気にしないから♪」
「俺が気にするんだよ!」

まるで八年前の再現のようだ……。
あの時も、このガキは羞恥心なんてものを全く持ち合わせちゃいなかった。それどころか、俺に裸を見せようとすらしたことがある。
露出狂ではないんだろうが、なんというか……ちょっとブッ飛んでいるのだ。
当時はまだ十二歳。俺はペドフィリア性向を持っていないので、特に反応することは無かったが、今は違うのだ。
その洗練されたスレンダーな肢体は、感動すら覚えるほどのものであると同時に、独特の色気も兼ね備えていた。
この際だ、はっきり言おう。……正直、たまりません。
全裸でなかったことが惜しいような、助かったような気分である。

「お前はもう少し恥じらいを持たんかい! バスルームはあっち!」
「おにいちゃん、キリノみたーい。あ、お兄ちゃんもいっしょに入る?」
「入らんわっ! さっさと行っちまえ!」

俺の思いが通じたのかはわからんが、リアは大人しくバスルームに向かった。
俺はそれを見届けると、ソファにどかっと座った。はぁ、なんかどっと疲れたよ……。

「桐乃……。お前、結構苦労してたんだな」

突然のリアの来訪。それ自体は嬉しいことなのだが、あのパワフルすぎるところはいただけない。
そんなリアと共同生活を送っていた桐乃の事を考えると、改めて俺の妹はすごいんだな~などと変に感心してしまった。

「おにいちゃん、タオル用意しといてね」
「わかったから裸で出てくんな!」

ああ……、こんなに騒がしい夜は初めてだよ。

862 ◆lI.F30NTlM [sage saga] 2011/06/09(木) 03:07:26.21 ID:j4iiwrrxo
「ふぅ、さっぱりしたー」
「そうかい。水、置いとくぞ」
「あはっ、ありがと! おにいちゃん、超好きっ!」
「はいはい」

バスルームから出てきたリアは、今度はちゃんと服を着ていた。ここまで言わないと通じないことが少し悲しい……。
リアがシャワーを浴びている間に部屋着に着替えた俺は、リアが出てきたのを見て、冷蔵庫からペットボトルのミネラルウォーターを出してテーブルに置いた。
リアはそれを手に取り、ゴクゴクと喉を鳴らして水を飲んでいる。
それだけのことなのだが、妙に色っぽい。風呂上がりなことも関係しているのか?

「そういや『走ってきた』とか言ってたけど、駅からか?」
「んーん。ロスから走ってきたの」
「はい?」

今、なんと仰いましたか? ロスから? ここまで?
はあああああああああああああああっ!? バカじゃないの!? この娘、バカじゃないの!?
思わず心中で二度もツッコんでしまうほど、リアの言葉は衝撃的だった。「隣の県から走ってきました」と言われても、ここまでは驚かないだろう。
何といってもここはアメリカ合衆国。日本とはことあるごとにスケールが違うのだ。

「おま、ロスって……。あの合宿所からか?」
「違うよ。リア、もうジュニアじゃないから練習場所は変わったんだ。ま、あんまり離れてないから変わんないかもだけど」
「あ、そうなんだ。……いやいやいや! それでも結構距離あるだろ!?」
「ん~、そうかな? 120マイルくらいだと思うけど」

120マイル……だと……。kmに直すと約193kmとなる。
よし、改めて言おう。ご近所迷惑になるといけないので、心の中だけでだが。
バッッッッッッッッッッッッッッカじゃないのっ!!!!?

「え? マジなのそれ? マジでロスから走ってここまで来たの?」
「そーだよ。朝出発して、そのままここまで来たの」
「ヘー、ソウナンダー」

もう驚くことにも疲れたよ……。このままコイツの話に付き合ってたら、俺は驚き過ぎて死ぬかもしれん。いや、マジな話。
俺は急激に重くなった体をベッドに横たえた。もう……このまま眠ってしまっても……いいよね? ゴールしても……いいよね? 何がゴールなのかはわからんが。

「おにいちゃん、もう寝るの?」
「いや、そういうわけじゃないんだが……」
「だったらリアも寝るー!」
「うごぉっ!」

うつ伏せで倒れこんだ俺を見て何を思ったのかは知らんが、リアはいきなり俺の上に飛び乗ってきやがった。
いや、これはフライングボディプレスだな。なんにせよ痛いよ、ママン。

