京介「妹たちに安価で悪戯する」 その2:924+ex


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

924 名前: ◆5yGS6snSLSFg[saga] 投稿日:2011/06/28(火) 17:24:09.67 ID:3HglxMaxo
夏休み、二十日目

名前:兄貴[] 投稿日:2011/08/10(水) xx:xx:xx.xx ID: xxxxxxxxx
さて、夏休みも残すところ1/3だ

次≫933



933 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[sage] 投稿日:2011/06/28(火) 17:30:59.25 ID:MYRwn1Wdo
家族で食事に両親へコンドームをプレゼント

938 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[sage] 投稿日:2011/06/28(火) 17:33:12.31 ID:MYRwn1Wdo
ようやく両親へ親孝行できるな
大介には迷惑をかけすぎたからな

939 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[sage] 投稿日:2011/06/28(火) 17:34:05.48 ID:HzlNg7VAO
≫933
なんつぅ爆弾を…

942 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[sage] 投稿日:2011/06/28(火) 17:36:50.31 ID:qHzPUd5Fo
桐乃必死ワロタwwwwwwwwww

945 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[sage] 投稿日:2011/06/28(火) 17:54:43.87 ID:CjSueZ8DO
パスはきりりんの名前だったのか?
とにかく桐乃かわいいよ桐乃

951 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[sage] 投稿日:2011/06/28(火) 18:36:29.16 ID:p0QEl0kIO
桐乃の好感度高えw

952 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[sage] 投稿日:2011/06/28(火) 18:47:11.32 ID:yRr27yJ30
一度は-6まで下がってたはずなのに…

953 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[sage] 投稿日:2011/06/28(火) 18:59:25.41 ID:4FjVqR9Vo
とうとう高感度トップだった加奈子を追い抜いた・・・・だと・・・・・!?

959 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[sage] 投稿日:2011/06/28(火) 19:38:58.34 ID:mz8xBw/IO
桐乃爆釣りでワロタwwwwwwwwwwww
もうだめだこいつwwwwwwwwww



980 名前: ◆5yGS6snSLSFg[saga] 投稿日:2011/06/29(水) 16:41:01.61 ID:VI0bNXsQo
「気まずいなんてレベルじゃねえぞ」

親父たちが現役でないならまだしも、もし現役であってみろ。
“色々と聞こえてるくるからやるなら静かにお願いします”というメッセージと取られかねんぞ。
そもそもからして、食事中に渡す意義がわからねえ。

「まあ、いい。今回は割とすんなり誤魔化し方を思いついたからな」

ふっ、まあ見てろって。俺の危機回避能力をな。
例によって、勢いで誤魔化す方針なのは変わらないけどな。

早々にリカバリー方法を思いついた俺は、早速朝のコンビニへと走った。



「親父、お袋。渡しておきたいものがあるんだ」

家族そろっての朝飯時に、俺はそう切り出した。

「む……なんだ?」
「プレゼント? 京介にしては珍しいじゃない。でも、今日って何かの記念日とかだっけ?」
「記念日か。確かにそう言っても差し支えない」

正直ふざけ半分でないとやってられないが、そこをぐっと堪え、深刻な顔で語りだす。

「俺、ようやく気付いたんだ。だから、何も言わずこれを受け取ってくれ」

そう言って、近藤さんを差し出す俺。

「「「ぼふぉあ!」」」

味噌汁、お茶、米粒をそれぞれ吹きだす親父にお袋、そして桐乃。

「京介、貴様! 朝からなんの冗談だ!」
「冗談じゃねえ! こんな真似冗談でできるか!」

俺の、まっとう?な反論に。思わず「む……」と押し黙る親父。
桐乃は口をぽかんと開けて思考停止状態に陥っている。
そらそうだろう。兄貴が、何をとち狂ったのか、朝飯時、家族の前でいきなり近藤さんを取り出すんだもんな。
考えるのを放棄したくなるのもわかるよ。

「俺、やっと気づいたんだ」
「き、きき、気づいたって何を?」

なぜか異様に動揺するお袋。

「俺の妹は桐乃一人だってことに!」
「「……はあ?」」
「何を言っとるんだ、京介」

一転して、全員が同じようなリアクションを取る。
呆れたような、不可解なものを見たような……もっと端的に言うと、「暑さで頭でもやられたのか?」みたいな表情。

「……次の休み、クーラー買いに行くとするか。流石に、京介の部屋だけクーラーなしは可哀想だったな」
「ええ。そうしましょうか」
「うん、そうしてあげて」
「待ってくれ、俺は正気だ」

