福引:11スレ目286


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

286 名前: ◆Neko./AmS6[sage saga] 投稿日:2011/07/09(土) 15:54:56.56 ID:squ5sHMro [2/9]

暗黒の結界に囚われし罪深き高校生、高坂京介――。
俺の置かれた情況を的確に言い表すなら、まさに打って付けかもしれない。
どう足掻いたところで、この結界から抜け出すことは不可能な気がしてならん。

何しろ、鬼門の位置(俺の隣り)に座っているあやせが、俺にはマジで怖ぇ。
あやせが放つ妖気に恐れをなしたか、さもなくば、俺たちの他には誰も存在しないのか、
暗闇で目を凝らし、周囲を見回しても人影はどこにも見当たらない。

あやせは、膝の上で手を握り締め、冷酷な眼差しで正面を見据えたままだ。
『お兄さんを生かすも殺すも、わたし次第ですから』と、無言で語っているかのよう。

「な、なぁ……あやせ…………さん?」

「お聞きしたところによると、彼女に振られたそうじゃないですか」

あやせも場所柄をわきまえてか、感情を抑えた小さな声で呟いた。
かと言って、俺のことなんか一切見向きもしねえけどな。
『わたし、今とっても不機嫌なんです』と、顔に書いてあるようだ。
仕方なく俺もあやせに倣って、小さな声でボソボソと囁くように答えた。

「……桐乃か、麻奈実にでも聞いたのか?」

「そんなこと、どっちでもいいじゃないですか。
 大体、自分から振ったならまだしも、女から振られるなんて……。
 本当に情けない人………………大っ嫌いっ!
 お兄さんに、こ、こ、恋人なんて……死ぬまで出来るわけがないんです」

酷い言い草だが、一部は事実なんだからしょうがない。
傍から見れば、バカップルが、愛の言葉を囁き合ってるように見えるかもな。
しかし、現実は厳しいもんさ。

「俺だって、いまさら言い訳するつもりなんて毛頭ねえけどさぁ、
 あいつには、あいつなりの事情があったんだと、そう思うしかねぇだろうが」

「結局、言い訳ですか? お兄さんらしいですよね。
 お兄さんはわたしに、いつもそうやって言い訳ばっかりなんだから。
 ……振られたことを相手のせいにするくらいなら、早く死んじゃってください」

287 名前: ◆Neko./AmS6[sage saga] 投稿日:2011/07/09(土) 15:55:39.81 ID:squ5sHMro [3/9]

俺が反論しないのを好い事に、死ぬまで恋人は出来ねえだの早く死んじゃえだの、
ここぞとばかりに言いたい放題のことを言いやがる。

「なぁあやせ、俺が悪いのは重々承知しちゃいるけど、何もそこまで――」

「お兄さん、静かにしてもらえませんか。もう、始まりますから」

氷のごとく冷たいあやせの言葉に制され、俺も渋々正面に向き直った。


――その昔、森に囲まれ、風雨に晒され朽ち果てた一軒の屋敷があった。
人の影すら見えず、いつしか近隣の人々の記憶からも消え去ろうとしていた。
しかし、ある満月の夜のこと、屋敷の裏庭にある古井戸から――

「なぁ、この映画ってさぁ――」

「しばらくの間、黙ってていただけませんか」

この首を傾げたくなるようなしょうもない映画は、
『井戸の中で愛を叫ぶ』という、人を馬鹿にしたような超B級ホラー。
かなり昔に一世を風靡した、某人気映画のパクリじゃねえか。
俺たちの他に観客が見当たらないのも、これなら頷けるってもんだ。

そう思うと可笑しなもので、ふと、別の思いも浮かんできた。
もしや、今俺は夢を見ていて、これは夢の中の出来事なんじゃねえかと。
であれば、あの夏の日の一件以来、一度も顔を合わせていなかったあやせと、
こうして一緒に映画を観ていたとしても何の不思議もねえ。