「リ、リア……どいてくれ……」
「えー、いいじゃんいいじゃーん。いっしょに寝ようよー」

リアは駄々をこねる子どものように、体を揺すって拒否の意を示す。俺の背中の上で。
いや、マジやめてくださいよリアさん。いくら貴方が軽くても、ちょっと苦しいんですよ。
それにね、そうやって動くとヤバいんですよ。貴方の身体の柔らかさとか、なんかいい香りとか伝わってきて、俺のリヴァイアサンががががが。

「えぇい! どかんかーいっ!」
「きゃ!」

なんとか理性を奮い立たせ、俺はリアの体を跳ね除けた。
俺の反撃を受けたリアは可愛らしい声を出し、ベッドの上にどさっと倒れこんだ。

「へへっ。キョウスケおにいちゃんってば、だいたーん」
「お黙り! この悪ガキめ!」

楽しそうに笑い転げるリアに対して、ついつい声が大きくなってしまう。
いかん、さっきからペースを乱されっぱなしだ。明日も仕事だというのに、全く休むことが出来ないではないか。

「なぁ、リア。もう夜も遅いから帰ったらどうだ? ホテルまで送ってくからさ」
「へ? 何言ってるの?」
「いや、何って……」
「リア、ホテルなんて取ってないよ」

この状況を打破するために出した提案なのだが、どうやら違う爆弾を引っ張ってきてしまったようだ。
今の言葉がウソであることを願いながら、俺はリアの言葉の意味を問い質した。

「どういう意味だ?」
「意味って言われてもなー。リア、最初っからおにいちゃんのところに泊めてもらおうと思ってたもん」
「…………oh.」

863 ◆lI.F30NTlM [sage saga] 2011/06/09(木) 03:07:54.77 ID:j4iiwrrxo
さて、今の状況を説明しようか。
俺は今、ベッドの中だ。シャワーも浴びたし、あとは寝るだけだからな。
そして俺の隣にはリアがいる。つまり、二人して同じベッドの中にいるというわけだ。
勘違いしてほしくないのは、決して性的な意味ではないということだ。それに、俺は同じベッドで寝ようなどとはこれっぽっちも思っちゃいなかった。
最初はソファで寝る気だったんだ。いくらリアが気にしないと言っても、嫁入り前の女の子と閨を共にするわけにはいかないだろ?
だが、俺が「ソファで寝るから、リアはベッドを使え」と言ったら、

「えー。いっしょがいいよー。キョウスケおにいちゃんもベッドで寝よ?」
「ダメだ。ベッドはお前が使え」
「やだやだー。いっしょがいいってばよー」
「駄々をこねるな」

というやり取りが起きた。
これ以上は堂々巡りになると判断し、俺はさっさとソファに横になったわけだが、そうしたら、

「じゃあ、リアもこっちー」

などと言ってソファに潜り込んできやがった。
と言うわけで、仕方なく俺もベッドで寝ることにしたわけだ。言っておくが、仕方なくだからな!

「へへっ。キョウスケおにいちゃんの背中、おっきいね」
「そーかい」
「うん♪ それにね、あったかくて気持ちいいよー」

最後の抵抗とばかりに、俺はリアに背を向けてさっさと寝ちまおうと思ったわけだが……。
リアは俺の背中にぴったりとくっついてきやがった。おかげで、リアの体温や柔らかさがダイレクトに伝わってくる。
こんな状況で寝れるか? 少なくとも、俺には無理だ。

「おにいちゃん、今日はアリガトね」
「なんだよ、突然」
「だって、いきなり来たリアのお願い、聞いてくれたでしょ? やっぱりやさしいね、おにいちゃんは」
「…………そりゃ、俺の台詞だ」
「へ?」

さっきまではしゃぎ回って俺を振り回してくれたくせに、急にしおらしくなるなんて卑怯だろ。
だからさ、俺もどうにかなっちまったんだと思う。六つも年下の女の子に、今の心情を吐露するなんてよ。

「俺さ、こっちに来てまだそんなに経ってないけど、寂しかったんだよ」
「さびしい?」
「ああ。慣れない生活がしばらく続いて、日本が恋しくなってな。あと二ヶ月もすりゃ帰れるんだが、それでも寂しかった」
「そっか……」

