桐乃「え!?あやせと付き合うことになったぁぁぁ!?」:624


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

624 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/07/21(木) 02:02:59.34 ID:KXdZxzyh0
桐乃「……なにかあったの? あんた」

京介「は? いや、別に」

桐乃「別にって……泣いてんじゃん」

京介「別になんでもねぇよ(俺……泣いてんのか?)」

桐乃「っ……イライラするなー、言えって言ってんでしょ!」

京介「な、なんでもねぇって(言えるわけ……ねぇだろ、あんなこと)」

桐乃「……あやせじゃないから?」

京介「は?」

桐乃「あやせじゃないから……彼女じゃないから相談出来ない?」

629 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/07/21(木) 02:09:32.60 ID:KXdZxzyh0
京介「そ、そういうわけじゃ……つか、悩みなんて――」

桐乃「泣いてたじゃんっ」

京介「そ、それは……」

桐乃「確かにあたしはあんたの彼女じゃないケド……妹なんだよ?」

京介「……」

桐乃「相談くらい……乗らせてくれたっていいじゃん!」

京介「……っ」

京介「すまん……これは言えないんだ」

桐乃「……う」ジワッ

京介「っ(俺は……なにしてんだよ、桐乃を泣かせて)」

634 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/07/21(木) 02:20:55.99 ID:KXdZxzyh0
桐乃「あ、あっそ、勝手にすれば? 彼女と仲良くね!」

京介「あ、待て! 桐乃!」

桐乃「なに? まだなんか用でもあるわけ? あたしは無いんだケド、相談もしてくれない奴なんかに」

京介「っ……あやせとはもう絶交したんだよな?」

桐乃「……」

京介「どうなんだ?」

桐乃「うっさいっ、あんたに関係ないでしょ」

京介「仲直り……してないんだな」

桐乃「……」

京介「(そうだなよな、あんなことがあって……なら、このまま、仲直りせず、疎遠になってくれたらいい)」

桐乃「……した」

京介「は?」

桐乃「仲直りしたって言ってんの!」

京介「え? はぁ!?」

638 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/07/21(木) 02:29:25.08 ID:KXdZxzyh0
桐乃「もう、べつにあんたが気にすることなんて無いから……安心しなよ」

京介「ど、どういうことだよ!(あいつ、桐乃と縁を切りたかったんじゃないのか!?)」

桐乃「……べつに、普通に仲直りしただけ」

京介「いつ!? さっきか!(あいつ! まだ桐乃を苦しめる気か!)」

桐乃「あんたと話した後……電話で」

京介「(話した後って、あの告白の後だよな? でも、今日、あやせは絶交したまんまだって……いや、嘘か?)」

桐乃「……絶交した時は頭に血が上ってたケド、あやせはいい子であたしにとって、大切な子だから」

京介「……」

桐乃「今更、こんなこと言うのも都合いいかもって感じだケド」

639 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/07/21(木) 02:39:22.85 ID:KXdZxzyh0
桐乃「すごく……辛かったケド、あんたとあやせにはしあわせになって欲しいし」

桐乃「だから、電話して……謝った。あやせはすぐ許してくれて」

京介「(あやせは……なにを考えてるんだ? 桐乃と絶交したかったんじゃないのか?)」

桐乃「だから、あやせのこと……泣かせたら許さないから」

京介「待て桐乃っ、お前は騙されてる!」

桐乃「はぁ?」

京介「あやせはお前のこと嫌ってて――

 説明中

京介「ってわけなんだ」

桐乃「……」

643 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/07/21(木) 02:43:16.67 ID:KXdZxzyh0
京介「いや、ショックなのはわかる……俺もショックだった」

桐乃「あんた、そのまま、あやせを帰らせたの?」

京介「え? ああ」

桐乃「馬鹿じゃないの! あんた!」

京介「え? ば、馬鹿って」

桐乃「あんた、あやせの恋人の癖になにやってんの!」ゲジッ

京介「痛っ! い、いや、あのな、さっきも言ったがあやせは――」

桐乃「あんた、自分の恋人も信じられないの!? そんなの全部嘘に決まってんじゃん!」

京介「嘘?」

649 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/07/21(木) 02:52:12.61 ID:KXdZxzyh0
あやせ「……これで、いいんだよね」

あやせ「……」

 ――前日の夜

あやせ「ん? 電話?」

あやせ「き、桐乃!?」

あやせ「は、はやく出ないと!」ピッ

あやせ「は、はい、もしもしっ」

桐乃『……』

あやせ「き、桐乃?」

桐乃『……ごめん』

あやせ「え?」

桐乃『ごめん、あたし、身勝手だった……』

あやせ「き、桐乃?」

650 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/07/21(木) 02:58:58.49 ID:KXdZxzyh0
桐乃『あたし、自分のことばっかりで……新垣さんや――』

あやせ「……っ」

桐乃『兄貴のこと、全然考えてなかった』

あやせ「……桐乃」

桐乃『最低だよね……あたし』

あやせ「そ、そんなことないよ……桐乃はなんでも出来て、優しくて、わたしの親……いい人だし」

桐乃『……兄貴と話してきた』

あやせ「お、お兄さんと?」

桐乃『……うん、兄貴はあやせのこと好きだよ』

あやせ「……」

桐乃『あいつならきっとあんたを大切にしてくれる』

あやせ「……桐乃」

桐乃『だから、だからね……兄貴と幸せになって?』

651 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/07/21(木) 03:05:16.36 ID:KXdZxzyh0
あやせ「桐乃っ」