981 名前: ◆5yGS6snSLSFg[saga] 投稿日:2011/06/29(水) 16:41:30.05 ID:VI0bNXsQo
俺の言い訳タイムはまだ始まったばかりなんだぜ? 頭のネジが吹っ飛んだ判定を下すのは早計というもの。
最後までしっかり聞いてから判断してくれ。

「俺の妹は桐乃一人なんだよ」
「はあ? そんなの当たり前じゃん。お父さんに隠し子がいるわけないし」
「そうじゃねえ」

“俺の妹は桐乃一人”

これの意味はそうじゃねえんだ。

「俺の妹は桐乃以外に務まらない。俺は桐乃以外の妹は欲しくないって意味なんだよ!」
「!」

俺の言葉を聞いた瞬間、桐乃はまるで雷に打たれたかのように体をびくりとさせた。
しかし、一方の親父たちは急速に冷静さを取り戻し始めた。

「だから、親父たちにこれを渡すんだ! 親父たちが現役かどうかは知らんし、そんなことは関係ない!」

俺は、桐乃以外の妹なんて欲しくない。その決意の証としてこれを渡すんだ。

「俺は! 桐乃を! 妹として! 愛しているんだああああああ!!」

言った……言ってやったぞ!
一部の隙もない完璧な言い訳だ。

「あんたたち、いつの間にかすんごく仲良くなってたのね」
「京介。桐乃のことは頼んだぞ」

親父たちも、見ているこっちが微笑ましいくらいのほくほく顔だし、今回の危機回避っぷりは今まででも最高位に位置するんじゃないだろうか。
そして、当の桐乃本人はというと、

「あ、あんた……それ、本気なの?」
「当たり前だ。……最初に言ったろ? 冗談でこんなことできるか――って」
「うん……うん!」


夏休み、二十日目。朝パート 安価成功


名前:兄貴[] 投稿日:2011/08/10(水) xx:xx:xx.xx ID: xxxxxxxxx
俺の危機回避っぷりも板についてきた感があるな
まあ、俺にかかればこんなもんさ!

と、今まではここで調子に乗って「何でも来い!」と言って痛い目を見てきたわけだが今日は違う
昔の人は言いました。勝って兜の緒を締めよ


ふははは! 今の俺に不可能はない! 何でも来いやああ!
≫990



989 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[sage] 投稿日:2011/06/29(水) 16:47:44.06 ID:1TacEOtSo
桐乃の部屋に聞こえるように
そうだ桐乃は妹なんだ、妹なんだ、でも俺はあああああと
身悶える声を出す

990 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[sage] 投稿日:2011/06/29(水) 16:47:45.61 ID:xRBYE6TxP
妹に真正面からハグしてみる

991 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[sage] 投稿日:2011/06/29(水) 16:47:47.30 ID:IhB7yA2O0
パイタッチ

992 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[sage] 投稿日:2011/06/29(水) 16:47:49.25 ID:qNa2jNCDO
フェイトさんに夜道襲いかかる

996 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[sage] 投稿日:2011/06/29(水) 16:52:07.85 ID:khhe+6hDo
≫989-992がデッドヒートすぎるだろJK



7 名前: ◆ujI5ti/TD4Mo[saga] 投稿日:2011/06/29(水) 17:27:48.38 ID:VI0bNXsQo
「てっきり鬼畜安価が来るかと思ったぜ」