「いいですかお兄さん。ここは重要なシーンなので、ちゃんと観ていてくださいね」

「そうなんすか。……ていうか、何でこの映画のストーリー知ってんだよ?」

ハンカチを握り締めたあやせは、スクリーンを食い入るように見つめていた。
夢じゃないことくらい百も承知だよ、夢だったら、こんなにリアルなわけがねえもん。

「わたし、この映画が大好きで……DVDも持ってますから」

「DVD……ね。…………この映画のかよっ!?」

288 名前: ◆Neko./AmS6[sage saga] 投稿日:2011/07/09(土) 15:56:25.33 ID:squ5sHMro [4/9]

あやせが大のホラー映画好きだったとは、俺は、今まで思いもしなかった。
しかし、コイツの性格や行動を思い起こせば、分からんわけでもない。
いつだったか、あやせに蹴っ飛ばされて俺が鼻血を出したときも、平然としていたし。

「――で、この後はどうなんの?」

「ここから、少しだけ残酷で怖いシーンが続くんです。
 家で一人で観ているときは、いつもここだけ早送りするんですけど……
 お兄さんも怖かっ――」

あやせは目を瞑ったかと思うと、いきなり俺の腕にしがみ付いてきた。
もし、俺とあやせが恋人同士なら、この手の反応はお約束なんだろうが……。

「な、なぁあやせ……」

「うわっ、ごめんなさい……うっかりして、お兄さんなんかに触っちゃった。
 後でよく手を洗っておかないと、変態菌に感染しちゃう」

一人でホラー映画を観ているあやせの方が、よっぽど怖ぇえじゃねえか。
この悪魔は、俺の心をへし折るような台詞を平然と吐きやがる。
しかし、俺の腕からパッと手を離したあやせは、自分の頭をポンと軽く叩き、
可笑しそうに笑っておどけて見せた。

「お兄さん、ここからが、この映画の最大の見せ場なんですよ。
 古井戸の中から出て来た貞子が、かつての恋人に向かって愛を叫ぶんです」

誰がどんな映画を好きになろうと、俺がとやかく言う筋合いのもんでもない。
しかし、少なくともこの映画に関して言わせてもらえるなら、
俺には貞子が愛を叫ぶっつーより、恨みを言ってるようにしか見えんのだわ。

「わたし、このシーンが何度見ても好きなんです。
 貞子はたとえ命を失っても、かつて自分が愛した恋人のことが忘れられずに、
 ああして夜になると古井戸から出て来るんですから」

「俺の勘違いだったら申し訳ねえけど……貞子が死んだ原因って、
 その恋人に新しい彼女が出来たんで、それで邪魔になって殺されたんだろ?」

「……お兄さん、それを言ってしまったら、身も蓋もないじゃありませんか」

289 名前: ◆Neko./AmS6[sage saga] 投稿日:2011/07/09(土) 15:57:01.13 ID:squ5sHMro [5/9]

どうして俺が、このしょうもない映画を観る羽目になったのか。
運命の悪戯と言うほど高尚なもんでもなく、ぶっちゃけ、只の偶然に過ぎん。
昼飯を済ませ、腹ごなしに散歩へ出掛けようとしたときのこと、
福引の抽選券があるからついでにと、お袋が言ったのがそもそもの始まりだ。

商店街の一角に設けられた抽選会場は、日曜日のせいか、かなりの人出で賑わっていた。
待つこと数分、ようやく順番が回ってきたのに、あっけなくどれもハズレだった。
両手一杯にティッシュを抱え、さてこれからどこへ行こうかと振り返ると、
そこにあやせが立っていたってわけさ。

「げっ! あっ、あやせ!?」

「お久しぶりですね、お兄さん。……まだ、生きていらしたんですね」

俺の両手一杯のティッシュに目を留めると、あやせは顔をしかめた。

「いやらしいっ! こんな街中で、何を考えているんですかっ」

「何って、福引やってる前でティッシュ持ってりゃ、
 あやせのように頭のおかしなヤツ以外、普通ハズレの景品だって思うんじゃねーの?」

「ふんっ、お兄さんには、ハズレのティッシュがよくお似合いですことっ」

これがあやせでなければ、一発ぶん殴ってやるところなんだが……。

「あやせも、福引やりに来たんだろ? 手に持ってるそれって、何か当たったのか?」

あやせは、手に持った景品らしき封筒を握り締め、俺の顔をジッと見つめた。
無表情だから、怒っているのかそうじゃねえのか見当もつかん。
触らぬあやせに祟りなしってことで、俺は苦笑いを浮かべながら頭をボリボリ掻くと、
あやせをその場に残し退散しようとした。