桐乃『それが妹のあたしからの兄貴と付き合う条件』

あやせ「でも……」

桐乃『あと、もうひとつ、これは条件じゃなくて……お願い』

あやせ「お願い……?」

桐乃『さっきからずっと身勝手なことばっかり言ってるケド、これが最後の身勝手だから』

あやせ「……」

桐乃『もう一度……あやせって呼んでいい?』

655 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/07/21(木) 03:19:24.08 ID:KXdZxzyh0
 翌日

あやせ「(わたしは桐乃を悲しませたくて、こんなことをしたんじゃない)」

あやせ「(……桐乃の幸せは、お兄さんと結ばれることなんだよね)」

あやせ「(嘘は……大嫌いなのに)」

京介「あやせー」

あやせ「(きた)」

京介「待ったか? すまん」

あやせ「いえ、全然、待ってませんよ」

 ――

あやせ「あっ!」

京介「どうした?」

あやせ「学校にプリント忘れちゃったみたいです……」

あやせ「(一旦、お兄さんを引き離そう)」

658 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/07/21(木) 03:27:15.27 ID:KXdZxzyh0
 ――

あやせ「やっと、行ってくれた……後は、メールして呼びだして」

あやせ「わたしが……仕組んだことだって」

あやせ「え!? お、お兄さん!(これじゃあ、計画が……)」

あやせ「(木陰にかくれた……これなら、計画通り行ける……?)」

あやせ「ぷっ」

 ――

あやせ「お兄さんに……嫌われただろうな」

あやせ「そりゃあ、そうだよね……あんなこと言って、嫌われないはず……無いよね」グスッ

あやせ「もっと、うまくできなかったのかなぁ……わたし」

あやせ「お兄さんへの気持ち……本当だったのに」

666 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/07/21(木) 04:00:11.92 ID:KXdZxzyh0
あやせ「電話……桐乃からだ」

あやせ「お兄さんから聞いてるだろうな……桐乃からも嫌われるのかな」

あやせ「はい」

桐乃『あやせ!? あんた、今、どこ!?」

あやせ「公園かな」

桐乃『そこ動かないで!』

あやせ「きり――」

あやせ「切られた」

 ――

桐乃「あやせー!」

あやせ「桐乃」

京介「あやせ!」

あやせ「お、お兄さん!?」

669 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/07/21(木) 04:09:11.34 ID:KXdZxzyh0
京介「す、すまん! あやせ! 俺、なんにも知らなくて!」

あやせ「な、なに言ってるんですか? わたしは、もうお兄さんとは」

桐乃「……あやせ」

あやせ「桐乃……ど、どうせ、お兄さんから聞いてるんでしょ?」

桐乃「……うん、聞いた」

あやせ「そ、そう……そうだよ? わたしはずっと桐乃のこと大嫌いだった」

あやせ「勉強も運動もなんでも出来て、いつも自信満々で、素直になれなくて……そんな桐乃が嫌――」パンッ

桐乃「あたし言ったよね? 兄貴と幸せになってて」

あやせ「な、なに言ってるの桐乃!? お兄さんから聞いたんでしょ!?」

671 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/07/21(木) 04:16:46.55 ID:KXdZxzyh0
桐乃「聞いた」

あやせ「なら!」

桐乃「そんなの嘘だってわかるに決まってんでしょ?」

あやせ「……嘘なんかじゃ」

桐乃「もう、いいんだよ、あやせ……嘘つかなくても」

あやせ「……っ」

京介「あやせ……すまん、俺、気付いてやれなくて」

あやせ「なんで……なんでお兄さん連れてくるの!? 桐乃!」

桐乃「……」

あやせ「あのまま、騙されてれば、お兄さんとうまくいったかもしれないのに!」

桐乃「うまくいかないよ……」

あやせ「……なんで? わからないじゃない!」

桐乃「だって、こいつ、あんたにベタ惚れだもん」

京介「……」

675 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/07/21(木) 04:24:32.86 ID:KXdZxzyh0
桐乃「あんたに振られて、こいつ、玄関でめそめそ泣いててさ……ちょっと笑える」

あやせ「え……」

京介「き、桐乃」

桐乃「だから、あたしじゃ駄目なんだよ、ね? 兄貴」

京介「……ああ、俺はあやせが好きだ」

桐乃「悔しいけど……こんな感じだし」

あやせ「そ、そんなの!」

桐乃「こいつの幸せはあんたと恋人になることなんだよ、あやせ」

桐乃「あたしも兄貴の幸せを望んでる」

あやせ「……桐乃」

676 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/07/21(木) 04:25:36.66 ID:KXdZxzyh0
京介「あやせ……俺はお前のことが好きだ」

京介「いや、大好きだあああああああああ!」

あやせ「っ」

京介「だから……俺と付き合ってくれ」

あやせ「……ぁ」

桐乃「ほら、あやせ」

あやせ「……は、はい、お願いします」
                                  お わ り
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。