あれだけフラグびんびんだったのに。
珍しいこともあるもんだ。

……勘違いしないように言っておくが、鬼畜安価が欲しいわけじゃないぞ。



「お~い、桐乃。ちょっと用があるんだけど」

桐乃の部屋の前に立ち、ノックと同時に室内の桐乃にそう呼びかけた。

「なに? どうしたの?」

ほどなくして桐乃が部屋から顔を出す。
俺は桐乃の問いにはなにも答えず、そのまま桐乃を抱き寄せ、そして――

「桐乃! 桐乃! 桐乃! 桐乃ぉぉおおおわぁああああああああああああああああああああああん!!!
あぁああああ…ああ…あっあっー!あぁああああああ!!!桐乃桐乃桐乃ぉおおぁわぁああああ!!!
あぁクンカクンカ! クンカクンカ! スーハースーハー! スーハースーハー! いい匂いだなぁ…くんくん
んはぁっ! マイシスター・桐乃たんの綺麗な栗色の髪をクンカクンカしてるお! クンカクンカ! あぁあ!!
間違えた! モフモフもしないと! モフモフ! モフモフ! 髪髪モフモフ! カリカリモフモフ…きゅんきゅんきゅい!!
『ありがとう』って言ってきた桐乃たんかわいかったよぅ!! あぁぁああ…あああ…あっあぁああああ!!ふぁぁあああんんっ!!
アニメ2期はまだですか桐乃たん! あぁあああああ! かわいい! 桐乃たん!かわいい!あっああぁああ!
デレ分増大がマッハすぎて嬉し…いやぁああああああ!!! にゃああああああああん!! ぎゃああああああああ!!
ぐあああああああああああ!!! ブラコンじゃない桐乃なんて現実じゃない!!!! あ…デレない桐乃も暴力的な桐乃もよく考えたら…
兄 嫌 い の 桐 乃 ち ゃ ん は 現 実 じ ゃ な い? にゃあああああああああああああん!! うぁああああああああああ!!
そんなぁああああああ!! いやぁぁぁあああああああああ!! はぁああああああん!! 隣の部屋ぁああああ!!
この! ちきしょー! やめてやる!! シスコンなんかやめ…て…え!? 聞い…てる? 目の前の桐乃ちゃんがこれを聞いてる?
目の前の桐乃ちゃんがこれを聞いてるぞ! 桐乃ちゃんがこれを聞いてるぞ! 目の前の桐乃ちゃんがこれを聞いてるぞ!!
ブラコンの桐乃ちゃんが僕に抱かれてるぞ!!! よかった…世の中まだまだ捨てたモンじゃないんだねっ!
いやっほぉおおおおおおお!!! 僕には桐乃ちゃんがいる!! やったよ黒猫!! ひとりでできるもん!!!
あ、兄貴大好きの桐乃ちゃああああああああああああああん!! いやぁあああああああああああああああ!!!!
あっあんああっああんさ沙織様ぁあ!! ま、麻奈実!! あやせぇえええええ!!! ブリジットぉおおお!!
ううっうぅうう!! 俺の想いよ桐乃へ届け!! 俺の腕の中の桐乃へ届け!」



夏休み、二十日目。昼パート 安価成功

名前:兄貴[] 投稿日:2011/08/10(水) xx:xx:xx.xx ID: xxxxxxxxx
安価+αを実行したら妹が固まった
いったい何がいけなかったのか……


懲りずに次いってみようか
≫15



15 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[sage] 投稿日:2011/06/29(水) 17:34:28.08 ID:LfoPs/yYo
沙織に「また沙織の家に泊まってお前の背中を流したいけどいつがいいかな?」というメールを送る

桐乃とこの安価の下の安価で悪戯対象になっているキャラにも同じ文章のメールを送る

16 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[sage] 投稿日:2011/06/29(水) 17:34:29.05 ID:mLqYhkpTo
加奈子に結婚を前提に付き合ってくれないか頼む

21 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[sage] 投稿日:2011/06/29(水) 18:10:01.59 ID:BigSbsnAO
沙織、桐乃、加奈子にメールか…
吉と出るか凶と出るか



22 名前: ◆5yGS6snSLSFg[saga] 投稿日:2011/06/29(水) 18:44:58.48 ID:VI0bNXsQo
「なにこの微妙に鬼畜な安価」

桐乃と加奈子に送る必要性が全く見当たらないんだけど。
加奈子は沙織のこと知らないし、問題ないっちゃないけどな。

「問題は桐乃だよなあ……」

メール見た途端、怒り狂いそうだ。



『また沙織の家に泊まってお前の背中を流したいけどいつがいいかな?』

宛先に桐乃、沙織、加奈子のアドレスを入力し、送信ボタンに手をかける。
このボタンを押してしまえば、楽に……楽になれるんだ!

「ええい、ままよ!」

悩むこと20分。
俺は清水の舞台から飛び降りるような心境で、ついに送信ボタンを押した。

<ソンナーヤサシクシナイデ♪

バン! バタバタバタ! バン!