すると、あやせは俺のシャツの裾を掴んだかと思うと、力任せに俺を引っ張り始めた。
どうやら、俺をどこかへ連れて行こうとしているらしい。

「なっ、あやせ、どこへ連れて行くつもりなんだよ!?」

で、引っ張り込まれたのが、この映画館だったというわけ。
福引で当てた景品が、この映画館でのみ使える期間限定のペアチケットだったとは、
このときになって初めて知った。

290 名前: ◆Neko./AmS6[sage saga] 投稿日:2011/07/09(土) 15:57:36.96 ID:squ5sHMro [6/9]

暇潰しにもならないこの映画も、時間的に佳境に差し掛かっている頃だろう。
相も変わらずあやせは、真剣な表情でスクリーンに見入っているし、
俺はといえば、その仄かな光に照らされた、彼女の可憐で端正な顔立ちに見入っていた。
どこか映画のワンシーンにも似て、愁いを帯びて物悲しくさえ見える。

あやせが無理やり俺をここへ連れて来た真意は、今もってよく分からねえ。
しかし、俺は、このとき素直に自分の負けを認めることにした。

「なぁ、あやせ…………すまなかったな」

あやせはスクリーンから目を離すことなく、静かに口を開いた。

「どうして……わたしに、謝ったりするんですか?」

「何でだか、俺にも分かんねえけど…………何となく、かな」

なぜ俺があやせに謝んなきゃいけねえのか、俺自身にしてもよく分からん。
だが、とにかくこの場は謝っておけと、頭の片隅で声がするんだから仕方がねえ。

「そうですか。……それなら、わたしも、お兄さんのことは赦してあげます。
 もちろん、何となくですけど」

あやせの口元から笑みがこぼれたそのとき、貞子のかつての恋人が恐怖に顔を歪め、
断末魔の叫び声を残し、古井戸の中へと引きずり込まれていくラストシーンが映っていた。

「なぁ、貞子の元カレって、誰かに似てるような気がすんだけど……」

「わたしも前から思っていましたけど、お兄さんに、どことなく似ていると思いますよ」

「……やっぱそうか。俺もそうじゃねえかな、とは思ったんだ……」

古井戸を背景にスタッフロールがゆっくりと流れ始めても、
俺は貞子に呪い殺された、どことなく俺に似た、先程の男が気になって仕方がなかった。

「さっきの男のことなんだけど……井戸の中に引きずり込まれても、幸せなのか?」

「男の人はどうだかわかりませんけど、貞子はきっと幸せだと思いますよ。
 井戸の中とはいえ、好きな人とずっと一緒にいられるんですから」

あやせに訊いたのが、そもそもの間違いだった。

291 名前: ◆Neko./AmS6[sage saga] 投稿日:2011/07/09(土) 15:58:18.00 ID:squ5sHMro [7/9]

脱力感と共に映画館を出た俺は、時計を確認してからあやせに声を掛けた。

「これからどうする? 帰るっていうなら、家まで送って行くけど」

「帰るにはまだ少し早いですし、ちょっとだけ寄り道したい所があるんですが、
 一緒に行っていただいても構いませんか?」

「別に俺は構わんけど、寄り道したい所って?」

「付いて来ていただければわかります。それ程、遠い所でもありませんから」

あやせはそれだけ言うと、俺に背を向けて黙って歩き始めた。
しばらく歩く内に、あやせがどこへ向かっているのか、俺にも見当がついてきた。

「なぁ、もしかしたら……」

「ごめんなさい。……もう少しだけ、何も訊かないで付いて来てください」

思ったとおり、あやせは、中学校近くにある児童公園の前まで来ると足を止めた。
あやせからメールで呼び出されるたび、俺は、この公園へと足を運んだものだ。
俺にとって、いや、あやせにとっても想い出の場所に他ならない。

「少しだけ、お兄さんと、お話がしたかったんです。……構いませんか?」

「……そっか、映画を観てそれっきりじゃ、如何にも味気ねえもんな。
 まぁ立ち話もなんだし、あやせさえよければ、いつものベンチにでも座って話すか。
 俺、何か飲むモン買って来てやっから、先に座って待っててくれ、な」