リアは茶化すことも無く、俺の話を聞いていた。

「けどな、今日はそんなことも忘れちまったよ。リアのおかげだ」
「リアの?」
「リアに振り回されて、意味もなく大声出したりして、寂しさなんか吹っ飛んじまったよ。だから、ありがとな」
「……へへ。ならよかった」

俺が礼を言うと、リアがぎゅっと俺の体を抱きしめてくれた。
本当なら注意するべきところなのだろうが、俺はあえて何も言わなかった。

「さ、もう寝ろ。どうせ、走って帰る気なんだろ?」
「うん。コーチには、明日帰るよって言ってあるからね。朝には出発しないと」
「じゃあ、ちゃんと寝て休まないとな」
「そだね。おやすみ、おにいちゃん」
「おやすみ、リア」

さっきまで緊張しっぱなしだったのに、今は不思議と安心できていた。
リアに後ろから抱きしめられながら、俺は眠りについた。

864 ◆lI.F30NTlM [sage saga] 2011/06/09(木) 03:08:23.33 ID:j4iiwrrxo
翌朝。カーテンの隙間から差し込む陽光で、俺は目を覚ました。

「ん……」

こんなに気持ちのいい目覚めは久しぶりだ。これもリアのおかげだな。
時計を見ると、今は朝の06:37。まだ慌てるような時間じゃない。
俺がベッドから出ようとすると、布団の中で何かがもぞもぞと動いていた。ああ、そう言えば一緒に寝たんだったな。
そこにはリアがいて、俺の胸に擦り寄ってきていた。普段は良血のサラブレッドみたいなのに、その仕草はどこか小動物みたいだった。
ん? 俺、昨日はたしか、リアに背を向けて寝てたよな? なんで向かい合う形になってんの?

「んぅ……。あ、おはよ、おにいちゃん」
「お、おう。おはよう、リア」

俺が今のこの状態に困惑していると、リアが目を覚ましてしまった。と言っても、まだ意識の半分は夢の中なのか、俺の胸に顔を擦りつけて起きようとはしない。
ねえ、リアさん。それ、くすぐったいし色々と持て余しそうになるんで、できればやめてもらえないっすかね?

「ん~。おにいちゃんのにおいがする~」
「……こら」
「oh!」

このままだと色々とよろしくないことになりそうなので、俺はリアに軽くチョップして、その眠りを妨げてやった。
リアは無駄にテンションの高い悲鳴を上げている。

「ほら、起きろ。朝飯ぐらいなら作ってやるよ」
「ん~。もう少しこのまま~」
「ダメだ。俺は仕事だし、お前も今日は帰るんだろ? ちゃっちゃと起きる!」
「ん~。おにいちゃんのけち~」



それから一時間後、俺達は揃ってアパートメントを出た。

「じゃあな。気をつけて帰れよ」
「だいじょうぶだいじょうぶ~。おにいちゃんも、お仕事がんばってね」

リアがいたのはほんの少しだけだったのに、ずいぶんと濃密な時間を過ごしたような気がする。
けど、たまにはこういうのもいいかな、なんて思ったりもした。いや、ホントたまにでいいよ。毎日はゴメンだ。

「今度来るときは、ちゃんと連絡しろよ。俺がいないこともあるかもしれないんだからな」
「はーい。おにいちゃんも、さみしくなったらリアのとこに来てもいいよ♪」
「へっ。ま、寂しくなったらな」
「あ、別にさみしくなくても会いに来てもいいから」
「あー、どうすっかな。ま、帰国前には一度行くよ」
「うん! 待ってる!」

それから俺はリアに合宿所の住所を聞き、自分の連絡先を書いたメモを渡した。
リアは、俺から受け取ったメモを小さなカバンの中に乱暴に突っ込み、屈伸運動を始めた。

「じゃ、またね、キョウスケおにいちゃん!」
「おう、またな」

別れの挨拶を終えた途端、リアは爆発的なスタートダッシュを決めて走り去っていった。
八年前も驚いたが、今のはあの時以上のスタートだった。……ったく、とんでもねえヤツだぜ。
あっという間にリアの姿は見えなくなったが、俺はほんの少しの間だけ、リアが走り去っていった方向を見ていた。

「さぁて、俺もやりますかね」

リアを見習って、俺も俺の場所で頑張らないとな。自分を鼓舞する意味も込めて、俺はあえてそう口にした。
とりあえずは、この長期出張を無事に終えることか。あと、ロス行きの切符を手配しとかないとな。


おわり

ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。