「ちょっと、あんたこれどういうこと!?」

送ってからまだ1分も経っていないというのに、鬼の形相で俺の部屋へと乗り込んでくる桐乃。

「ど、どうもこうも……そういう意味だ」

ここでとぼけるような真似はしない。
ネタが上がってるんだからとぼけるだけ無駄なのだ。
って言うか、ネタが上がってなくても俺は素直に白状していただろう。
今の桐乃は目が血走っていて、有無を言わさない迫力がある。
まるで親父そっくりだ。……こんなところまで似ないでくれ。

だが、ここからは俺のターンだ。
言い訳なら、既に考えてあるんだぜ!

「実はな……俺、巨乳好きなんだ」
「は? いきなり何を……」
「俺、前に沙織に飛びついたことがあったろ?」

秋葉の駅で、「おまえの胸が一番好きだ」と叫んで沙織に飛びかかったあれだ。

「それがなんなの!? っていうか、今思い出した! 余計今回の件に関して追及しなきゃいけなくなったんだけど!?」
「いいか、一度しか言わねえからよく聞けよ! 俺は! 巨乳な桐乃が見たいんだよ!」
「うえぇ!? な、何言ってんの!?」
「桐乃だって小さくはないが、サイズ的には沙織のがベストだ! 俺の好みど真ん中なんだよ! だがなあ、俺が見たいのは沙織の胸じゃない! 桐乃、おまえの胸が見たいんだ! だけど、兄妹でそんなこと頼めるわけがない! だから俺は沙織に頼んだんだ! あ、別に直接見たわけじゃないぞ。水着着てたし。……沙織にとっては失礼な話さ! だけど、あいつは笑って許してくれた! 俺が妹に手を出してしまわないように! 俺が道を踏み外してしまわないように!」

ここまで、一息で言い終えた俺は、息も絶え絶え、ハアハアと肩で息をしている。
もはや、支離滅裂で何が言いたいかも定まらない。

「……要はなあ! 俺は巨乳なおまえが見たいんだ! わかったかああああ!」
「…………だ、だって……まだ中学生だもん」

桐乃は真っすぐ下を向き、なにやらぶつぶつと呟いている。

「兄貴のばかあああ!」
「あっ! ま、待つんだ桐乃!」

桐乃はそのまま部屋を飛び出すと、自分の部屋ではなく、1階へと降りて行った。

「桐乃…………ん?」

気が付くと、携帯に2件のメールの着信があった。
携帯を操作し、メールを開く。一つ目のメールの差出人は加奈子だった。

『おい、沙織って誰だよ。女か? 加奈子よりかわいいなんてありえねーとは思うけど、沙織って誰だよ。ていうか背中流したってどういうことだ、コラ? ていうか沙織って――』

「……沙織の正体について食いつきすぎだろ」

いったい何がそんなに気になるのか……。
もう一つのメールを開くと、それは沙織からの返信だった。

『拙者はいつでも構わないでござる。むふふ、どうやら京介氏も拙者の身体の虜になってしまったようでござるな』

「……ああ、こいつはそんな奴だったよな」

23 名前: ◆5yGS6snSLSFg[saga] 投稿日:2011/06/29(水) 18:45:25.41 ID:VI0bNXsQo


翌日。

「京介、ちょっと買い物行ってきて」
「えぇ、俺が行くの?」
「カリビア――」
「行ってきます! ……で、何買って来ればいいんだ?」
「牛乳。この間買っといたはずなのに、もうなくなってるのよ」

そんなわけねえだろ。……お袋のことだから、この間っつってもどうせ1週間前とかなんだろうな。


夏休み、二十日目。夕方パート 安価成功



夏休み二十日目終了。

本日の好感度変動

桐乃  朝 +1
    昼 +0.5
    夕 +0.5(嫉妬補正)
   ―――――――――
    計 +2

沙織 +1
加奈子 ±0
佳乃 +2



夏休み二十日目終了時の好感度

桐乃 +9  ※嫉妬心を自覚。今後のやりようによっては……?
麻奈実 +6
黒猫 +1  ※覚醒済み
沙織 +5
あやせ +1 
加奈子 +6
ブリジット +4
日向 +3  ※眼鏡をかけるようになっている
珠希 +2
瀬菜 +5
フェイト +2
佳乃 +1
赤城 +2

大介 ※殺意の波動の気配がする「仏の顔も3度まで」残り…1回
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。