近くの自販機で二人分の飲物を買うと、急いで公園へ引き返した。

「あやせは、たしかレモンティーで良かったんだよな」

「……もしかして、覚えていてくれたんですか?」

「何となくな」

俺が手渡してやると、あやせは手に持ったレモンティーの缶をしばらく見つめ、
おもむろに、誰に聞かせるともなく小さな声で呟いた。

292 名前: ◆Neko./AmS6[sage saga] 投稿日:2011/07/09(土) 15:58:56.63 ID:squ5sHMro [8/9]

「……また、この場所から始めようと思います」

どういう意味かは分からんが、呪いの呪文じゃないことだけは確かなようだ。

「なぁあやせ、どっか、調子でも悪いんじゃねえのか?」

俺を振り向くあやせの顔には、いつの間にか笑顔が戻っていた。

「そんなことはないですよ。大好きな映画も見られたし、気分は上々です」

「ま、まぁ……あやせがそう言うなら、いいんだけどさぁ」

あやせの溢れるような笑顔と、一点の曇りもない澄んだ瞳。
どことなく懐かしく、心の底から湧いてくる幸福感が、俺の胸を締めつけた。

「この前は、酷い態度を取ってしまって、本当にすみませんでした。
 あの……お兄さんに、こ、恋人が出来たとお聞きして、わたしも驚いたというか……」

あやせは“恋人”という言葉を口にした途端、顔を赤らめ、俺から視線を逸らした。

「俺も、別に隠すつもりはなかったんだけど……まぁ、いまさら言ってもな」

「お兄さんに恋人なんて、まだ、少し早過ぎたんですよ。
 わたしだって、過ぎたことをいつまでも責めるつもりはありません。
 これに懲りたら、むやみやたらと、他の女の子には手を出さないことです。
 今回の件は犬に噛まれたとでも思って、一日も早く忘れてください」

一方的に喋ったかと思えば、勝手に結論づける。これも、あやせの性分なんだろう。
言いたい放題言ってすっきりしたのか、澄ました顔で笑ってやがる。
俺に恋人は早過ぎたとか犬に噛まれたとか、何もそこまで言わんでも、とは思うけどな。
それに、あいつは犬じゃなくて、元から黒猫なんだし……。

「でも、お兄さんも今年の夏は、いつもより楽しかったんじゃないんですか?
 短い間かもしれませんけど、生まれて初めて、恋人気分を味わったんでしょうから。
 あっ、でも、元の木阿弥になってしまって、お兄さん的には残念だったのかなぁ」

「久しぶりに顔を合わせたかと思えば、その棘だらけの物言い……
 あやせって、ほんっと変わってねーな。腹が立つより、懐かしくて涙が出るぜ」

293 名前: ◆Neko./AmS6[sage saga] 投稿日:2011/07/09(土) 15:59:39.53 ID:squ5sHMro [9/9]

あの夏の出来事から三ヶ月、すべてが元に戻ってしまったわけでもない。
いつしか俺と桐乃は、適当な口実を探しては、お互いに人生相談と称して話を持ちかけた。
俺は桐乃との、そんな取り留めの無い話をしている時間が楽しかったし、
多分、桐乃も同じように感じてくれているはずだ。
お袋はそんな俺たちを見るにつけ、時々、不思議そうな顔をしているがな。

その反面、黒猫との関係は……。

「あっ、わたしまだ、お兄さんにお礼を言ってなかったですね。
 ……今日は、映画に誘っていただいて、本当にありがとうございました」

「俺が誘ったんじゃなくて、あやせが無理やり俺を連れてったんだろうが」

「そんな細かいことをいつまでも言ってると、わたし、本当に嫌いになっちゃいますよ。
 映画とかデートとかは、お兄さんから誘うのが決まりなんですから」

あやせの頭がおかしいところは、この先、百年たっても変わらんだろうな。
俺があやせにデートを申し込んだところで、絶対断るくせして。

「わたし、きょうの映画を観て気付いたんですが、恋愛も映画と同じだと思うんです」

「恋愛が、映画と同じ……とは?」

「本当に好きなら……もう一度、初めから巻き戻せばいいんです」


(完)
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。